ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< インドE-Visa の最新情報 | main | ネパールの旅 グルメ編 (1) 2019 >>
カヌール空港 がオープンし 利用しました


今回
ネパールへ行くことになり
カヌール〜バンガロール〜カトマンドゥ
というルートで
初めてカヌール(カンヌール)国際空港
を利用しました。


空港まで市内から 早朝だから 渋滞はなくスイスイと45分で着き
途中のHWも道が広く 道路が凄く綺麗なのに驚き!
ケララ州はどの州よりも道路舗装状態が悪くって 大変ですが 空港周辺はさすがに
ブランドニューでしたので
快適!!!

早朝 4:30に着き
手続き開始

特にセーフティチェックは 不慣れな感じで 念入りに厳しくチェックされ
時間がかかったのが いやだったけれど
無事スルーして
6時には ゲート前のカフェで軽い朝食を済ませ ほぼ満席の大きな飛行機に乗りました。

とにかく広くてピカピカの空港

今後
有り難く利用させてもらうつもりです。

10年前
空港ができるよ
と計画のニュースを知って

やっと出来た新しい国際空港。

さすが
インドですね。計画から10年もかかるんですよ。日本ならあり得ないかも^_^





ケララ州カヌールのアーユルヴェーダ病院で スタディツアーがあり 日本語オンライン授業と 合わせて しっかりと本格的なお勉強ができるプログラムがございます。↓ https://www.padminayurveda.com/study-program/


| インド滞在記 | 23:39 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする