ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< インドでパンチャカルマ体験/2週目の後半 | main | インドでパンチャカルマ体験/3週目のナバラキリ治療 >>
インドでパンチャカルマ体験/3週目 下剤法に挑戦
 2週目のエラキリが終わった次の日
ドクターから”ナバラキリ治療の前に下剤を飲みましょう”と言われました。この治療は本処置の内の一つヴィレチャナと言います。英語ではPurgationともいいます。
下剤法はピッタ性疾患もしくはピッタと他のドーシャが一緒に組合わさって症状が出てきた場合に適応する浄化方法なのです。ヴィレチャナは腸だけのドーシャを排出するのではなく、胃で憎悪したドーシャも、大腸ー>直腸ー>と運ばれ 体から排出します。
  
薬用キャスターオイルを内服するか、ハーブの錠剤を内服するかどちらかを選んでくださいと前日に聞かれました。
”どっちが簡単に飲める?どちらも効き目は同じ?”と聞いた所、”効き目は同じだから、簡単な方の錠剤を渡すよ。”と言ってくれました。
薬用ギーのスネハパナでオイルを飲むのは飽きていたので、錠剤でホッとしました 
ドクターは”最後にするヴァスティー(浣腸法)の準備段階としてヴィレチャナをした方が君の場合は良いよ。あと2、3回するかもしれないよ。”というので下剤の体験のない私はとてもドキドキしました。
どんな位 お腹がキュルル〜と痛くなるんでしょう...と想像するだけで変な顔になります。そんな顔を見たドクターは私の表情を見て笑います。
そう...私のピッタ体質、結構お腹で憎悪している感じです。
 
ピッタ憎悪といえば、そうそう私のお肌もピッタヴァータのドーシャ憎悪の原因なんです。
1ヶ月前から手の甲の肌アレルギーが二箇所 治らなくて困っているのです。いつもアレルギー性肌で悩む事はなかったのに、カサカサしていて、午前中や寝る前に患部がかゆくなったり、赤くなったり毎日繰り返しています。
しかもピッタの時間になると痒いのです。身体が温かくなる時間と痒みは、決まってピッタの時間なんでしょうね。
とりあえず、自宅にあったアロエジェル、ニームオイルで試してみたけど、少しは良くなっても、根本から治らない感じです。身体の内側から毒素が溜ってるんでしょうね。
ドクターは”パンチャカルマが終わったら良くなるから大丈夫だよ”と軽く言います。
それでも私は何か試したくて、他のドクターにもここの経営者にも聞いてみました。
次なる物はエラディケーラムというオイルです。まずそれを手に入れて、+エラディパウダーに米汁を少し入れてペースト状にし、患部に塗ります。
エラディとはカルダモンというスパイスで、匂いもとっても気分を良くしてくれます。
さっそくこれを塗ると炎症した所が冷却されて、そのペーストが熱を取ってくれるのを感じます。
とても気持ちいいペーストじゃない!と感激です。
今後よくなる事を期待しています♥

さてさてヴィレチャナの話に戻りますが、、、、(食事を終わらせてから読んでね)
次の日の朝、朝食をとらずに7時頃にその錠剤を飲みました。
30分から45分後位にお腹が鳴りだして、いよいよトイレに行きたくなったので、1回目に挑戦しました。
1回目の出だしは普通でだんだん柔らかめのウンチが結構出ました。
2回目の時は、お腹の痛みもだんだん重くなってきて、手でマッサージしたくなる程にまでなるぐらいです。トイレに行くとかなり水っぽいのがドバーッと出ましたよ〜。
3回目はもう水の様な状態です。
じっくり観察です。
色はごぼうの灰汁のような感じ。これは腸の汚れた老廃物ではないかと考えます。身体にも灰汁があるとしたらこんな感じなんだろうな〜なんて勝手な憶測をしてみました。
これを写真に撮ってみては...とちょっと考えたが、記憶に留めておくのが一番だという結論に至りました。
この三回目のお腹の痛みは絶頂に来ていたと思います。痛みと共に勢いよく水も出てきます。この時コップ3杯分位の水分が出たので、その量にも驚きました。
最後は腸のガスと、泡上の水が出てきて、何となくスッキリしてきました。

それ以降すっかりお腹の痛みは出てこなくなり、それと共に消化も戻ってきて、2時間後にはすっかり食欲も回復です。この日は雑炊(カンニ)です。

3時間後にはすっかりお腹の具合も良く、
午後はDr.に会いに薬局へ向かいました。
状況を伝えると、ヴィレチャナは成功したみたいです。
気分が軽くて心もスッキリした感じ...自分でも浄化されてるのが解ります。

下半身を浄化する
ヴィレチャナの効能は.....
疲労感が無くなり、食欲増進、感覚器官の強化、老化現象を遅らせる、心の透明感、消化の火の強化 等

なるほど、納得です。
これらに当てはまっている様な気がします〜。

明日は一日お休みの日で、次の日からナバラキリと言う薬用のナバラライスのボーラスバッグ治療です〜

明日の休みは、手に入れたばかりのこの本を読んでみます。

写真もとても良さげな感じです。
ちなみにスパイシーフードはどの国の料理も大好きですが、その中でもタイ料理とインド料理が一番好きですねーー。

お腹がすいてきた


 バーナー
どちらかクリックしてね♥









| アーユルヴェーダ パンチャカルマ | 16:19 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
             
コメント
下剤法は私もとてもしたい方法の一つです!

もともと胃と腸が弱く、消化力が落ちているのも実感していますので、是非、受けてみたいですねぇ(^^;
| 内山 真月 | 2010/12/21 11:53 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://padmin-ananda.jugem.jp/trackback/76
トラックバック