ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< インドでパンチャカルマ体験/2週目 | main | インドでパンチャカルマ体験/3週目 下剤法に挑戦 >>
インドでパンチャカルマ体験/2週目の後半
 エラキリというボーラスバッグのマッサージはハーブのエキスがオイルと共に肌、組織に浸透して行く感じで、後半はジワジワと汗が出てきます。
エラキリマッサージは特に関節の痛み、関節炎、筋肉の痛みにとても効力を発揮します。
これは 健康な人にも免疫力、長寿、活力を高めるためにはとても適したマッサージとも言われています。

エラキリボーラスバックの中身は以下の物が入っているそうです。


Drumstick Leaf ドラムスティックの葉

Gigantic Swallow Wort Leaf  ジガンティックスワローウォ−トの葉

Tamarind Leaf タマリンドの葉


Castor Leaf エゴマ(キャスター)の葉


Garden Dill Leaf ガーデンリーフの葉





Lemon pieces レモン


Scrapped Coconut ココナッツの果肉


Neem Oil ニームオイル


いつもエラキリマッサージが終わると、セラピストさんが温浴(これも発汗法の一つ)の準備をしてくれます。セラピストさんが緑豆のパウダー(グリーングラムパウダー)をペーストにして身体中に石けん代わりに塗ります。そしてお湯で綺麗に洗い流すのです。体に浸透したハーバルオイルはしっとりと微妙に残ります。石けんだとオイルが全て取り除かれてしまい、せっかくのオイル効果が無くなってしまいます。グリーングラムパウダーはお肌の油分をしっかり残しつつ柔らかい質感でスクラブ洗浄してくれます。優しいタッチのこのペーストは私のお気に入りです。温浴から上がると、しっかり汗もかいて、すっきり感で満足です。  帰宅しても2時間位はジワジワと発汗が続きます。
薬用オイルの効果を感じます〜
その後、お昼寝なんかすると、気持ちいいですね〜。贅沢な一日です。
本当に体をゆっくり休める事が出来ます。


帰り道はロングビーチを散歩しまーす。


   バーナー
どちらかクリックしてね♥

| アーユルヴェーダ パンチャカルマ | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
             
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://padmin-ananda.jugem.jp/trackback/75
トラックバック