ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
インドでパンチャカルマ体験/1週目
今日からパンチャカルマが開始しました!
サンスクリット語のこの名前、パンチャカルマはショーダナチキッツァとも言います。
これは汚染されたドーシャを根こそぎ除去する治療で病気の再発も完全に防ぐ事も出来ます。

最初にプールヴァカルマといって前処置が行われます。
始めの約5日〜1週間は、油剤法の一つ、スネハパナという油剤内服で薬用油を体の内側から吸収させます。 最初の大事な行程でもあるのです。
体内に油質を入れる事はヴァータ疾患の人には特に大事な治療の一つです。
この長期間にわたり油を内側から吸収させる事で、体に柔軟性が出てきます。
使用される内服薬の中にはタイラ(セサミオイルベース)、ギー(精製したバターベース)等があります。
Dr.は私に薬用ギーを渡してくれました。
去年のパンチャカルマの時もギーでした。
ググルティクタカグリタム....サンスクリット語ってどの言葉も長くて覚えるのが大変。


なんだか色々と薬用ギーの効能が有るみたいです。

身体の柔軟性、光沢、免疫力、消化力強化、感覚器官の正常化、長寿、視覚力の向上、体力増進、滋養、精力向上、怪我の回復力向上、知能力、ヴァータとピッタ憎悪の原因の疾患、声帯を良くする 等.......

さてさて
ギーを飲む時間は早朝の6時から7時の間が適しているそうで、
最近寝不足な私は朝早く起きるのが辛かったです。
やっとこさ、6時半に起きて
すぐ台所でお湯を沸かし、湯煎でこのギーを暖め、溶けたギーを20ml程一気に飲み干します。匂いが何とも言えない臭みがあり、鼻をしっかりつまんで味覚を味わうことも避ける様に飲むのです。(若返るために頑張るゾーー!!)一気飲みにチャレンジ
そしてすぐに熱めのお湯で、口の中から食道から胃にかけて、溶かし流す様に沢山飲みます。
この時点でかなり胃の中は重たい気分で、しかも しばらく何もしたくもない状態になるので、ベッドに横になりながら本等読んで過ごします。
そこでしばらくすると、ギーの消化が始まるので、眠たくなってしまい、そこで眠らない様にするのがベストなんです。が、、、
寝入ってしまうと、消化が停まってしまい、アーマが増えたり、アグニ(消化の火)のバランスが悪くなります。治療中、消化には一番気をつけなくてはいけないのですが、私は初日からギー内服後に、眠ってしまいました。アー。。。失敗
読んでいるうちに寝てしまいました。

これまた 半日、胃がもたれた感じで、なかなかお腹がすかないのです。
やっとそろそろ食べれそうかなと思ったら、時間を見ると午後2時を過ぎていました。
ギー服用中は毎日、何が何でもお粥、雑炊のメニューです。
消化を良くするためにはこれがベストだそうで、ケララのお粥は「カンニ」といいます。
消化を良くするクミン、マスタードシード、ターメリック等のスパイスは入れても良いので、毎日バラエティーに味を変えようと思います。その他 タイ風、醤油味、みそ味、わかめ雑炊等、細かくしたお野菜やグリーンダル(緑豆)もOKだそうです。
でもベジ食のみでお肉やお魚は避ける様にとの事。

今日はケララカレー風お雑炊です。

約1週間、家でのんびり お粥、雑炊のレシピを考えたり、読書したり、サンセットの時間はビーチで散歩したり、 ゆったり過ごしま〜〜す。



 バーナー
どちらかをクリックしてね!



| アーユルヴェーダ パンチャカルマ | 16:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
インドでパンチャカルマ治療
 若返りたい!病気になりたくない!疲労回復、健康維持を願うなら、アーユルヴェーダのパンチャカルマ治療です。
パンチャカルマとは
5つの浄化治療という意味で、それは....

1下剤を使って消化器官を浄化する方法(ヴィレチャナ)
2嘔吐法=消化器系の浄化(ヴァマナ)
3径鼻法=鼻、頭部分の浄化(ナスヤ)
4薬による浣腸=消化器系の浄化(ヴァマナ)
5瀉決法=血液の浄化(ラクタモクシャ)


生まれ持った固有のドーシャ(体質、生命エネルギー)を人は皆3つ(ヴァータ/ピッタ/カーフャ)持っております。そのドーシャは人それぞれ3つの配分率が違います。例えば、およそヴァータが50%ピッタが30%、カーフャが20%のドーシャと診断された場合、その人はヴァータピッタのドーシャ体質と言われます。
その人の優勢のドーシャが一番アンバランス状態となった場合、過剰なドーシャという表現があります。その他 例えば、ヴァータの優勢なドーシャが憎悪する(上がる)と言う表現もあります。

その生まれ持ったバランス状態を日頃から自分に気を配っていないと、生活習慣や食べ物、汚染環境等から 長年にわたり体の色んな部分に毒素が蓄まっていくのです。
それ(アーマ)が蓄積すると独自のドーシャバランスを失います。

インドのパンチャカルマはアユールベーダの医師の元に精密に診断されて、過剰なドーシャを取り除くために治療をスタートさせます。治療の途中でも症状の現れに寄って薬の変更や治療方法を変える事もあります。

過剰なドーシャを取り除く事はそれに付いたアーマ(毒素)も排泄の経路(尿道、腸、汗腺など)を通って除去されます。

毎日、体の消化の火(アグニ)に気を使いながら、消化のとても良い物を食べ 体にアーマを増やさない様にしつつ、オイル塗布治療、オイルバス、スチームバス等で汗腺、毛穴からもアーマを除去し血液循環等も良くするので、とても気持ちの良いリラックス状態で治療を受けられます。

私が去年初めて病院でパンチャカルマを受けた時は、とても快適で爽快な気分になったので、今年も是非受けようと思っています!
毎年1回受けるのが健康維持に良いそうです。
そして若返り維持にも効果大です

明日からパンチャカルマがスタート
私の優勢なドーシャはピッタ、ヴァータです。
ドクターは私のピッタは50%位ヴァータ30%位と言っていました。
最初はスネハパナと言って、薬用オイルを1週間、毎早朝飲み続けるんです。私のオイルは薬用ギーでした。ティクタカグリタ と言うちょっと匂いに癖のあるギーを2瓶渡されました。あーこれを飲むの。。。ドキドキです。体をギーで満たして柔軟な体内に仕上げてから色々なオイルマッサージ等が始まります。

パンチャカルマ日記もこれからどんな事になるか楽しみです〜

ではでは
近況報告お楽しみに!







 バーナー
どちらかにクリックしてね♥

健康下着、癒しのふんどしはヨガウェア セレクトショップ,yoga, ヨガファッション,麻, ヘンプ
| アーユルヴェーダ パンチャカルマ | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
パンチャカルマ体験3 インドで一ヶ月間のアーユルヴェーダ治療
 やっっと、全てのトリートメントが終わったよー! 
最後の1週間は浣腸をして腸内のクリーニングうれしい顔 
終わった後はお腹がとても軽い感じになる。お肌の調子もGOOOO. 

初日は少量の薬用オイル(スネハバスティ)をお尻から入れるんです。 
スネハバスティがオイル浣腸でカシャヤバスティが煎じ薬浣腸のことを言います。
生まれて初めての浣腸、とてもドキドキしました。
でも
一瞬で注入が終わったんで、なんだこんだけか、とホッとした。
それで1時間寝ながらトイレに行くまで待っているんです。 
3日目には始めてのカシャヤバスティと言って、煎じ薬1リットル(げっ〜あせあせ(飛び散る汗))を注入するんです。 
その量を観ただけでもすごい緊張して、体に力が入っていたのか、半分を過ぎてもなかなか体内に入って行かない 、、、冷や汗だらだら...一生懸命呼吸をしてもダメー で、もう我慢ができなくなってしまった。 
Please Let me go to the toilet!!!! 
失敗だった冷や汗 
全て入らず半分ですぐ出してしまった。初回のカシャヤはお腹がキューっと痛くてしばらくトイレに座りっぱなし。この日はトイレに行ったり来たり、全く落ち着かず かなり辛かった。 
でもだんだんと身体は慣れるもんですね。
次の日から スネハもカシャヤも順調で全て上手く行った。 
いつもと違うウンチも出て来るし、きっとこれは宿便かもという物が、最後の日には出て来た出て来た。ワーイ手(チョキ) 
超すっきりです。お腹のサイズも一回り細くなりましたよ。


バーナー  

| アーユルヴェーダ パンチャカルマ | 16:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
             
<< | 2/2PAGES |