ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< インドでアーユルヴェーダリトリート2017 ご報告 | main | 銅製のポットでアーユルヴェーダ的健康法 >>
夏バテに 消化を促すパクチーのチャツネ


こんにちは Kayoko Thomasです。

今年の猛暑を乗り切る。
いつの時期にも消化力は大事。

暑い外と 建物の冷房の気温差に参っちゃってる方も少なくはないですね。


暑いからって 冷たい料理ばかり食べていませんか? 冷麺 やそうめん
冷たい水付きの食事
尚更 消化力を落として しまう食生活。
アーユルヴェーダは 暖かい食事 または 生の ソースやサラダは なるだけ常温 をオススメします。 消化力を正常に戻し 生命力 エネルギーアップ な日々を過ごす 事を 重要視します。

消化力が落ちてしまい、夜になるとあまり食欲が無いことに気づきませんか?

そんな方に 是非オススメの スパイス入り パクチー(コリアンダー)チャツネをご紹介します。
r />




夜は 数時間後 寝る前に 食べた物が消化されてから寝るのが好ましいので
お腹いっぱいにならない程度で抑えて 昼食よりも 控えめに食べた方が健康に良いとされます。

消化の良いお粥も良いのですが
今日は
炭水化物が豊富なジャガイモを米がわりに 人参と ズッキーニを 蒸すか 茹でるかで温野菜を作ります。
蒸すと グッと甘みが出るので 私は大好きなんですが、 今回は 小さじ1/4のターメリックと ふたつまみのフェヌグリーク と 岩塩 、一つまみの チリパウダー を 入れて 野菜を茹でました。
硬い野菜の順から茹でて行きます。
ズッキーニは 茹で上がる2、3分前に入れると良いですね。


茹でている合間にソース作り

細かく切ったパクチー
とコリアンダーシードパウダー クミンパウダー
岩塩 チリパウダー
量はお好みで!

ライム 又はレモン 半分のジュース

お好みで
ヘンプシード を一握り ヴァージンオリーブオイルを垂らし入れ
フードプロセッサーでペーストにします。 機械がなければすり鉢でペーストにできます。



最後に塩分を調節します。

体質ピッタ /カパは塩分控えめに
ヴァータは強めにしても大丈夫


生のコリアンダーは殺菌力も抜群
冷性なので
温野菜サラダや 肉料理 、サモサ の揚げ物にもこのソースはピッタリです。
スパイスのコリアンダーシード クミンシード などは 温性 かつ 三つのドーシャをバランスさせたり 消化を促す作用があったり 他にも 沢山の効能があります。
何故岩塩かと言うと 海塩よりもミネラル豊富で しかも マイルドな温性

トマトのチャツネ(ソース)では
山椒の実 も入れちゃいます。
ネパールでも この 山椒のみはティムール と言って 香り高いスパイスなのです。
殺菌効果もあったりするので 魚料理に
このティムール入りのトマトソースを付けたりします。
モモにも付いてるソースですね。 山椒は 日本人にもとても馴染みが深い香辛料だから 是非 ソースに活用してください。 本当に 薬膳 そのものです。

簡単でシンプルな スパイス入り素食

是非お試しあれ!



PADMIN インドの病院でリトリート2週間 2019年1月〜募集中



| アーユルヴェーダ料理 | 16:02 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする