ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< インドでパンチャカルマ体験/3週目に頭痛 | main | 南インド、ケララの武道カラリパヤットウ >>
インドでパンチャカルマ体験/4週目
今回のパンチャカルマでは 
最後のオイルトリートメントです。
シローダーラはアーユルヴェーダの中でも良く知られている治療で、頭、顔、首、肩周辺の神経系疾患に良く、初めての体験はカナダでのアーユルヴェーダの学校でしたが、
その時から ”最高のスピリチュラルトリートメント!!”と思いました。
このシロダーラトリートメントは凄いんです!!

オイルを額に垂らしている間、神経系器官はとても静かで落ち着きます。脳波は一貫してゆっくりと揺れ動きます。脳が静かな状態な時には体内エネルギー、様々な栄養素、酸素が自由に脳へ送られ、満ちていきます。その結果、脳機能は良くなり、気分が安定し、自らストレスを取り払う自己能力を向上させます。ストレス性疾患等に対しても、この施術をする事で、心の緊張を和らげ、心のバランスを取る事が出来る様になります。 シロダーラ治療が成功する時、むらのない穏やかで深く静寂な状態に落居る事ができ、心理的にも向上し、以前よりも自己の癒しを得る事が出来るようになります。一般的にこの治療は脳への血液循環が良くなり、記憶力も強化します。髪、頭皮にも栄養を与え、そして心と身体を落ち着かせ、安眠できるようになります。

いつも愉快なセラピストはこの日からとても静かになります。
素焼きのポットは真ん中に穴があいていて、施術前にココナッツの殻に付いた紐をその穴に通します。
そして始まる時に、温かいオイルをポットに入れて行くんです。

今回は1週間も続けて行います。
私のオイルはシーラバラとバラタディオイルをミックスしたものです。

まずはシーラバラオイルで椅子に座ってヘッドマッサージをしてもらい、
マッサ−ジテーブルへ移動します。

そしてまるで瞑想のときの様に静寂な一時をすごすのです。
温かいオイルが脳みそに浸透して行くのを感じながら....

時間の感覚はとても短く感じるのだけれど、実際は30分から40分程の時間、オイルが額へ流れ落ち続けています。

今回の場所は 海の波の音を聞きながら施術を受けていますが、慣れているせいか、ザブーンという波の音も 100%自然の音なので全く気にならないのが不思議な感じです。
人間が創りだす音はとても気になるのに、自然ってとても偉大だなーと気付きます。

今回のシロダーラは1回目のパンチャカルマのときよりも、大変充実しています。



 バーナー


| アーユルヴェーダ パンチャカルマ | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
             
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://padmin-ananda.jugem.jp/trackback/80
トラックバック