ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< カヌール(カンヌール)市の有名ビリヤーニレストラン | main | ギーとバナナ粉と蕎麦粉を使った手作りクッキー >>
バナナの葉がお皿代わりの南インド





ナマステ〜〜!

南インドのビリアーニをテイクアウトした時は 必ずといって バナナの葉で包んでくれるの。
そしてこれを開いて そのままアチャール(インドのお漬物)やライタを添えて葉っぱの上で食べる。
レストランでも バナナの葉っぱがお皿代わりになって 色んなカレーや炒め物とごはんがのせられて 混ぜ混ぜして 手で食べる。

結婚式などお祝いには
招待客に ご馳走を提供する時も
必ず バナナの葉で食事をいただきます。

ってぐらい
ケララではバナナの葉の需要があり
お店まである。



こう言う野菜マーケットの並びに
見かける バナナ葉の束

日本でも 昔は小さな町に商店街が立ち並び
バナナの葉でなくても
自然の素材で出来た 器店はあったと思う。
例えば
たこ焼きの舟型の木の皮で出来たお皿も
その上にプラスチックケースではなくて
木の皮を被せて
新聞紙で巻いて 持ち帰りに包んでくれた時代を思い出す。
私がまだ小さい頃は
商店の人達は 新聞紙 ガンガン使っていて そして、買い物客は 買い物カゴをちゃんと持って来ていた。
そんな時代が懐かしく
インドの暮らしを眺めてると
すこーし
昔の懐かしい日本を思い出す。







アメリカでも州によって少しずつ
プラスチックストロー 発泡スチール性の持ち帰りケースの使用禁止の取り組みが始まっている。
カヌールでも プラスチック袋を使用しない店が至る所にあり
マハーシュトラ州も脱プラスチックの法律が出来た様で 日本も 50年前の様な自然素材を使った包装 や携帯用資材をどんどん増やして欲しいと願う。
ちょっと前のスローライフ時代に戻る事は 案外難しい事ではないと 思うのですが。
便利 と言う概念が 変わるといいですよね。
自然に還る素材は 焼却に便利なはずなんですがね。 だって プラスチックの分別に 指定ゴミ用の袋を買わなくて良いのですから


| インド滞在記 | 22:45 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする