ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< インドのおじぎ草 (mimosa pudica) | main | アーユルヴェーダ集中講座 基礎から学ぶ 5日間 講座 In 屋久島 >>
8年ぶりのパンチャカルマ 1
ナマステ〜^_^



今年も インド ケララ州 カヌール(カンヌール)に来ています。
今年で 11年以上も 毎年訪れる街
ここは アーユルヴェーダを一昔、学んだ場所 夫と知り合った場所でもあり 私達の 第二の故郷 と言っても過言ではありません。

きっと前世で深く繋がりがあるのでは と思うほどです。


9年前と11年前に受けた パンチャカルマ の記事も あるので 良かったら 読んでみてください。


当時の日本は アーユルヴェーダやパンチャカルマの記事の情報があまりなかったので、きっと アーユルヴェーダを長年学んでる皆さんは 密かに?私の事を ご存知だと思います。



そう パンチャカルマ 
人生で三度目を体験しています。



パンチャとは5つ
カルマとは行為
という意味で
これらの行為を療法と訳しています。


さてさて 
今年で54歳になり、更年期後半にさしかかっております。
歳を重ねていくと思うことは
体の変化 パンチャカルマ中の体のリアクションが全然違う!


このパンチャカルマというトリートメントの機会を得て、以前行った40代 と今の50代 の違いを感じざるおえない状況です。

更年期という人生の節目ということもあるし、体型的にも 精神 心理的にも 向き合う良い時期でした。
物質的な体は 自然に老いていく、この宇宙の法則(カルマ)には 勝てません。


少なくても、人生の半分以上は過ぎているわけだし 体という衣は古くなるのは当たり前。どこがすり減ってきているか メンテナンスしながら体調の調整をする事が大事。
老化防止 病気予防に重きをおいている アーユルヴェーダの智慧は 本当に素晴らしいと思います。

噛めば噛むほど味が出てくるのと一緒で
学べば学ぶほど 途切れなく湧き出てくる泉の様な気づきが現れてきて、その度に自然の理にかなってる その智慧に いつもいつも 感動を覚えます。

今回は 約三週間のパンチャカルマの予定で組みましたが、気がついたら 四週間近くの メニューとなりました。

パンチャカルマを始める前に 内服薬で体内の浄化を促す投与を約5日間 飲み続けた後

前処置として
スネーハパーナ(薬用ギー)の服用が、始まりました。

それは 人によって消化管の固さが異なったり 体質の違いもあることや、症状や病により
量や服用日数は全く違います。




薬用ギーの香りと味もそれぞれ種類によって違います。
勿論 体質と症状によって 個々に薬は違います。

私の場合
腎臓に3mm程度の結石があり
それを無くしたいのと
更年期後に現れた 子供時代の古傷 (背骨の骨折部分)からくるであろう腰痛の悩み と 若返り療法が 主流 のトリートメントを希望しました。


まずは
五日間の油剤服用
三種類の薬用ギーを混合させ
60mlから スタートです。

そのギーの中で 骨の浄化を担う ググルティクタカ グリタム は私の一番苦手とする匂いと味がして
前回のパンチャカルマの時は、それが一種類でキツかった思い出があり アーユルヴェーダドクターに それだけは勘弁して!と訴えまして(ワガママになっちゃいました(°▽°)
三種で混ぜてくれて、何とか 飲みやすくマシになりました。 (でもググルティクタカは私には必要だとかで3分の1が含まれています^_^)

匂いがマシになったと言っても、4日目 5日目になると 徐々に量は増えていき 最後の日は120mlの量に達するので 
とにかくこの量は 半端なく多く どんな匂いでも 飲むのに辛く感じます。


15年前に 整形外科医に言われた通り
「50過ぎたら 骨組織が減少する事で腰痛が出てくるから気をつけなさい。」と言われたのを 思い出し

やっぱり タイムリーだなぁ
と思い ドクタープラパンチに 相談したのが
きっかけでした。

また 
去年は 60代の方々がパンチャカルマを受けていただき とても満足して帰られて行き、とっても効果が大きかった事が 私にとって大きな刺激を受けましたし
何よりも
信頼するアーユルヴェーダDr.MDプラパンチ 先生のもとで 病院で施術が受けれる。
また今年は、セラピスト達もバランスが整っておりレベルも高い! そして
友人が 今回 病院でパンチャカルマを受けに来てくれているので
一緒に同じ屋根の下 おしゃべりも出来る 環境だということも含め 
受けるにはとっても最適だと 幸運にも感じています。


友人は 慢性的喘息で何度も呼吸困難に陥り、死にそうになった経験から 思い切って “自分で治す!”という 意気込みで 私の紹介する病院へ パンチャカルマ を受けに 日本から来てくれました。
また 彼女の感想も今後紹介したいと思います。


パンチャカルマの始めは
カウンセリング後に決めるメニューに沿って行われますが、
始めは必ず
前処置と言って 油剤法の内服 プラス油剤による発汗法も 行います。

これは
前回のパンチャカルマの記事にもお伝えしてるように
アーマ(毒の素になる未消化物と言われる内臓器官にへばりつく腐ったヘドロみたいな物) を取り除き 病気のエリアの周りの器官にあるアーマの詰まりを解消させ、その汚い物をお腹(消化器官)に集める作業をします。

また 細胞組織の隅々まで、薬の栄養が届きます。
ギーは内側を柔軟にさせ
器官内の汚れた物を剥がれやすくする為に 更に発汗法を用いながら、へばりついた物を液状化させ排出の準備をさせる役目があるので 
両方を同時にする事でそれぞれ協力しあって効果を引き出す役目があるのです。

本処置(5つの療法を体質や症状ごとに選ぶ)で、既に液状化された上にお腹にかき集められた不必要な汚染物アーマと乱れたドーシャ(病の根源の毒部分)を 一気に体外へ洗い流す事をする為に 
これらの前処置は、必要な処置過程が沢山あります。

患者が本処置に突入できるかどうかを精密に準備と診断をしながら 注意深く処置を行わなければなりません。

これは 本当に簡単な事ではない事だと体験してやっと分かるのです。

この様にとても大事なプロセスを 行わないと行けないのがパンチャカルマです。


[本処置とは?
ナスヤ(経鼻法)、ヴィレーチャナ(下剤法)、ヴァマナ(嘔吐法)、ラクタモークシャ(瀉血法)、ヴァスティ(浣腸法) を個人体質 症状に合わせて 行われる5つの療法で この時、消化力が上がって来ているかを必ず確認します。
この中で何をするのかを体質と症状や病によって適切に決定されます。 

消化力が復活できない時は 次の過程に進めません。]



油剤内服についてへ戻りますが
ギーの特質は他のオイルと比べると、重くて サラサラしていないので
必ず温めて 熱めのお湯と交互に、また一緒に飲み干す事を 
朝日がのぼる頃に行います。
その後 脈診 血圧なども測ります。


初日は60mlの量しかないので
簡単に飲めますが
日に日に量が増えていきます。
3日目ぐらいから 飲んだ後 お腹の中は かなり重くなっていきます。
油を飲むんですから なかなか消化が遅いので 夕方になっても食欲はなかったです。

南インドの昼間はどんどん暑くなって来る時期でもあり 日中はやっぱり室内も暑い!

スネーハパーナの前半期
頭痛が出てきたので

スナナチュールナムという薬用パウダーとレモンをペーストにして、おでこに塗ってもらったりしました。
1時間ぐらいして、気がついたら頭痛も解消しておりました。 

これも内側の細胞が訴えているサインって感じでしょうか?
どんな痛みも受け入れ 心の準備ができるのが、病院滞在の良いところ。
イエローカードを出せば すぐ処置もしてくれるという 安心感がありました。



これは最後の日の量

もう
うえっとして 飲みながらギーの匂いのゲップが出て 嫌気がして来ます。
そう言う事を感じる事も何と!適正に 順調に前処置が進んでいる証なんだそうです。


しかし
私のスネーハパーナの最後の日、最後の飲み込みが上手くいかなくて、 ちょっとだけ 手のひらで吐いてしまいました。

ドクターは大丈夫!と言ってくれたけど
日本人気質で完璧を求めすぎるが故に
あー失敗だーと落ち込みました。


また 心も体も重いので横になりたくなるほど 疲労感と眠気に襲われます。

少し吐いてしまった事も
後々になれば
それも心身が受け付けない 何かのサインだという様に 
私自身の心理パターンをも内部観察できる良い機会だと思うようになりました。

どんなリアクションも
そこに感情が含まれた意識 行為 なら過去生や 育った環境で思い込みや価値判断を通して蓄積してきた物が、反応として 同じ心理パターンを使い それぞれの現状の中で表面的に現れます。
それをじっくり
手のひらに映すように 勇気を持ってネガティブもポジティブも価値判断なく両方見ようという意識が芽生えれば 心のデトックスにも繋がるでしょう。

この療法中にも 自分に向き合う事が出来るのが 
またパンチャカルマの良い所だなと感じます。


また そういう物が出てきても
気づかない、感じない人もいます。

後になってから 気付いたりするケースがあったり
人によって 色んなリアクションとして好転反応が違う状況で現れます。

私の場合
3回目にして
初めて経験した事がありました。

スネーハパーナ中
3日目には
背中胸 あたりの 深い 痛み  
そして 次の日には
その痛みは、腰周辺に降りて行った事。

これらの変化について 
不思議な気分でした。


内側で何か起こっているぞーと感じていたのですが、
勿論 身体が浄化と再生を求めてる事と共に
今まで汚れで慣れていた私の細胞君達が 心身の汚れの執着から離れようとしたくない でも離れたい という両側での大ケンカ? 内なる善と悪のにらめっこ!
みたいな それらの抵抗力を感じずにはいられませんでした。

まさにこれが浄化のプロセスで起こる しつこい執着との戦いです。


その抵抗力は痛みとして現れてる事、また特に胸周辺 心臓は心と繋がっている内臓器官なので
その痛みは 昔 自身を傷つけた?または傷ついた出来事を感情として出さないように仕向けていた事や 奥底に抑えて棚にしまってあった物が 鍵が開いて浮上したかのように 色々な我慢してた事が出てきました。

そんな時 友人達がいた事は 本当に心強く大変ありがたく感じた物でした。

これもあれも 心理パターンを見つめて
今後どうあるべきなのかを 良く考えさせてもらえたので 大変良い機会に恵まれました。

精神的向上また 心の強化にも パンチャカルマは 役立つと確信しています。
私のケースでしか言えませんが
スネハパーナで 感じたことは
精神的要素のデトックスが生まれている状態も現れてくるんだなーと
良く実感した事です。


心^_^体^_^霊性 の三位一体で繋がりバランスさせるのがアーユルヴェーダ 
パンチャカルマ、、、恐るべしというのか
今まで自分が見て見ぬ振りをしてきた自分の色んな箇所に直面させられ
見せつけられ、気づいた事を素直に認める様な 心理的なものまでが浮上してくるので それが解消する事で 治癒にも繋がるし 
精神的に影響する体の痛みまで取り除いてくれます。


スネハパーナ中は
身体を温めて 発汗させて 体内のアーマ(未消化物/毒素)を液状化と動き易くなった所に お腹エリアに集めるという目的 で 
さらに 薬用オイルのアヴィヤンガ (全身マッサージ) や 箱に入ってサウナ 蒸気 などで で 体内外の発汗を促します。
例えとして
体内 体外が オイルに使った木の枝の様に 柔軟な状態に 仕込まれて行くのです。
普段 簡単に折れる枝が オイルに浸かって暖かく湿っていて
如何様にも柔軟に曲がる 様子を想像してください。この例から 
人間にも同じように当てはまるということです。



また スネハパーナ中の病院のご飯はお粥です。
カンニ と言って
ケララには#brokenrice という お粥様の砕いた薄い茶の米が売っています。

これをいただくのですが
5日目は 体量の薬用ギーがなかなか消化しきれず
お粥さえも 食べたくない気分になります。
お腹が空いたら食べるようにと言われていたので、
4日目 5日目は 夜に少量のお粥だけを頂いてました。

終盤は 飽きて来て
もうしばらくお粥は良いかなーと思うほど にもなります。
晴れて この油剤期間が終了の時に
体重計を測ったら
一気に2キロ痩せていましたよ。


でも2、3日で1キロは戻っていました。

^_^

体重だけではなく
心も体も 
柔らかく軽くなって来たと
思えてくる時期でもあります。

本処置が 楽しみになって来ました。



アーユルヴェーダドクターから注意点を言われましたので
これも豆知識としてお伝えします。
スネーハパーナ中は アーサナもしては行けないと 言われました。

私は 腰が痛かったので
ベッドの上で ちょっとストレッチ程度
にしておきました。

パンチャカルマ中は昼寝はしたくても起きていなければなりません。

施術中も終わった後もです。

しかし 発汗法は 体力消耗するので
眠たくなってしまうのが普通です。
入院中は 日中の光を浴びないよう外出をなるべく避ける という事も大事で
それは もう 室内でおとなしくするにあたって 眠気との戦いの日々もあります。


このお話だけでも理解できる方へ
一週間のパンチャカルマ なんて 絶対あり得ないと思うはずです。

>>>次回も続く>>>>
Om Shanti

www.padminayurveda.com
●ケララでAyurveda ホスピタルのパンチャカルマ に参加出来る 2021年1月募集中(日本人による滞在サポートが可能)
● オンライン アーユルヴェーダ基礎講座 2020年5月から随時募集中 
今なら スケジュールは相談可
これを修了出来た方は
次の来年の2月以降にインドの病院でセラピスト実践勉強のステップが参加可能になります。
| アーユルヴェーダ パンチャカルマ | 10:01 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする