ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< 初めてのヒンドゥー教の結婚式に出席しました。 | main | インドでパンチャカルマ体験/5週目のヴァスティ >>
インドでパンチャカルマ体験/4週目の終わり
明けましておめでとうございます!!

あーお雑煮が食べたーい!と思って冷蔵庫をあさったら、一個だけサトウの切り餅が見つかった!、でも 大根も里芋もないので、ちょうど昨日友達から煮た小豆を頂いたのを思い出して、ぜんざいを作る事に決定。友達とほんの少し、唯一正月らしき料理を楽しみました。

まーそんなわけで
正月らしい気分にならない ここインドで 浄化のためのパンチャカルマ治療を受け続けて4週間も経っている。時間はあっという間に過ぎて行く、、、

アーユルヴェーダってサンスクリット語だらけで、覚えても、言葉を使ってすぐ使わないからまた直ぐ忘れてしまうのだ。
だからいつも、何か本を読み続けている。
もう40も過ぎると記憶力が下がっているのを感じる、、、 
記憶力UPのブラミ、免疫力UPのトリフャラを飲んで記憶力に努めている。

ドクターが言っていたが、アーユルベーダ−医学の大学では、1年生からしっかり経典が読めるまでサンスクリット語を覚えなくてはならないらしい。


朝 ビーチでお散歩の時、ここのアーユルベーダリゾートの門の前でバッタリ会った男性スタッフさん。(名前が思い出せない、ごめんなさい)
とても愉快な方です。

さてさて
アーユルヴェーダ、サンスクリット語のまめ知識ですが、
シロダーラと言う言葉はアーユルヴェーダをご存知の方は何を示すか解ると思います。
汗をかく治療は全てスウェダカルマ(SWEDA KARMA)という。SWEDAはサンスクリット語で汗と言う意味だそうです。これからまた分類され、この治療のカテゴリーはDrava Swedaドラヴァスウェダ という発汗治療の一つになるようです。DRAVA=発汗と言う意味。

今回のシロダーラは本当にあっという間の治療でした。
治療中、気がついたら時間の感覚が解らなくなる程、メディテーションの気分で受けれました。
その後ホットシャワーを浴び
終えて帰ると、3時間位は 結構頭の中はボーッとするのでバイクの運転等はできません。
おとなしく本等読んで、リラックスするのが効果的だと思います。

この週までで殆どの発汗法を終えました。
今までのボーラスバックの治療も発汗法なのですが、これらのSWEDANAの効果は、組織や消化管に溜った憎悪したドーシャをこの治療によって液化してくれるので、次の治療ヴァスティ(浣腸)で簡単に体外へ毒素が排出されるのです。
私の場合はピッタヴァータなので下剤法(ヴィレチャナ)とヴァスティの組み合わせで浄化させますが、カーフャ体質の人は嘔吐法(VAMANA ヴァマナ)とヴァスティ等、ピッタだけの人はヴィレチャナだけの人もいます。思いっきりヴァータ体質の人は浣腸法のヴァスティだけを最後に行う人も居ます。
ドクターの診断によりけりですが、一般的にはこのような選択で治療が行われるそうです。

来週から最後の治療に入ります。。。
ヴァスティー体験をお楽しみに〜


 バーナー
どちらかをクリックしてね♥









| アーユルヴェーダ パンチャカルマ | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
             
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://padmin-ananda.jugem.jp/trackback/81
トラックバック