ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< パンチャカルマの豆知識をお伝えします | main | 8年ぶりのパンチャカルマ 1 >>
インドのおじぎ草 (mimosa pudica)


ナマステ〜
アーユルヴェーダ/ヨーガ 講師のKayoko Thomasです。


ケララ カヌール 今年で 11年以上毎年の様にきているんですが、
来るたびに 色んな発見や 新しい出来事、 ずーっと前から投稿できてないこと は 常にあります。

最近は ブログに夢中になれないので
本当に 限られた事しかお伝えできてないのが 現状です。


薬草については

アメリカでも日本でも 住む所によって
色々ご紹介しておりますが
今日は
ケララにも 東南アジアにも日本にも ある 
おじぎ草です。

mimosa pudica

そう 葉っぱを触ったら 
お辞儀のように 葉っぱ全体が閉じてしまう 薬草です。
私は 幼少期1960代から70年代の頃 京都と東京と福岡に暮らしていました。
この頃は本当に何処でも空き地や田んぼが何処にもあって 舗装のない道路も良く見かけ 路地の隅にでも良くこの葉っぱを見かけたものです。
触ってはよく遊んだ記憶があります。


今日 お散歩中に見かけたので
早速 触って楽しみました。

昔 シッダー医学のドクターと一緒に薬草の話をしながら 歩いた事を思い出して 
あーそういえば
鬱や偏頭痛にも効くって言ってたなぁ

とパシャリと写真を撮っておきました。

とても薬効の幅が広く
そこら辺に自生しているのに ここ現地でも皆んなに忘れられたハーブ なのです。

日本でも そう言う薬草が沢山あるよね。

この葉っぱをペーストにすれば
傷も止血して傷の治りも早くするし
痒み止めにも良いとか 
抗菌 抗炎症 抗鬱 寄生虫予防
坐骨神経痛 浄血 下痢止め 不眠症
などに良いのだそうです。

明日 また 採取して 煎じようかなーと考えてます。

また ケララの薬草について 投稿しますネ!

Om shanti


| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 16:54 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする