ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< 2018年と2019年の節目に新しい人生を見つめる時 | main | カヌール(カンヌール)市の有名ビリヤーニレストラン >>
ケララ州カヌール(カンヌール)での正月
2019年
新年 明けましておめでとうございます!!!!


今年もどうぞよろしくお願いいたします^_^




ここケララ州のカヌールに 主人と滞在しています。2009年から 毎年の様に長期滞在しているので かれこれ数えたら 11年目になります。

主人はもっとここにいる年数が長いです。

何時もビーチ沿いの同じ場所 小さなホームステイ の小さく古いコテージに泊まっているので とっても静かでで快適です。
海の波の音もよく聞こえます。


村は小さいのでゴシップはすぐ広がるし この界隈のローカルの人達は
きっと私達のことを知らない人の方が少ないのではないでしょうか?



カヌールに新しく 国際空港がオープンしました。 市内から約1時間前後で 車でこれる様になりました。
今度 私達も 利用するつもりです。

昔はカリカット(コージーコード)が最寄りの空港で 3時間前後もかかって しまうので不便でした。
それだから
ここは、観光地化の波はなく
田舎の素朴な小さな街で
大好きな場所でした。
人々も正直でで欲張りな感じが少なく
リキシャドライバーとのトラブルは チェンナイなど大都市に比べ1/30ぐらいでした。
過去三年前ぐらいから 急に 都市計画の準備がどんどん進んで 外部の人間も増えて カヌールが どんどんと変化しています。
人々の意識も都会感覚へのシフトを感じます。

昨日テイラーに行って
サリーのブラウスは幾らで出来るか聞いてみました。
10年前の三倍の値段に膨れ上がっていました。

市場はそんな感じです。

が、Padminの個人輸入販売のアーユルヴェーダ商品は 6年前から半分以上は値段は変わってない商品ばかりです。
それってすごい事ですが
これが換算レートで厳しくなると
変更せざるおえない時期が来るかもしれません。

カヌールはカンヌールと言う発音が近いでしょうか?
カタカナ表記は 外国語は 難しいね。
実際英語ですら カタカナでおかしいのですから!


田舎らしい 小さな町が変わっていく、、、大好きな街ですが
私にとっては それを観ながら寂しさを感じます。


基本的に私は 知る人ぞ知る的な場所に行き 観光地化されてない 人の少ない場所に行く 過ごす と言う事を昔からしてきました。

30年前に数回行った セドナ
と インディアン居住区ハバスパイのキャンプ地 は
アメリカ人でさえ聖地と知る人は少ない程 静かで 小さな お忍びの休息地でした。当時大きなホテルは 三つ星のベストウエスタン系のホテルぐらいしかなく 小さなロッジや デイズイン とか モーテル お土産店 ローカルなレストランぐらいしかありませんでした。

今 ツアーでやっているピンクのジープとかインディアンが衣装を着ての聖地パフォーマンス 各国の高級レストランやホテルはの様なサービスはありませんでした。


私の感覚で言わせてもらうと
観光地化されればされるほど
そこに貪欲と言う意識がのっかってしまうので 「聖地」と言う本当の意味が消滅されて聖地ではなくなります。

スピリチュアリズムビジネスのカテゴリーは昔はなかったから スピリチュアル本が売れていたのですが
最近は 金儲け主義にはしって 企業が 人を聖人の様に作り上げて 「悟った人!」の様にネットや映像でアプローチしてビジネスやってるのを観ていると
簡単に流行りのメディアに左右されないで皆んな生きて欲しいと願うのです。


ここに行って 私はスピリチュアルな有名な場所で 聖なる波動を感じたのよと
周りに伝えたいがために
そこに居たという存在を確かめたくて行きたいのでしょうか?


28年前に長期でいた タイのコパンガンや コランタン とその周りの島も バリ島も リゾート地化されておらず 簡素な何もない小屋を一泊500円以下で借り食事も一食飲み物含めて250円程度で 世界中のヒッピー旅行者と 電気がない場所にロウソクを灯して 過ごしたり

会って話して情報交換し合って旅の計画を立てて楽しんだものです。
少なくても
そこで出会った 外国人達は 流行っていない 自然派で 未開地を探し求めて来ここだと直感で
聖地と感じる特別な場所を 自らアンテナを張って選ぶ様に滞在地を見つけ出していました。

インターネット情報を頼っていたら
直感は発揮できません。
おもむくままに 旅ができる時代は無くなったのでしょうか? その頃インターネットと言う物が家庭になかった時代は 誰もが 現地のスローライフな趣で 現地の声を頼りに
現地価格で 旅行ができた物です。
だから 例えば
メディアで紹介され始めてしまった聖地は 聖なるバイブレーションが汚染化されてしまうので
私は また行きたいと思わなくなるのです。

カヌールの素朴て 美しい田舎らしいも 日本人なんて殆ど居なかったこの街も
数年前ぐらいから徐々に
日本の観光客を観るようになりました。

私の癖でしょうか
未開地の場所を 探したくなります。

今年の私の特別で秘密の場所は
見つかるでしょうか?
楽しみです。

秘密は
もちろん 地名の公開はないでしょうね。




このトカゲさんの様に
色が変わり その光景と同調できる
私になりたいです。

Om namo narayanaya




ケララ州カヌールのアーユルヴェーダ病院で スタディツアーがあり 日本語オンライン授業と 合わせて しっかりと本格的なお勉強ができるプログラムがございます。↓
https://www.padminayurveda.com/study-program/


| インド滞在記 | 14:26 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする