ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< アーユルヴェーダ集中講座 基礎から学ぶ 5日間 講座 In 屋久島 | main | 屋久島のアーユルヴェーダ >>
スネーハパーナのSamyaka snigdha lakshaas

ナマステ〜^_^ KayokoThomasです。

前回のパンチャカルマ 初期の スネーハパーナについて記載しましたが
かなり奥深い物を感じ取っていただけたと思います。
(読んでない方はこちらを先にお読みください>>> コチラ



ちょっと専門的ですが サンスクリット語 で Samyaka snigdha lakshaas
というのがあります。


スネーハパーナが 適正に処置が行われた時のその症状について と言うことで
様々な症状が献文に記されてます。
アーユルヴェーダ医者は これをサインとして 必ず診断し確認していきます。

油剤の治療オイレーションとも言いますが
薬用ギーなどを服用後 
処置が上手く行けば

● 消化力が向上する。
●柔らかく油性な大便の排泄
●体が熟されてくる。
●スムースでスベスベとした質感になる
●油を見ると嫌気がさす様になる
●体が軽くなる。
●体の柔軟性
●肌の柔らかさが増す
●ギーの匂いの臭いゲップが出る
●疲労感がある


以上
私の場合も最終日は こんな感じでしたー!

一応 第一段階は 成功ですね。笑



いまだに
これ見るだけで
今もウエーっとなるゥ




油剤が終わった次の日は、
ヴィレーチャナ 下剤の薬を渡されました。 
「今日の夜 寝る前に飲んでね」と言われたのは 50gはありそうな 粉の薬でした。


つづく


Om Shanti

www.padminayurveda.com
●ケララでAyurveda ホスピタルのパンチャカルマ に参加出来る 2021年1月募集中(日本人による滞在サポートが可能)
● オンライン アーユルヴェーダ基礎講座 2020年5月から随時募集中 
今なら スケジュールは相談可
これを修了出来た方は
次の来年の2月以降にインドの病院でセラピスト実践勉強のステップが参加可能になります。
| アーユルヴェーダ パンチャカルマ | 21:22 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする