ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< ケララのアシュラムから メリークリスマス | main | ケララ州カヌール(カンヌール)での正月 >>
2018年と2019年の節目に新しい人生を見つめる時



インドに着いて 寒い所から急に暑い場所に移動。年末セールのショッピングも程々に、やっとSimを購入し パスポートのコピーや証明写真の提示とローカルの知り合いの代理人の承認 確認は必須で インドらしいこのセキュリティシステムは いったい なんの目的があるんだろうか?と思いながら ネットワークを申請しても 直ぐにアクティブにならず 本日やっと可動するのに3日もかかるって、、、 今年は こういう作業がやたらスローモードな感じだ。
これもあれも 私のカルマだから受け入れるのみ なんだが、

いつも 良くも悪くも無いと受け入れる事多しの2018年

年末に 今年最初で最後の風邪をもらい さすがインドの菌の強さには かなわない事がわかる。(デリーでもらった風邪)
実は去年も同じ時期に同じ部屋で寝込んだのだった。
最高のデトックス!よく言えば、浄化のプロセスに居る中で、新年を迎えるのは きっと来年は新たな出会いと希望の星が 沢山降って来るのでは無いかと 楽しみなのだ。


生のアムラをジューサーでジュースにする 酸っぱいちょい渋いって感じの味 だけど 結構これが効く!熱を下げビタミンCもスーパーだ。↑
これから ご主人様とケララと日本 屋久島滞在し 四月には アメリカへ戻る予定です。

★2019年 3/18-30の間は
屋久島オーシャンビューゲストハウス コテージのお部屋の予約が 可能です。ブログのみの予告をまずしています。
(ご希望があれば ヨーガのレッスン
アーユルヴェーダのオイルマッサージ かシロダーラ がオプション料金で予約できますよ。ご興味のある方は 屋久島の自由な旅 アーユルヴェーダやヨーガ体験の件名で 是非お問い合わせください。)
三泊以上できると屋久島を満喫できますよ。

私達のアメリカ生活は 四月から家庭菜園、畑の土作りと耕す作業が始まるの。 それと同時に エアビーの運営 (日本の宿の運営をしていて 管理人とゲスト対応が真夜中の時もあって この3年間頑張って観たのだけど、思い切って 大幅設定変更の限定予約でやるしか無いかと かなり悩んで居る。)
★管理人を現地 屋久島で募集中!
(これも気になる方は 是非ご連絡をください??英語が少しでも話せる方優先です)

アメリカの内陸というのは
日本に比べると塩分少ない空気なので 私自身思いっきり のろま体質になる場所でもある。
内陸はカパが多いのは空気中の塩分も体質に影響し関係するのではと考えています。
環境の変化は 体質バランスを左右させ
旅人ならでは その環境に順応に生きていく術を知っているのです。

寒い春 暖かい春と 森の中の涼しく 暑い夏を過し、湖で冷たい水の中に飛び込む爽快な気分を楽しみ 秋の色彩豊かな湖畔を散歩し
また 冬になる前に 日本に戻る。 というサイクルは
いつまで続くのかな〜と 毎年の様に想うのである。 こんなに色々 活動していて 楽しい事はあっても
実は決して落ち着きのある生活とは言えず
旅人に飽きる事はあるんだろうか?
年々 体力勝負と向き合うことになるのだろう。
と いつもこの言葉が浮かんで来る。

お陰様で
沢山の周りの方々の愛ある繋がりで
ベストを尽くして
今年も色んな事を乗り切ることができました事を
全てに
感謝とお礼を申し上げまして
新年を迎えたいと思います。




全てが 幸福の愛と
平和を祈り
私を含む皆が満たされます様に!

来年もどうぞ宜しくお願いします^_^
| インド滞在記 | 19:09 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする