ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< 熱海で 春のアーユルヴェーダ &ヨーガ の講座 申込受付中 | main | ニンニクの皮まで使う家庭の知恵 >>
カヌールのパラマハンサヨーガナンダの小さなアシュラム





ケララ州 カヌールでの日曜日の朝
前から気になっていた近くのアシュラム に 立ち寄ってみようと 思っていたら
オープンしてるかなぁと
吸い込まれる様に そこに向かっている自分に気がつき
いつもと違うルートでスクーターで走ると
きっと開いてるさ と イメージしながら行ってみることにした。
すると
関係者が私が着いたと同時に 話しかけてくれた。
中に入っても良いよ と許可を受けて
入り口にサインをして
入室してみると、 もう15人ぐらいの人が 軽いヨーガをしていた。
全員もちろんインド人
クルタ 、サリーや 普段着で #ヨガ をしている。
昔 地元のヨガクラスに通った事があるが
全く同じ光景を目にし
なんかホッとする感じ。

女性は肌を露出しないのが基本。
軽い準備体操 の後 マラヤラム語で 聖典 の一説を読み上げ
ハーモニウム を奏で
チャンティング
そして瞑想
なんとも心地よい空間
また来たいと思った。

帰り際に マネージャーさんに パラマハンサヨガナンダ のソサエティーをすすめられ (当たり前だが)
本を読んだか?
と聞かれました。
でも
私は本を持っているけど
読み終わってないと言う。
だから読むことにする。
これもご縁なのだな〜〜(o^^o)
英語も観なくっちゃ!












ケララ州カヌールのアーユルヴェーダ病院で スタディツアーがあり 日本語オンライン授業と 合わせて しっかりと本格的なお勉強ができるプログラムがございます。↓ https://www.padminayurveda.com/study-program/


| yoga ヨーガ | 23:14 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする