ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< インドでパンチャカルマ体験/1週目 | main | インドでパンチャカルマ体験/2週目 >>
インドでパンチャカルマ体験/1週目の最終日
 あーやっとスネハパナ(油剤服用)最後の日となる。
20mlから25mlに量を増やしたが、それ以上のギーは飲まなくていいと言われて、ちょっと嬉しくなった。
去年は初日25mlから50ml、75ml、100ml、125mlと25mlずつ毎日量が増していき、5日間毎朝辛い思いをしたので、今年もそれなのかと実はビクビクしていた。

今回のドクターの説明では、『毎日増やしていく方法の方が効果があるのは間違いないが、入院者に適用する量であって、自宅で独りでそれをすると、125ml 150ml以上を飲んだ後 気を失う人がいて危険な事があるので、君の場合自宅でスネハパナをするから、毎日20mlで行いましょう。』と言う事でした。
今回は薬用ギーの量が少ないけど、以前より2日間増え7日間と言う事です。
毎日のお粥、雑炊もかなり飽きてきた....今日はこの料理達ともお別れ!
早速夕方にお粥に副菜を少し付けてみた。
お粥に入れる豆はグリーンダル(緑豆)なら消化が一番いいと言われていたので、スネハパナ中の豆はこの種類だけでした。
これにココナッツミルクを入れて炊くと風味がマイルドになりとても美味しかったです。
グリーンパパイヤのトーレン、
ビーツ、ジャガイモ、カリフラワーとオクラのあっさりマサラカレー

おかずが在る食事は超久々〜

明日からエラキリというボーラスバッグを使ったオイルマッサージが始まりますー。
関節の痛み等にとても良い治療の様です。
今回は私の肩の怪我のトリートメントも兼ねています。


 バーナー
どちらかをクリックしてね♥

| アーユルヴェーダ パンチャカルマ | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
             
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://padmin-ananda.jugem.jp/trackback/73
トラックバック