ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
ケララ州カヌール(カンヌール)での正月
2019年
新年 明けましておめでとうございます!!!!


今年もどうぞよろしくお願いいたします^_^




ここケララ州のカヌールに 主人と滞在しています。2009年から 毎年の様に長期滞在しているので かれこれ数えたら 11年目になります。

主人はもっとここにいる年数が長いです。

何時もビーチ沿いの同じ場所 小さなホームステイ の小さく古いコテージに泊まっているので とっても静かでで快適です。
海の波の音もよく聞こえます。


村は小さいのでゴシップはすぐ広がるし この界隈のローカルの人達は
きっと私達のことを知らない人の方が少ないのではないでしょうか?



カヌールに新しく 国際空港がオープンしました。 市内から約1時間前後で 車でこれる様になりました。
今度 私達も 利用するつもりです。

昔はカリカット(コージーコード)が最寄りの空港で 3時間前後もかかって しまうので不便でした。
それだから
ここは、観光地化の波はなく
田舎の素朴な小さな街で
大好きな場所でした。
人々も正直でで欲張りな感じが少なく
リキシャドライバーとのトラブルは チェンナイなど大都市に比べ1/30ぐらいでした。
過去三年前ぐらいから 急に 都市計画の準備がどんどん進んで 外部の人間も増えて カヌールが どんどんと変化しています。
人々の意識も都会感覚へのシフトを感じます。

昨日テイラーに行って
サリーのブラウスは幾らで出来るか聞いてみました。
10年前の三倍の値段に膨れ上がっていました。

市場はそんな感じです。

が、Padminの個人輸入販売のアーユルヴェーダ商品は 6年前から半分以上は値段は変わってない商品ばかりです。
それってすごい事ですが
これが換算レートで厳しくなると
変更せざるおえない時期が来るかもしれません。

カヌールはカンヌールと言う発音が近いでしょうか?
カタカナ表記は 外国語は 難しいね。
実際英語ですら カタカナでおかしいのですから!


田舎らしい 小さな町が変わっていく、、、大好きな街ですが
私にとっては それを観ながら寂しさを感じます。


基本的に私は 知る人ぞ知る的な場所に行き 観光地化されてない 人の少ない場所に行く 過ごす と言う事を昔からしてきました。

30年前に数回行った セドナ
と インディアン居住区ハバスパイのキャンプ地 は
アメリカ人でさえ聖地と知る人は少ない程 静かで 小さな お忍びの休息地でした。当時大きなホテルは 三つ星のベストウエスタン系のホテルぐらいしかなく 小さなロッジや デイズイン とか モーテル お土産店 ローカルなレストランぐらいしかありませんでした。

今 ツアーでやっているピンクのジープとかインディアンが衣装を着ての聖地パフォーマンス 各国の高級レストランやホテルはの様なサービスはありませんでした。


私の感覚で言わせてもらうと
観光地化されればされるほど
そこに貪欲と言う意識がのっかってしまうので 「聖地」と言う本当の意味が消滅されて聖地ではなくなります。

スピリチュアリズムビジネスのカテゴリーは昔はなかったから スピリチュアル本が売れていたのですが
最近は 金儲け主義にはしって 企業が 人を聖人の様に作り上げて 「悟った人!」の様にネットや映像でアプローチしてビジネスやってるのを観ていると
簡単に流行りのメディアに左右されないで皆んな生きて欲しいと願うのです。


ここに行って 私はスピリチュアルな有名な場所で 聖なる波動を感じたのよと
周りに伝えたいがために
そこに居たという存在を確かめたくて行きたいのでしょうか?


28年前に長期でいた タイのコパンガンや コランタン とその周りの島も バリ島も リゾート地化されておらず 簡素な何もない小屋を一泊500円以下で借り食事も一食飲み物含めて250円程度で 世界中のヒッピー旅行者と 電気がない場所にロウソクを灯して 過ごしたり

会って話して情報交換し合って旅の計画を立てて楽しんだものです。
少なくても
そこで出会った 外国人達は 流行っていない 自然派で 未開地を探し求めて来ここだと直感で
聖地と感じる特別な場所を 自らアンテナを張って選ぶ様に滞在地を見つけ出していました。

インターネット情報を頼っていたら
直感は発揮できません。
おもむくままに 旅ができる時代は無くなったのでしょうか? その頃インターネットと言う物が家庭になかった時代は 誰もが 現地のスローライフな趣で 現地の声を頼りに
現地価格で 旅行ができた物です。
だから 例えば
メディアで紹介され始めてしまった聖地は 聖なるバイブレーションが汚染化されてしまうので
私は また行きたいと思わなくなるのです。

カヌールの素朴て 美しい田舎らしいも 日本人なんて殆ど居なかったこの街も
数年前ぐらいから徐々に
日本の観光客を観るようになりました。

私の癖でしょうか
未開地の場所を 探したくなります。

今年の私の特別で秘密の場所は
見つかるでしょうか?
楽しみです。

秘密は
もちろん 地名の公開はないでしょうね。




このトカゲさんの様に
色が変わり その光景と同調できる
私になりたいです。

Om namo narayanaya




ケララ州カヌールのアーユルヴェーダ病院で スタディツアーがあり 日本語オンライン授業と 合わせて しっかりと本格的なお勉強ができるプログラムがございます。↓
https://www.padminayurveda.com/study-program/


| インド滞在記 | 14:26 | comments(0) | - | pookmark |
2018年と2019年の節目に新しい人生を見つめる時



インドに着いて 寒い所から急に暑い場所に移動。年末セールのショッピングも程々に、やっとSimを購入し パスポートのコピーや証明写真の提示とローカルの知り合いの代理人の承認 確認は必須で インドらしいこのセキュリティシステムは いったい なんの目的があるんだろうか?と思いながら ネットワークを申請しても 直ぐにアクティブにならず 本日やっと可動するのに3日もかかるって、、、 今年は こういう作業がやたらスローモードな感じだ。
これもあれも 私のカルマだから受け入れるのみ なんだが、

いつも 良くも悪くも無いと受け入れる事多しの2018年

年末に 今年最初で最後の風邪をもらい さすがインドの菌の強さには かなわない事がわかる。(デリーでもらった風邪)
実は去年も同じ時期に同じ部屋で寝込んだのだった。
最高のデトックス!よく言えば、浄化のプロセスに居る中で、新年を迎えるのは きっと来年は新たな出会いと希望の星が 沢山降って来るのでは無いかと 楽しみなのだ。


生のアムラをジューサーでジュースにする 酸っぱいちょい渋いって感じの味 だけど 結構これが効く!熱を下げビタミンCもスーパーだ。↑
これから ご主人様とケララと日本 屋久島滞在し 四月には アメリカへ戻る予定です。

★2019年 3/18-30の間は
屋久島オーシャンビューゲストハウス コテージのお部屋の予約が 可能です。ブログのみの予告をまずしています。
(ご希望があれば ヨーガのレッスン
アーユルヴェーダのオイルマッサージ かシロダーラ がオプション料金で予約できますよ。ご興味のある方は 屋久島の自由な旅 アーユルヴェーダやヨーガ体験の件名で 是非お問い合わせください。)
三泊以上できると屋久島を満喫できますよ。

私達のアメリカ生活は 四月から家庭菜園、畑の土作りと耕す作業が始まるの。 それと同時に エアビーの運営 (日本の宿の運営をしていて 管理人とゲスト対応が真夜中の時もあって この3年間頑張って観たのだけど、思い切って 大幅設定変更の限定予約でやるしか無いかと かなり悩んで居る。)
★管理人を現地 屋久島で募集中!
(これも気になる方は 是非ご連絡をください??英語が少しでも話せる方優先です)

アメリカの内陸というのは
日本に比べると塩分少ない空気なので 私自身思いっきり のろま体質になる場所でもある。
内陸はカパが多いのは空気中の塩分も体質に影響し関係するのではと考えています。
環境の変化は 体質バランスを左右させ
旅人ならでは その環境に順応に生きていく術を知っているのです。

寒い春 暖かい春と 森の中の涼しく 暑い夏を過し、湖で冷たい水の中に飛び込む爽快な気分を楽しみ 秋の色彩豊かな湖畔を散歩し
また 冬になる前に 日本に戻る。 というサイクルは
いつまで続くのかな〜と 毎年の様に想うのである。 こんなに色々 活動していて 楽しい事はあっても
実は決して落ち着きのある生活とは言えず
旅人に飽きる事はあるんだろうか?
年々 体力勝負と向き合うことになるのだろう。
と いつもこの言葉が浮かんで来る。

お陰様で
沢山の周りの方々の愛ある繋がりで
ベストを尽くして
今年も色んな事を乗り切ることができました事を
全てに
感謝とお礼を申し上げまして
新年を迎えたいと思います。




全てが 幸福の愛と
平和を祈り
私を含む皆が満たされます様に!

来年もどうぞ宜しくお願いします^_^
| インド滞在記 | 19:09 | comments(0) | - | pookmark |
ケララのアシュラムから メリークリスマス
メリークリスマス!

Om

旅の途中
毎年滞在する アーシュラム

私の中で一番ホッとする場所。
安全で サトヴィックで 素敵な人達が 愛と平和の意識を 持って共に生きている感がとても気持ちよく感じあえる場所。
そんな所で年末 の
クリスマスを迎えられ
なんて幸せでしょうか!?

皆様も素敵な年をお迎えください。





























| yoga ヨーガ | 07:47 | comments(0) | - | pookmark |
デリー の シヴァーナンダヨーガセンター でお世話になりました
Om namah shivaya





久々に 冬のインド デリーに滞在中

相変わらず 空気汚染は気になるが
シヴァーナンダ
Dwarka センターが空港の近くだし ディレクター Vijay ji
に 7年前ぐらいに シヴァーナンダ ヨーガ ヴェーダンタ東京センターで会っているので 行ってみようと思った。

噂も色々と聞いていたが
以前よりも ここも 雰囲気が良い感じになった様だ。


私は
毎年 知らない所を訪ねると何か新しい感覚になったり 経験値が上がるので
行ったことのない
何処かに 毎年必ず行く様にしている。

ここはデリーでも 静かで 良い住宅街で
ローカルのインド人も雰囲気がめちゃくちゃ良い感じ。

師であるスワミゴーヴィンダナンダ もここ
ドワールカーに先月来ていたと 聞きました。


着いた次の日から
さっそく朝からヨーガクラスに参加
生徒は ほとんどインド人

流石 発祥の地 インド のローカルな人でも 別にスリムな体型とかでなくても
全体的に40歳〜70歳の年代にして
とても レベルが高い方が多いのには驚いた。

西洋的お洒落なブランドヨガウエアなんて来ていないのが
かっこなんてどーでも良く、純粋に体操をしに来てますっという現れだし、もう雰囲気からして バリバリ集中力半端ない空気感が 最高でした。
先生の 教えるスキルを見ていても
9年前 私が 受けたTTCの基本練習がちょっと蘇って来た感じがあったり
懐かしく感じたり、 色んな発見がありました。

やっぱり こう言う光景を見せられると
文化が溶け込む瞬間というのか





暖房が無くて朝晩 冷えて嫌だけど
それも修行と受け止め
来て良かったなと2日目に思い始めました。


久々のVijay ji も随分とご立派になられた雰囲気で 初めてあった時 から 年月が経った様に感じられるほど 人の成長を 自分の成長の様に嬉しく思いました。

会わないうちに 沢山の経験を重ねて来られた という印象でした。


自身の成長は あまり分からないものだけど
人の変化をみる 喜び という物が
また自分の成長なんだな
と思う事にしています。




食事は 大変シンプルですが
美味しくて これぞサットヴァなヨギ食
と言えると思います。
もちろんヴェジタリアン食で

ウッタラプデーシュ州出身のシェフ
の作る料理は ネパール料理に似ています。

チャパティの こねて伸ばす 手つきを観察
とても勉強になりました。


何度も何度も
色んな人の 作る手の動きが
色んな所で 違いがあるものの
食を扱う 優しい しなやかな手つきは共通しています。




ストレッチをしながら
ランチの時間を待つ
カルマヨギーたち




デリーの空気汚染
隣が公園で陽の入るビルだから とても嬉しいですが ダイレクトに陽に当たりたくて公園に歩いて行ったら、 木々の葉は 全てホコリで覆われていました。
植物も 酸素不足になるだろうな〜と思いながら ご苦労様ですと交信した次第です。ニームの様な生命力のある木が沢山植えてありました。

植物の声が聞こえて来そう。

さて近くのマーケット
セクター6 と セクター10
に行って来ました。10分ぐらいの距離で
なんでも揃ってます。庶民的なマーケットなので 高級ブランドはありませんが
必需品は ここで
済ませられます。
日本に老眼鏡を忘れたので
今回 ここで 良い物を安く買えました。
勿論 交渉は 強気で頑張れば 必ず30パーセントオフには なるでしょうが

安くして〜〜だけじゃダメです。
インド初めて
なんて言ったらダメですよ。

仲良く 店員と 世間話もしたり 家族の話とか 困ってる事とか 色々して
帰る素振りでもした方が もっと安くしてくれます。
また来るね〜〜^_^と言って ハッピーな顔で店を出ると
また 来る時 喜んでくれます。









すれ違うたびに
Om namah Shivaya
と とても礼儀正しい人ばかりです。
素敵ですね。
行く場所違えば
そこは全く別世界

心の在り方ひとつで
人生 の 楽しさは
大きく差が出ます。

謙虚な姿勢と 愛情と思いやり
アーサナをするだけでなく
瞑想も きっと
この様なレベルを目指す人生にしたい方に
とても役に立ちます。
デリーに住む日本人 またデリーに来る機会がある方々へ 日曜日の10時はトライアルレッスン がフリーであるそうですよ。






最後にVijay ji のアドバンスクラスが受けれて良かったです。
楽しくて 1時間半はあっという間でした。



土曜のサットサン と晩餐





葉っぱのを縫って皿に してるよ
これ良いけど 汁が漏れました。
最後の夕食
いっぱい食べ過ぎました。


om


ケララ州カヌールのアーユルヴェーダ病院で スタディツアーがあり 日本語オンライン授業と 合わせて しっかりと本格的なお勉強ができるプログラムがございます。↓
https://www.padminayurveda.com/study-program/
| yoga ヨーガ | 11:48 | comments(0) | - | pookmark |
アーユルヴェーダの豆知識 マラ
身体の老廃物-マラ


体から排出される 余分な老廃物
アーユルヴェーダでは
マラと言います。

マラは排出されるだけではなく
髪や爪 などの艶にも 影響されます。
よって正常に各組織へ栄養が送られればマラも老廃物となり
正常に排出されて なおかつ 肌や髪等の艶も美しく生成されるわけなんですね。

マラとは実際は、体の中で行われているさまざまな生理活動の結果生成される副産 物です。

便、尿、汗は、主に分泌物とみなされ、アンバランスなドーシャによって
様々な症状に影響されがちです。 アーユルヴェーダによると、ドーシャ(体質)、ダートゥ(身体組織)、マラ(排泄物)の状態のバランスがとれていると、病気のない健康良好状態となります。 そして、不調和状態は、病気の原因となります。

マラの重要性は 体の中で営まれている代謝プロセスの結果、食べ物の栄養が各組織に順に送り込まれながら、それぞれに老廃物が絶え間なく形成され続けます。
老廃物がうまく形成されず、身体組織に栄養を与える有益な(エッセンス)も
アンバランスに形成されなければ、代謝プロセスまでも正常機能せず
最終的には、生命エネルギーのエッセンス オージャスと言うものまできちんと生成されず 老化現象や 様々な症状を引き起こします。

廃棄物の適切な排泄は実際 不可欠です。 適切な排泄がなされれば、その人の健康は維持されます。

??主な三つのマラとは
糞便
尿


糞便は、人間の消化系の廃棄物。
体調 体質によって、食事や健康状態、消化系全体の状態の影響で、糞便の形が変わります。
排便の正常プロセスにひとつでも不具合があれば、便秘、下痢、膨腸、重圧感、 痛みなどが生じます。

尿は実際、血液濾過を通し て腎臓から分泌される液体廃棄物です。
尿の量の増大または減少 、様々な不調和で 尿感染症、腎臓結石、腹痛、さまざまな膀胱疾患といった病気を引き起こします。

発汗は
「スウェダ」と呼ばれます。
汗は肌の毛穴からでる液体で 主に水分から成り立つ老廃物です。
基本的に発汗とは、人体が体温調節のために行う方法のひとつです。
汗の生成において、不調和になると、かゆみ、肌の感染症、炎症、体の灼熱感または体温低下に生じます。


アーユルヴェーダ豆知識でした。


| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 22:04 | comments(0) | - | pookmark |
インドで学ぶ 希望の光 達へ ”経験は宝物” 

こんにちは!Kayoko  Thomas です。

じっくりと 私の体験を通して、ブログに述べる事は久々な様に感じます。

私の人生やインドの体験からの気づきとかって 言葉で表せない部分とか 色々とあるんですが、

ニュースで 子供達が飛び降り自殺とか そういうニュースを聞くと

ストレス社会を みんなが変えていかないと大変だって 思うから、、、

padminを新しく起動させる公式ページに述べている”私の想い”についてを ブログに紹介したくなりました。

 

生と死は あって当たり前なんだけど、それが無くなったら、魂(光)しか残らない。

コップとその中の空間があるでしょ。例え、コップという物質の型が無くなったとしても その空間は在る訳で 

だから何と思う人、その違いは何? と疑問に思う人 様々ね、、、でも深く考えてほしい。

型が無くても 残るその空間という在る”本質”は何かを 

 

もしかしたら インドで 一緒に考えましょう。

 

コップという型が無くても その在る そのものが 満たされていたら最高ですね。

目に見えなくても、分子レベルからすれば、在ることに気づくのです。

 

それは 永遠の存在で 完全なるもので 全ては一つとする 超越した絶対的な意識 であり 神でもあり

Sat chit ananda  最高な至福の存在 なのかもしれないね。

 

物質的なことばかりの世界ではない 時間を超えるところが 私たちの周りにいろんな角度で存在しているとすれば

きっと 巨木のスピリットさん達と 楽しく会話もできちゃうかもしれないよ。笑

人生 は 面白くて 楽しい 旅だ。 

 

 これまでの学びを機にステップアップしたい またこれから学びたいと考えていらっしゃる皆様に

これからも進化し続け、深みのあるアーユルヴェーダとヨーガを提供して行きたいと願っております。

 

 過去2010年以降から現在に至り、都心と地方各地で私のアーユルヴェーダとヨーガのクラスを行って来ました。

ビギナーの方のみならず、ヨーガのインストラクター並びにアーユルヴェダーセラピストやアーユルヴェーダインストラクター達と、様々なクラスやWSで繋がってまいりました。

 

今までの活動を開催し、ある一部の方は日本のアーユルヴェーダ学校や他のベーシックコースのセミナーを受講された後に私の講座に来られる方も多数おられました。その中で、本場インドで学び続けている私自身の感想は 日本のみで奥深い智慧のアーユルヴェーダを学ぶ事は断片的である様にも感じる事がよくありました。

 

インドに長年訪れ、謙虚な数人のアーユルヴェーダドクター達やスワミ達 ヨーガ 業者達との交流があった事が

素晴らしいギフトで 思いを馳せるきっかけでもありましたが

沢山の方達が、私たちと共に 果てしない本当のヴェーダを知る奥深い基礎を これからも 以前よりも より深い領域へ

そして 

アーユルヴェーダ医の元でインドの伝統文化に触れながら 習得された方が良いのではと考える様になりました。  

 

私自身、インドで ジョーティッシュインド占星術や 手相占いの人が突然現れたり、と 色々と出会いから起こる不思議な体験をしました。

 

人生が祈りと共に、とても良い方向へ変化したことで、言葉では表せない素晴らしい体験を得ることができました。 

 

インドで もっと冒険心やスピリチュアルな精神性を磨く事も 大変重要な要素であると気付きました。

 

そして毎年の様にインドへ旅と修行を重ねる様になり、インドが大好きになりました。(ネパールも)

 

敏感な方は、きっとインド体験によって、何か奥底に眠っていた古い(前世かも?)記憶や智慧が心に響いて来るはずです。

 

 

 私達自身、講師でありながら学びに来られる生徒様から(教える立場としても)

それ以上に学ばされる事は沢山ございます。

アーユルヴェーダの医者達でさえ臨床する上で基礎の復習も繰り返しながら

”我々も次のステージへ 成長し続けている” とおっしゃるのです。

 

長年において PADMINオンラインショップも運営している傍ら、以前は アーユルヴェーダオイルについて

アーユルヴェーダセラピスト(お客様)達から よく本場の特殊なオイルについての質問が沢山届き、その度にお答えしていた時期もございました。 当時は セラピーをしている方々が 体質にあった薬草オイルについてを熟知している方々よりも、熟知していない方々の方が多くいらっしゃる事に驚きを感じました。

 

アーユルヴェーダの学校で学びセラピストとして開業するにも アーユルヴェーダ講師になるにも、基礎は勿論のこと 

現地での薬草の知識や様々なオイルについて学ぶことは必須科目と考えます。 

幅広い新鮮な薬草、品質の高いオイルが どういう物なのか、インド現地でしか学べない事が沢山ございます。

 

ドクターと共に語り合った内容として 例にとると、

現代のアーユルヴェーダを学ぶ人々の中で、一番大事な基礎中の基礎である五大元素(5つの自然エネルギー要素)の理解が意外にも少なく、全感覚で理解する事にもう一歩踏み込んで欲しいと思う方々が かなりの数でいらっしゃるという事です。

これはヨーガにもアーユルヴェーダにも共通の学びで、紙の上だけでの勉強ではなく、感覚器官や直感で自然エネルギーの質についてを理解していないとならない事でしょう。 

 

しかし、大都会に暮らす人間は 生き物や自然に触れる機会が減っていますので

自然エネルギーを生活の中で感じる能力を失いつつあるのが現状です。 

 

便利な世の中になり、家電にパソコン等に囲まれた生活に慣れてしまうと

自然との共存から得る事が難しくなって来ております。

説明されて頭で解っていても、本当は体全体でエネルギーの質を感じる(真に理解する)事ができていなかったり 

と言ったことがあります。

 

現代人が人工的な物ばかりで自然の少ない環境で育つと、自然と共存するという基本的な事が学べず、または忘れ去られ

生活の中で、本当の意味で自然の恩恵や自然エネルギーに触れるという事できなかった原因で、自然エネルギーの特徴についてを深く理解できなくなっているのでしょう。

 

例えば、約50年前の日本人は焚き火や暖炉に火を起こす習慣がまだまだ何処にでもありました。(スローライフが懐かしい)

薪を割る、それは木の性質を知らないと割ることができません。

また、火がつきやすい薪、そうでないものの区別までも理解できてないと薪をしっかり扱う事ができません。

木にも油性が多いか少ないかも関係し、特質を知らなければなりませんし、一旦乾燥させないと火は断続的に燃え続けません。(消化のアグニは火に例えますので 火というのは周りの環境(他の自然元素)によって火の効力が大きく影響されます)

 

湿ってずっしりと重い薪は 火が付くのにとても時間がかかります。薪を人間に例えると、カパの体質と消化の力の関係性が 全く同じということになります。

 

自分を知るという事は大自然と宇宙を理解しなければなりません。 (太陽や月のエネルギーについても)

一つ一つ丁寧に自然要素を感じ理解する事で、アーユルヴェーダやヨーガ の知識の幅がもっと拡がるのです。

 

昔は台所や居間で、また空き地でも 薪で火をおこす生活習慣があって、頭で考えなくても 自然に火というエネルギー性質を理解し、簡単に火を焚くことができました。それが誠の人間の智慧。

火の要素の消化力をよくするために 木を例えて観るならば 自然共存の生き方をする人間は、体で自然要素を理解しているので、特に意識しなくても 人から教わる事もなく 食の養生法や日々の過ごし方を通して、消化力は 健康のバロメーターだという事も理解していたはずです。 

無意識に、自己消化力の調整を自然に感知していたのでしょう。

 

だから健康ブームという言葉は 昔には必要とされず、その様なメディアは存在しませんでした。

すでにたくさんの人々が健康で幸せな人生を送っていたからです。

昔の日本は、世界で一番幸せな国だったのかもしれません。

 

山岳や寒い地方の民は 発酵食 味噌や漬物でも塩分の強いものを多く摂ります。

体を温めるために体が必要とし

また、温暖な地方の民は塩分の少ない食習慣が多いのは 自然に体が必要としているのです。

当たり前ですが、南地方は暑いので塩分控えめの食生活が暑さをしのげます。 

体が知っている 感覚が知っている という事ですね。

 

感覚的な分野に気づかさせられる事の多いアーユルヴェーダの学びは 尽きる事がありません。

 

 

子は当たり前の様に両親のお手伝いをし、親から子へそれらの智慧が伝わった自然の生活習慣が 戦後以降は それが激減した時代とは言うものの、今 子育て奮闘中のご両親に、未来を明るく灯す子供達へ 危険だからとか怪我するからとかでやらせないのではなく『七転び八起き』の様に自然体験として 転んでも自分の力で起き上がる 自立性 自発性も養い、人間にとって何が大切かをを伝えるために 自然に触れる機会を沢山設けて 鋭い感覚を養ってあげて欲しいものです。 

 

ですから

結果的にはそういった事を 感覚で深く理解しない限り

個々の体質判断やアーユルヴェーダ食などの学びのステップアップに繋がることが難しいだろうと言うことになります。 

自然に触れない生活は 感覚能力を衰えさせます。

 

森の中で暮らし、家庭菜園などの試みをする様になってからは このテーマに尽きる事はありません。

 

アーユルヴェーダやヨーガにに限らず

ある一部の人たちはオーガニックやスローライフ、自然志向派を目指した生活に目を向け始めてきていますね。

 

自然共存を含めた新しいライフスタイルを追い求めて

『本当の幸せとは』真剣に考え始めている若い世代が 田舎へ移住する人が増えています。

 

これからの時代、自然に還った人間らしい生き方を望む人、私達の想いに共有していただける方が増えると信じます。

 

私の場合、オーガニック菜園を自然から体感で教わる機会がとても多い事が、有難い事であり

自然のエネルギーの要素と植物と環境についてのエネルギーのサイクルシステムは

私達の体にある生命エネルギーシステムと何ら変わることがないと 自然からの恩恵をいただいております。

 

ヴェーダの本当の理解に悩んでおられるなら

ベーシックに戻り、心をリセット状態にし、もう一歩先の深さを学んでいただける為に 

違う角度から学ぶ努力をされる事をお勧めします。

 

土に触れ自然の恵みの体験を試みることも大事になると、常に私は生徒さんにそう言い続けています。

自然に存在する五大元素の組み合わせと自然が影響しあっている状態を、その場で検証することは自然と一体感を感じ

心は喜びに変わります。

ベランダやお部屋で植物を栽培する事からでも第一歩であり

月と太陽の光、土と植物の生命を感じる素晴らしい機会と試みなのです。

 

 

「本場のアーユルヴェーダ施術体験」「インドで学ぶ」「体感して学ぶ」事により 伝統を重んじる心を養うことも大切であり

学生がセラピスト、インストラクター、カウンセラーの様な技術だけを習得するだけではなく、

これらの智慧から 最良なコミュニティー 社会や友人、家族の良好な関係を築くことも 幸せの道に繋がる事であります。

信頼性、誠実で常に良いお付き合いの人間関係を維持する事とは

自分自身に非暴力、愛と誠実で正直で、盗むことをしない、慈悲深い 清浄な心を持つ人間である事が大切。

その様な人間関係でいたいと常に見極めて 願望と努力をしないといけませんね。

(しかし、その逆の行為をする人達からは、危険や不幸を招く恐れもありますので、

自らその環境から立ち去る決断も必要かもしれません)   

 

 

 

 私が互いにアーユルヴェーダDr達と協定を組んだ理由、様々な想いが在ります。

 約10年間以上にわたり、カナダやケララ州で様々な病院、クリニック、アーユルヴェーダリゾートの関係者 医者と交流

のあった中で、私が誠実にお付き合いできると確信できたのはドクタープラパンチとドクターアーシャのご夫婦とのご縁。

 

幼児の頃からアーユルヴェーダの名医と言われた祖父からアーユルヴェーダを学んで来られたドクタープラパンチは、伝授された知識と独自の研究で、彼自身が良薬を製造できる絶大な知識をお持ちです。

また 彼らは、アーユルヴェーダの歴史と密接なヒンドゥーイズムの文化を生活に取り入れております。

地元のカヌールでクリニックだけでなく病院や薬局をベースに医療活動に励んでいらっしゃり、頻繁に老人福祉に無料で医療を提供する慈善活動もされておりられ、地元や世界中の人々からも評判が良い権威のある方々であります。

 

故に この良きタイミングで、素晴らしいと思える彼らの元でなら 協力も惜しまないだろうという思いがありました。

 

アーユルヴェーダの人間哲学を生まれた時からヴェーダの文化と信仰と献身に触れ、誠実に生活にも取り入れているドクタープラパンチ達の様な方々は 本当の意味でアーユルヴェーダを誠実に理解する人達と感じます。。 

 

(※豆知識として※インドでは多信仰の国故に、異なる信仰を生涯受け入れ、ヴェーダの勉強をされたアーユルヴェーダ医学者もいらっしゃいます。イスラムなど中東からの土着的な信仰が基でホリスティックな医療ユナニ医学の発祥と 医者家系から代々 医学者 としての後継者も インドのアーユルヴェーダ大学を出てアーユルヴェーダ医になります。全てのアーユルヴェーダ医学者になる人はどんな人でも サンスクリット語で聖典を解読し理解されなければなりません。 

ユナニ医学もアーユルヴェーダ医学と似ているとされます。 しかし、ヒンドゥー文化やヴェーダの文献とは異なる思想、人間哲学の考え方や信仰が元々異なるとしても、アーユルヴェーダ医になられる人は インドでも沢山いらっしゃる事を知っておかれると良いでしょう。 信仰が異なる事により、献身的な愛を持って行われるヴェーダの司祭と共に、儀式を普段からとり扱わないアーユルヴェーダ医もいらっしゃいます。) 

 

10年間以上も通い続けたこの力強い大きな国インドで 私が信頼おけるお付き合いが出来るインド人は 

正直 五本の指で数えられるだけかもしれません。 

 

 インドはアーリア人等が西方面からインドに渡り長い歴史と植民地時代、民族同士の戦い、他国との深い関わりの元 多岐に渡りアジアと西洋が混合された特殊な文化を持ち合わせた国です。

故に、現在のインドは様々な宗教が沢山ある中で、お互い全く違う価値観 人生観があるにも関わらず、お互いの違いを受け入れ暮らす国であり、例え人生観が違ったとしても、(一般的な人々)クリアな態度で、お互いを踏みにじる様な行為は 日常には殆ど観る事はありません。

 

 旅をしていると、必ずと言っていいほど、どこの地を訪れても不思議で共通する点は、良いも悪いも関係なく 

最後は「問題ない」で丸く治めようとする点、そして 明るく楽観的な性格の人がとても多いという点等の

特徴を良く目にすることが多いでしょう。

自己主張性もしっかり持ち合わせている国民という印象があり

現代の日本人よりも鬱になる確率は 実際にインド人の方が少ないのではないかと感じる事もある。

 

 人や何かに依存する傾向や、他人に合わせることが得意とする日本人にとって、もしインドで滞在する機会があれば

”インド人達の自己主張とは、独立性とは、自然体の表現力とは” 

をテーマに持ち観察と体験で学んでいかれると

自己啓発にも良い影響があり 

自分が変化することに勇気が出てくるのではないだろうか? と思います。

 

海外に住む日本人の声は 共通して 観えなかった日本の良さや素晴らしさに気付かされる反面 

小さな国の中の小さな視野になりがち といった 客観視ができる様になると言います。

地球の世界も 宇宙も 本当に果てしなく、広すぎるからです。

 

グローバルな観点からすれば

やたらグループを作らなくても 一人一人が 枠組みのない広い交流と共有の拡散させる事で、個性の違いを認め合い

尊重をし合う事になれば 蕎麦らしい世界になるだろうと思います。

(人の意見と反応を気にし周りの空気を乱さない様気配りが先行しすぎて、正直な個性的表現ができない人も多いと聞きます)

 

グループや集いが大好きな傾向のある日本人   

日本人は世界中でも 客観視ができ 思いやり意識の高い民族でありますが

依存型タイプがとても多いのは誰もがご存知のことと思います。 

人の目を気にせず、正直に自己主張のでき、人任せでなく、やりたい事は自分で調べ自分で決断し自己責任で行動する 

という人が増えて 個性豊かな社会も大きく開かれ 国際人も増加すると思います。

(人を思いやる国民と思っているので、エゴイスティックな一方的な自己主張という意味ではない)

 

大半の日本人達も、自己表現と主張が上手にできると、きっと世界中でも 更に国際人との交流が増加し

自立心、独立心の向上や、様々な国際平和的交流が繋がるのではないだろうかと、少なからず希望を膨らましているのだ。

 

グループの中で 発言権が得られず 個性が発揮できず、心の中で不完全燃焼な気分になる体験をされた方

是非 アーユルヴェーダやヨーガ の深い学びで 沢山の勇気を呼び起こし学習や癒しに没頭して欲しいと願います。

ストレスを解放し 

心と体が健康で 調和のとれた状態は、周りの人間関係もとても良い状態になるでしょう。

自分を良い環境の場に置く、という選択は とても大事になります。

 

個人から周りの人たちへ、小さな社会から大きな社会へ、大きな社会から地球全体まで 地球から全宇宙へ 

健康と幸せの波動が広がる事を祈る事 全ては一つ 統合する という”真理”が開かれるのが 

奥深いヴェーダの教えです。

 

 

 インドは同じアジアという部分では、とても似ている文化的観点もありますし

様々な文化の違いも大変興味深く、インパクトのある印象が 私達の心に刻み込まれます。 

インドに旅した人々は口を揃えて

「一度行くと まるでカレーのスパイスの様にまた訪れたくなる(癖になる)」とよく耳にします。

最近になって

インドに興味を示す人が増加したのは、昔にあった日本の風景や文化に とても似ていただろうなと思う所が

色々な箇所で見受けられ とても気持ちが落ち着いたり、懐かしい日本の思い出や 匂いからの記憶等が

心に浮かび上がったりするのです。(40代以降の年代の方は私の意味が理解できるかもしれません)

それだけ、都会はコンクリートやアスファルトで覆われ

日本文化、100パーセントの自然風景が少なくなってきているだけに、人々が求める、心の故郷、癒し、個人の中にある自然と幸福、幼児時代のいっぱいに満たされたあの時を 探し続けている様に感じます。

 

 

アーユルヴェーダ歴が私より長い主人が、カヌールを毎年訪れて12年ぐらいになるでしょうか

その地が自分の家の様に感じると言う程に、強いご縁を感じるケララ州北部にある小さな街カヌール(またはカンヌール)

そこに 毎年の様に一緒に訪れることができ、いつも心地よいのは何故なのだろうか と考えた事があります。

昔 どこにでも日本にもあった様な 人間の温かみに触れ、昭和初期、中期頃の様な匂いが

子供の頃の純粋なあの頃に戻った様な錯覚を覚えます。

私の不必要な思考パターンやエゴを取り除く為に、必要な修行の機会を与えて貰える場であるのでしょう。

人生の折り返し地点の様に、私にとって、これからもこの地と深い関係にあるのかもしれませんね!(余談)

(カヌールは心豊かな人達の多い 田舎町で、ビーチ沿いでは、観光地ではないですので、のんびりとした時間を過ごせます。)

 

 

 各生徒様にも 各自に心得として持って頂きたい事は、

ヴェーダは計り知れない一生の学びと考えていただきたい事。

偉大な自然に人間が敵うものはありません。

 

 私達も教える立場でありながら、人生のステージ毎に 繰り返す基礎学から日々、気づきがあると語っています。

そして、生徒達から教わる要素も沢山ございます。

ヴェーダは自分自身が「人間哲学を実践する事」を基本に、生活の場で気づきと 

そこから学ぶという事が繰り返し必要不可欠になります。

そこから観察力、心から識別力と分析力と実行力が向上し生まれます。

そして、学んだ事を反服し、語り、教える事により、自分自身に深く強く学びが確率されることでしょう。

 

新たに疑問が現れる時、自身に知識に対する願望が啓発されます。

その繰り返しが 私達の精神向上へと繋がって行く事でしょう。

 

学んだ方々が、先々 教育者や経営者、リーダー的存在になろうとする時

肯定的 否定的思考の両方を受け入れる『私』と言う自我を 客観視と主観視を通して観ることを惜まず

抵抗せず 背かなくなった時 

あるがままの 私 と言う在り方について、自己の精神性と向き合う様になります。

 

これらの叡智からは、あらゆる角度で精神面、肉体面の向上に大いに役に立つと感じますし

正直に話し、信頼しあえる仲間、繁栄と良い人間関係が増える事は

感謝と満たされる喜びの中で生活を送れますね。

 

これらの智慧を断続して学ぶと言うことは

瞑想を通して、観察能力 直感力、精神と霊性を修練する事も忘れてはならない要素です。

 

 

 多くの人達が ヴェーダの恩恵を受けられる様になるためには、だからこそ

本場での伝統を知る事と体験によって養成する事が大事だとDr.と私達は考えます。

 

 

基礎学習だけでも膨大な深さがある知識ですので

繰り返し何度も基礎を学ぶという志は 深みのある人格形勢に役に立ちます。

 

本当の意味で人々に癒しや施しができる、自然科学の知識の共有を提供できる日本人を養成できる事が夢であり

私達の目標です。

 

資格が取れるということだけにフォーカスをしてしまうと、学びの過程での本質的な楽しさが減退してしまう事もありますが

本当に求めていた学びと知り、やりがいのある楽しい学びの上に、良い環境で資格が取れるなら

一石三鳥(笑)な気分になりますね。

 

 

 私は昔から健康な事にとても興味があって、薬草や植物や、家庭療法や料理、大自然の環境で暮らすのが事等

大好きがきっかけで、自然と人間科学のアーユルヴェーダとヨーガに惹かれました。

好きだからこそですが(中には不得意な分野の学びも含まれています)

沢山の失敗もしながら その度に乗り越えてきた部分もあります。そして先々もあるのでしょう。

 

様々な障害の壁を乗り越えるというのは、(価値判断やエゴを 取り除き受け入れる意識を見い出す様に)

各々の成長を大きく助けるのです。嫌いは好きの裏返し(コインの裏表は常に一体です) 

嫌いの意識は好きになる意識へ変わります。また反対もそうです。 

自分がどちらの方向へ行くかは、自分の心の質次第です。

 

子供の頃大根が嫌いだったのに、大人になったら好きになっていたって経験がありますよね!

思考と感覚は繋がっていますので、思考パターンを変える事により、あなたの感覚も心も必ず変化します。

 

そこで、もし心の壁に乗り越えずに止まっている状態があるとすれば

変わる事への抵抗がある自分の内側を 良く観察し

まず勇気を持って、楽しんで乗り越える意識へと返還させねばなりません。

全てはポジティブ思考。

 

 

今というこの瞬間を 大事に考えて 丁寧に行動する。

 

先の事ばかりを推測して不安や心配事で苦しくなることはやめましょう。

過去の事ばかり振り返って、責めたり悔やんだりするのはやめましょう。

今という幸せな気分を感じ味わい、努力し 行動すれば、己の未来へ素敵に繋がるのです。

 

あの時の辛かった事も、楽しかった事も もう過去の出来事でしかなく、

全ての価値判断が無くなった瞬間に

あなたの全ての『経験は宝物』という意識へと変わるのです。

 

 

今、貴方がしたくてたまらないことは、貴方が望んでることは何ですか?

 

今、本当にやってみたい事とは どんな状況を想い描きますか?

 

今、何をして 人生を楽しみたいですか?

 

本当に何がしたいのかもっと深く考えてみよう!

 

何がしたいのか掘り下げて行き、ついにそれが分かり

 

本当にやりたい事をやっていれば

 

いつか達人になれるでしょう。

 

『好きこそ物の上手なれ』 なのです。

 

夢中でやりたい事を続けていれば、貴方のやっている事に興味を示してくれる人が現れます。

 

だから、じっくり取り込む事が大切なのです。

 

「私が望むものは 自己を満たすものは 何だろう?」

 

 

PADMIN インドの病院でリトリート2週間 

2019年2月〜2月末 募集中 ! 1月は締め切ります。

 

 

 

JUGEMテーマ:健康

| yoga ヨーガ | 18:05 | comments(0) | - | pookmark |
福岡のヨーガ&アーユルヴェーダクラス ご案内
Om namah sivaya

12月 の福岡 ヨーガとアーユルヴェーダクラス WSのお知らせです。
実は 福岡での開催は初です。
インドへ出発前の企画となりましたよ。

九州の皆様とお近づきになりたいと
以前から想っていて
実現できそうな予感です。

私が 小学生の頃 福岡に三年程住んでいたのです。当時は博多弁バリバリでした
笑笑
良く
「良かと^_^〜〜」って言ってたのよん! 「はらかく〜〜」とか!思い出すな、、、

今度 皆様と 博多弁復活なるか!
宜しくお願いします!!






[日時] 12/19 (水) 13:00〜
[スケジュールと内容]
13:00 シヴァーナンダヨガ WS
2時間スペシャル
基本の12ポーズと
様々なバリエーション

15:00 お茶しながら
アーユルヴェーダ トーク
無料相談 説明会

16:30 アーユルヴェーダ 初級
基本理論 概念
ドーシャについて 体質チェックで 自己と向き合う
18:30 終了
※終了後、お時間が許す限り
一緒に外食に行きましょう。
(自由参加)

[各料金]
●ヨーガ 1500縁
●アーユルヴェーダ 3000縁
テキスト代別途 1500縁

●アーユルヴェーダトーク 参加無料
(どちらかのクラス参加者対象)

※全てのクラスに参加される方には
500円割引有り

[場所]
博多駅 から徒歩15分程の
博多区住吉三丁目9

※ご予約の方へ 場所と電話番号を
一週間程前にお知らせいたします。



お申し込みはコチラ>>https://www.padminayurveda.com/contact/

シェア拡散 大歓迎です。

是非 この機会をお見逃しなく〜!

Kayoko のプロフィールはこちらからも 覗けますよ
www.padminayurveda



楽しみにしております。


Kayoko Thomas

| Ayurveda & Yoga Class | 22:11 | comments(0) | - | pookmark |
ご案内*アーユルヴェーダ式耳のケア実演会 +無料相談会(関東エリア)

アーユルヴェーダ式耳のケア実演会 関東編

PADMIN企画説明会 無料相談付きのご案内です。

日時:

2018年11月12日(月)

10:30am 〜 約2時間

内容:

身体が乾燥する冬がやってくる前に

家族やパートナーのための家庭療法!

アーユルヴェーダ セルフケア(ホームレメディ)をご紹介です。

カルナプールナ(カルナプラナ)と言う一般的に 内耳のカサカサ、痒み、肩こり、神経過敏、疲れ、不眠症などお悩み解消として

お勧めできる 簡単な療法をお伝えします。

耳だけでなく神経を潤してくれる 家庭でできるセルフケアです。

アーユルヴェーダ式の耳のケアとして ケララ産の特別なオイルを使って実践します。

(当日体験をご希望の場合は、アーユルヴェーダオイルを購入して体験できます。

また お持ち帰りも可能です。)

PADMIN企画の会合

場所:

小田急江ノ島線 & 相鉄線
大和駅から 徒歩2分

〒242−0005

神奈川県大和市大和南1−5−16 みずきビル502

サロン ルミエールhttps://ameblo.jp/ayur-lumiere/entry-10972554474.html

※参加者に 私の電話番号をお伝えいたします。

料金:

●ハーブティー、アーユルヴェーダ体験談、プログラム説明と相談会は 無料!!

●セルフケア実演 2000円 (クミコさんの計らいで、特別奉仕価格ですよ)

●希望者のみ アーユルヴェーダオイル700円(約2回分)

お申し込み方法はこちら:

https://www.padminayurveda.com/contact/

募集人数:

4名様まで

人と人との心が通い合ったときに 何か心の潤いを感じます。

 

素晴らしい 良き出会い 繋がりを 大事にしたいと常々思います。

 

例えば、何かの出来事、きっかけがあり 

生まれ変わったように、思考や人生の方向が変わるとしたら

それは偶然のことではなく

無意識のうちに 本当は自ら気づいていたことだったりして

何となく 気が向くままに 足を踏み入れてしまった後に

その出来事を本当はとっても求めていた事だった?と

その結果や行動後に ハッと気づく時ってありませんか?

そのあとは

必ず新たな再生とも言える 新しい何かがやって来るのです。 

きっとそれを待っているかのように、物事は良い方向に進みます。

成し遂げる 行 とは いったい 何なのだろうか?

初めの内は ヨチヨチ歩きかもしれない

途中で 足が止まることもあるかもしれない。

初心を振り返り

本当にやりたい事は何かをじっくり 自分を観察する必要がある事も

人それぞれ。

何かスッキリしない 心に曇りがあったりしても 

縛られる言葉や 周りの反応に左右される事があっても

最後は

ひたすら、価値判断を捨て 心の断捨離のために 

ゆっくりゆっくり 目的に向かい、歩き続ける(前進する)事

を努力する。

 


過去の出来事にとらわれず

心配事を減らし、夢中になることを自分で探し求める事は 

楽しく学べ 個性を伸ばすコツでもあります。 

そのきっかけのお手伝いができたら 

私は最高に嬉しい限りです。

人間一人一人違いがあるように

生まれてくるのも原因と結果の基に 私達は存在します。

原因と結果の螺旋状の上で

私たちは あーでもない こうでもない

悩みながらも 

人生を選択しながら

歩いています。

 

でも挑戦を惜しまないで

その行為をしてみますと(結果を気にせず)

いつの間にか 総合的観点から 
自身が本当は何がやりたかったのかが見えて来ます。

常に 体の細胞が 一刻一刻変化する様に

状況も体も心も変化の連続です。

 

終わりがないのと同じで

それは果てしない 行 かもしれません。

何かを達成させる事は 実は、それは 終わりでもありません。 

長い竹の一節を登る様に

太陽が窓を暖かく垂らしてくれる様に

一つの目的達成は

心も清々しくなるものです。

また 

今から の

ここからのスタートは

以前にも増して 
益々 目標が高くなり

積み重ねた努力が 

必ず何らかの形で良い影響を及ぼします。

耐え忍ぶ(タパス)行為

苦行と言わずとも 

それを乗り越えるための耐える行は 

芯が太い 心の強化にも繋がりますね。

細い一本の枝よりも 5本の枝の方が折れずらい のと同じように

仲間がいて、助け合いと実践の力は大きい のと同じです。

仲間が集まって互いの共有は

また 有意義な素晴らしい時間と学びになります。

  

様々な状況の中の 私 という存在 を

アーユルヴェーダの総合的な勉強から学ぶ事が沢山あります。

私のオリジナル性というものが浮き上がってくる様に

自らの個性が輝くものです。

例えば あの様な有名人に憧れてあんな風に私はなりたい。

物質的に豊かになりたい、大金持ちになりたいとか、、、、

我欲だけが先行する様な心を持ってしまうと 内なる本質 に向き合うことや 純粋に好きなことをやりたいと言う気持ちが見えなくなってしまいがちです。 

先にそういった想いが強ければ強いほど、かなりシンドイ人生です。

<


また 良き社会で なくてはならない道徳
そして社会秩序 に関しても
再認識が必要ですよね。

礼儀正しさ、人間の在り方としての正しい振る舞い

心のこもった挨拶や 誠実な態度や行動 

暴力、嘘やごまかし 盗みをしない 等 社会的秩序を守る 

適正な知識を学ぶ事 客観的な観点を眺める姿勢

そういった人間的な土台が出来 

自分や人からの信頼性と愛情を積み上げているお方は

必ずといって、自分に良い影響が結果として返って来ますし、

例え 波乱万丈な人生だったとしても

その人は 結果的に 清らかで幸せな人生になると思います。

私達は その様な社会システムと幸福を願って 発信していきたいと思います。

この様に 似た様な考えをお持ちで 

共にアーユルヴェーダに関わっていたい等 

個性を伸ばしたい方達との繋がりを 求めています。

PADMIN と深く関わっていただける方々、私に興味を持って下さる方に 是非来ていただき

アーユルヴェーダトークを一緒にさせていただけたら楽しいだろうなという想いから

このプランが起動し始めました。

今回も 相変わらず、突然 差し迫った告知です。(あしからず)

私の帰国が決まった時点で 場所の提供をいただきました。

というのも 

10年ぐらいおつきあいしていただいてます

アーユルヴェーダセラピスト等ご活躍されていらっしゃる

親愛なる久美子さんの アーユルヴェーダセラピールームのルミエールの場所をお借りすることになりました。

久美子さんとは 2009年にインドの病院で在学中 出会って以来、 

同じ業界で働く仲間でもあり

いつも情報交換やスピリチュラルなお話など 楽しくお付き合いさせていただいてる方です。

ジョーティッシュ星占い紹介や アーユルヴェーダ商品の特別注文など 

色々な方面で 以前から彼女から沢山お世話になっております。

お互い信頼できるお仲間同士の心地よさといったら、、、

まるで暖かい温泉に入っている気分です(笑)

本当に素晴らしい方の 素敵な場所で プランが立てられる私は幸せ者です!!

感謝しかありません。

何年振りでしょうか? 関西での私のアーユルヴェーダ講座。。。

いつも日本は 各地方や地方都市でしたからね。

今回は屋久島とインドに行く前の 久々の関東編です!!

是非是非 私に会いに来てください!♡

個々の 今までに積み重ねた お勉強やお仕事、生活の上で悩みがあれば、是非ご相談ください。

個々の体質についてなど 時間が許す限り お話ができると良いですね。


om

shanti shanti shantih

PADMIN インドの病院でリトリート2週間 

2019年2月〜2月末 募集中 ! 1月は締め切り

アーユルヴェーダスタディプログラム 

2018年 2019年 随時生徒募集中

インドのアーユルヴェーダ臨床医の元で学べるチャンス!(毎年2月にケララツアー)

※以前受講された生徒様は特典あり ご相談ください。

屋久島リトリート/11月末 二泊三日 アーユルヴェーダ&ヨガライフの旅 募集中です。

JUGEMテーマ:アーユルヴェーダ

| Ayurveda & Yoga Class | 08:45 | comments(0) | - | pookmark |
屋久島アーユルヴェーダ&ヨーガリトリート2018年11月末

こんにちは ❤  KAYOKO THOMASです。

屋久島の自然を満喫し、癒され 学び もありの 

とってもアットホームな雰囲気にしたいので
二泊三日のリトリートを 少人数で開こうと思います。

今回は 

アーユルヴェーダ ヨーガライフを 私と一緒に実生活の様に過ごそうという屋久島リトリート!





”神秘の島 屋久島 で
アーユルヴェーダ ヨーガライフの暮らしの旅”のテーマにします。



募集人数は2名様のみの少人数限定版

お天気が良ければ朝のお散歩と瞑想や ヨーガをして 皆んなで一緒にスパイスを取り入れた アーユルヴェーダ料理を作ったり、

時間の余裕があれば、お弁当も作って

森へハイキングへ出かけたり、ビーチに出かけたり

アーユルヴェーダ全身マッサージ(アヴィヤンガ)も 70分程 お一人ずつ受けることができます。

セラピストはもちろん私です〜!

夜は温泉に行ったり、外食もしたり、

初級アーユルヴェーダのお勉強もしたり、その時のお天気次第でアクティビティも自由自在に変えられる様、フレキシブルなプランにしたいと思います。 絶対これをやらないといけないというのではなく





日常の忙しさから抜け出し、交流の楽しさや、大自然と共に過ごす。そして

自己と向き合うため 内なる自分を客観視できる、静寂なひとときを自然の中で体験しましょう。

学びあり 癒しあり、楽あり、美あり!





”今を楽しむ 暮らしのアーユルヴェーダ と ヨーガ の旅 屋久島編”

ていうのはどうかしら?是非お申し込みをお待ちしております!!

☆PADMIN ayurveda & yoga の特典もございます。


 わたくしのアーユルヴェーダ講座を学ばれている生徒様は、

 PADMINのスタディープログラムの特典をいつでも得られることができます。





<募集要項>

募集人数 2名様限定

開催期間 2018年 11月23日(金)〜 25日(日)

     二泊三日

集合時間 11/23 1:30 〜 2:00pm 空港か港で待ち合わせ

解散時間 11/25 2:30 pm ごろ

リトリート料金 65,000縁

◎スケジュールプラン  

1日目 集合後 天気が良い時は そのまま ツアーに行き、

    夕方早めに戻ります。

    お一人目のマッサージ や 自由時間

    温泉

    夕食を一緒に作り 食べる

    自由時間

     

二日目 6時半ごろ散歩

     瞑想

     ヨーガ(1.5h)

     軽食をみんなで作って食べる。

     お弁当作り(時間があれば)

     森へハイキングか海岸の方へ(天気次第)

     外で夕食

     お二人目のマッサージ や自由時間

    

三日目 朝の散歩と瞑想

    ヨーガ(1h)

    軽食をみんなで作って食べる。

    アーユルヴェーダ講座 (2h〜2.5h)

    (解散まで時間があれば 温泉か近くのツアー)

    外で ランチ

         

※ その時のお天気次第でプランと予定時間は随時変更になります。   








●料金ない様に含まれる内容

ヨーガクラス2クラス(シヴァーナンダヨーガ/ハタヨーガ)

アーユルヴェーダ1クラス(初級内容)とテキスト代

ツアー

宿代 www.oceanviewyakushima.com

入山料金

家で摂る飲食代 

車/車両保険/ガソリン代

アーユルヴェーダマッサージ

アーユルヴェーダ薬用オイル

送迎

●料金に含まれない内容

自宅から屋久島までの交通費

外で食べる飲食代

温泉代 (一箇所 100-300円 ぐらい)

※各自 怪我や病気などは自己責任として同意をお願いします。

国民保険などのコピーは必ずお持ちください。

お申し込みはこちらのページから→ https://www.padminayurveda.com/contact/

(お申し込み後

手続きのための詳細をemailでお送りいたします。)

ご予約 お待ちしております!!





mーーm 過去の参加者の感想

○Mさん

はじめての事ばかりで不安もありましたが楽しい4日間でした。 かよさんのご飯本当に美味しくって沢山食べちゃいました! はじめての物ばかりでしたが最高でした。 凄くいいことばかりで、刺激的な日々を過ごす事が出来ました。 この4日間で得た事を日々の生活にも取り入れていきたいと思います。 本当にありがとうございました。


OM Shanti




[ JAC フライトの割引があるようです]




スカイマーク 羽田発
ジェットスター成田発
も鹿児島 まで安いフライトがございます。

| Ayurveda & Yoga Class | 16:36 | comments(0) | - | pookmark |
水に関わる新たな真相が VEDAの知識と重なるのはなぜか?

 

ナマステ〜

KAYOKO THOMASです。

 

ちょっと 目に視えない 自然科学の話の一部ですが、

私が気になってたことを お話ししたいとずっと思っていたんです。

 

世の中 私の様に アーユルヴェーダ(ヨーガも)についてを説明する人が沢山います。

ヨーガやアーユルヴェーダ関係者の中で 表現が違ったり 当たり前なんですが、

ましては 言葉を文にする事 説明不足 または サンスクリット語→英語→日本語という順序での翻訳された書もきっと正しく伝わってない事もあり得るでしょう。特にアジアの文化を理解していない西洋人が解釈してサンスクリット語やヴェーダの教えを英語で翻訳して、それを日本語に翻訳した書は、私はあまり読みたくありません。

 

私も色々と 同じ項目でも書物が違うと アーユルヴェーダの伝わり方がどうも違う言い方だったり変化してるのかなと

思ったりもします。(きっと混乱する人も多いのではと思います)

様々なドクターに同じ質問をしたり、何冊も同じテーマを違う観点から読まないとならない事もあったり、、、

そうでもしないと

細かい部分で結構勘違いしたりするものです。

そうやって ドクターの言葉を聞いたり読んだりしながら 確認し、長年自分なりに落とし込んできました。

 

このご時世の中で、 ずっと不思議に思う点がありました。

あるアーユルヴェーダ関係者では ピッタ体質の五大元素は火であるというが

一方では ピッタ体質を火と水だ と書かれている書物もあります。

まー、どちらでもいいじゃないか といえばそうなんですが、

私は ピッタ体質は 火と水だと 伝えてきました。(この水というのは水溶性の水のことを示しているのでは無いということです)

元素である水素や酸素がないと火は発生しないからだと確信していますが(縁の下の力持ち?)

 

現に酸素がなければ火は発生できません。

 

また違う観点ですが、簡単に火を燃え立たせるものはなんでしょうか?

良くいうじゃないですか、、、火に油をさす様なもんだと(笑)

怒りもそうなんですが、、、 

油は(水溶性)で 油でなくても 火は繁吹を入れると激しくパチパチします。そして天ぷら油の油が高音になりすぎたら、火が付き 一滴の水が入るともっと大きな火になってしまいます。

それだけ、水と火の関係はとても大きな関わりがあるのです。

 

 

そうだろうなと思っていた事がこのvideoで腑に落ち、やっぱり古代の知識はすごいな、、、もうヴェーダで立証されてるのに 

いまだに 現代科学は その事についてを あまり論じてないのかと思いましたが。 

 

太陽系の地球、地球は太陽から生まれました。という説があります。

太陽にも水素の原子があるという説には仰天しました。

アーユルヴェーダのこの太陽の様なピッタ(アグニ)のことではないかとピン思いました。

古代では

太陽神が最高神と言われるのですが 

このvideoで説明している様な話が 古代の智慧と重なるのです。

 

アーユルヴェーダの五大元素とは

空 風 火 水 地 

 

下のvideoは

主に水についてを 説明しているのですが、水に関わる他の要素も同時に調和して関係性がある事もわかります。

 

筋肉も司るカパ(水地の元素)についてを考えるときに

筋肉は 水からできていると 研究発表した Dr Gerald Pollack 博士は やはり只者でないなと思います。

筋肉はタンパク質からできていると一般的に知られている説を 覆す真相を発表していますが、一般科学者には話題にもされていないそうです。

しかし、アーユルヴェーダでは すでに水 地の元素を持つカパは 筋肉も支配すると言われています。

目に見えない細胞組織の中にはほとんどの水分が筋肉という形になって存在しているということ。きっと地という縁の下の力持ちが存在しないと 筋肉という形にならないのであろうと 思うのです。

それはvideoを観れば、私のいってることを同感してくれる人が現れるかも!

水は 個体 ジェル(氷と水の間の状態)液体 気体 それぞれあり 

体内には この四層が様々にいたるところに 機能している様に思えてならないです。

 

このことはもっと深く掘り下げていって 元素についてを 私の授業でお伝えしたいと思います。

 

 

 

興味深いお話でしょう?

 

ニュートラルに検証するってことが

新しい発想になるのですが、実は

古代の知識へ近ずく様になっていく様に感じてならないのです。

 

 

エハンさんのお話は 本当に面白くて、ハッとさせられるのです。

未知なる 自然と宇宙についてのお勉強 楽しめますよ。

 

 

 

PADMIN インドの病院でリトリート2週間 

2019年2月〜2月末 募集中 ! 1月は締め切ります。

| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 12:01 | comments(0) | - | pookmark |
             
<< | 2/64PAGES | >>