ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< オーガニック農園との学びと取り組み | main | 時を超えた美しさ >>
アーユルヴェーダ&ヨーガ 屋久島リトリートSurya 2018春

屋久島の春の真っ盛りの時期

8人の生徒さん達と私 kayoko Thomas(アーユルヴェーダ、お料理担当)、イシュワリ理加さん(ヨーガ担当)で開催させていただきました!

 

屋久島の新鮮な野菜をふんだんに使い スペシャルサンクスとして お料理のお手伝いも 前回のリトリートの生徒さんでもあったさとこさんのキッチンヘルパー、いつもインドのアーシュラムでお手伝いをしているモヒニさんもリトリート前後と開催中に たくさんのお手伝いをしていただいた事に お礼を申し上げます。そして 何よりも今回なくてはならない理加先生の あつーい手ほどきをいただき、其の他にもたくさんのお手伝いをしていただき、本当に皆様に感謝の言葉が いや言葉にできないほど いっぱい溢れています。

 

とにかく、今回の屋久島リトリートSuryaも 完璧すぎるほど、一瞬一瞬が 満たされておりました。

一人一人 観るもの 観えない物が 折り重なる美しい織物の様に 癒され 気づきと発見 輝き 浄化の 輝いた時間になったのではないでしょうか?


ヨーガのスペースとしては この人数がとてもピッタリと調和していました。

理加先生のインストラクションも リズム感がとても 安定していて

とっても 楽しいアーサナクラス


朝の一番美味しい空気と外の森と海を感じながら 呼吸を整え ゆったりとしたアーサナで気持ちよくストレッチを行います。

私は 料理の準備があるので、全部は参加できませんでしたが、理加先生と一緒にぜーんぶの行程を楽しみたかったです。


早朝は近くのビーチで瞑想タイムも素晴らしかった。



皆んながお散歩コースから帰ってきた頃

朝の軽食とオリジナルスパイスチャイを


料理の一部ですが、 こんな風に インド食風、日本食風、ネパール食風 タイ食風 あり で

バラエティー豊かに 創作料理を盛り込みます。

キッチンヘルパーのさとこさんと彼女の旦那様までお手伝いを張り切ってくれて、私は幸せいっぱいだったのです。

慌ただしい スケジュールをこなす四日間ですから やはり一人で アーユルヴェーダの講座やって、料理やっては不可能なのです。

さとこさんと密に打ち合わせして、試食会して、 当日に本番をこなすのは 偶然にできちゃったお料理も含めて ある程度食のセンスが試されます。そして 生徒さんたちも 各食事の前に 様々にお手伝いも楽しく加わり、アーユルヴェーダのスパイスの話しをしながら あっという間にできちゃうのも楽しい時間でした。


 

アーユルヴェーダの講座を受けた後に

最後のお料理では 皆んなが実践して、食と料理の感覚を磨くアーユルヴェーダ料理の時間。
自分の体質にはどんな物が合うのか、この季節には特に何を取り入れて良いのかを 各自が探求できる様に少しでも感じてくれたのではないでしょうか、、、表情を見ていると

本格的に学ぶのは初めての生徒さんが多い中 驚きの連続だったと思います。


森 海 川 滝 温泉 
わー 本当に小さい島なのに素晴らしい要素がぎゅーっと詰まっている大自然の宝庫

苔の森は 時間制限がある中 屋久杉と言われる弥生杉を観にハイキング
サイレントウォークで 歩きながらの瞑想です。

10人分の用意はなかなか大変です。 

お料理をいただくときも 皆で感謝しながら`美味しい`の連発をいただくと

私達も最高のご褒美をいただきました。

はじめてこういう料理を食べましたー!

スパイスでこんな工夫があるのは知らなかった!

意外と食べやすくって 自分でも作れそう!

家に帰って 是非作ってみたい!

 

そんなコメントも沢山いただきました。



良い天気に恵まれ

暖かい午後に タイドプールの透明な海水に ジャブーンと入った理加先生!

わーやられた!!と私 

なぜなら 私が、ここにいつか泳いで観たいと思っていた所だかったからね。

もう 待ってはいられない。

私も下着姿で入ってしまった!!!!
そうしたら、モヒにさんも 続いて ジャブーンです。そんな予期しないハプニングもあったりと
楽しい事だらけです。

 

他にも沢山ご紹介したい事だらけですが 、、、写真を見れば皆が 満喫している感じ

 

偶然のハプニングが

完璧な調和を作り出す。

笑いあり、おっちょこちょいあり、デトックスあり の四日間の中

全員の思いやりと愛が みんなを暖かく包んでくれる。

まるで 本当の家族の様に

 

素敵なリトリートでした。

 

ご参加くださった皆様

本当に本当に 有難うございました!!

 

また是非お会いしましょう❤

 

リトリートの準備編のお話も読んでね。↓

http://padmin-ananda.jugem.jp/?eid=667

 

 

 

 

JUGEMテーマ:スピリチュアル

JUGEMテーマ:健康

| Ayurveda & Yoga Class | 19:58 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする