ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< バナナの葉がお皿代わりの南インド | main | 熱海で 春のアーユルヴェーダ &ヨーガ の講座 申込受付中 >>
ギーとバナナ粉と蕎麦粉を使った手作りクッキー

グリーンバナナパウダーはアーユルヴェーダでも 注目です。
先日初めて 買ったので
焼き菓子に使ってみました。

カパにはグリーンバナナの様な 余り熟していないものをいただく方が良く
血糖値が高い人は 熟してないバナナを摂るように心がけましょう。
ヴァータ体質は 熟したバナナを食べた方が良いと言われます。

実はこの粉
南インドでは 赤ちゃんの離乳食にお湯で溶かして 食べさせる と言う習慣があります。

来月 パドミンショップでも取り扱いますので お楽しみに!





友人の持っているオーブンを借りて
とっても久しぶりにクッキーを作りました。

サクサク度合いにする
感覚は まだボケていませんでした。
感覚の記憶を頼りに 目分量でやってみました。 意外と思ったよりネットリしていないバナナパウダー でした。
バターの代わりに
贅沢にギーを
小麦 蕎麦 バナナパウダー ジャガリー(黒糖) 崩したカシューナッツ にたっぷり入れ
良く手で混ぜ合わせます。

ちょうど良い硬さ と言うのは
棒状に丸められる硬さ


そして冷蔵庫に1時間以上ねかせ
固まった時に
ナイフで クッキー型に
切って行きます。


こう言う手仕事は
私と一緒に 料理時間を過ごせば
感覚的に 分量が分かっていきますので

是非 機会があればご参加ください。

いやー
サクッとして
美味しい焼き菓子になりました。


| アーユルヴェーダ料理 | 13:58 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする