ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< 和合と生きる道 | main | オーガニック農園との学びと取り組み >>
屋久島リトリート アーユルヴェーダ&ヨガ の舞台裏編



屋久島リトリートSuryaの第二弾

春の花ざかりの時期 寒い季節から暖かくなる時期って心も体も 伸び伸びと開いてくる時期。
リトリート時期としてはには最適です。


去年と変わらず、スタッフとして一緒に企画と先生を共に携わってくれた ヨーガ担当 イシュワリ 吉江里加 先生
半年前から密に何度も打ち合わせをアメリカと日本 インドと日本 の遠隔で 連絡を取り合って 里加先生も 沢山の宣伝に努力してくれました。 二月のヨガジャーナルの雑誌にも投稿オファーを頂き
あっという間に満員御礼。



緑新芽を感じながらのリトリートの仕込み準備
先に来島してくれたリカさんとロケハン

屋久島は観光スポット以外にも沢山の見所がいたるところにあるのです。





見所をまわりながら
カフェやレストランでほっこりするのも
最高な時間

オススメの美味しい場所も 小さい島なのに沢山あるのです。




そして私が創作するスパイスアーユルヴェーダ料理の レシピにそって 一週間前から 研究と仕込み準備

リカさん インドのアーシュラムのスタッフでもある モヒニさん 島在住のさとこさんの三人のご協力によって 本番のお料理が 想像以上に光っていく様を観て 心はどんどんサットヴァに輝いて行きました。

この魔法は 多様な組み合わせのスパイスがあるから 楽しいの。


朝の五時に起きて 40分かかる 場所 無農薬野菜市の朝市に 出かけ
地元の パクチーや パパイヤ、長命草、青菜、果物 等
を仕入れに行ったり、
発酵食品の物を3日前に準備したり
消化を良くするための粉の割合を研究したり
下準備も 私の中で味のコンビネーションとバランスのイメージが出来上がる大切な時間。
当日 ピンと来たら その場のバランスを考え、自由に変更する 自由自在な食材と思考の幅が要求される チャレンジ精神

この直感をいつも大事にする 私の料理は レシピ通りには 教えない。今と言う時を大事にしたいアーユルヴェーダ料理です。

料理は五感で感じて学んで欲しい。 その日の風土 気候 と人々との触れ合いで 出来上がる 感覚が 自分にも新鮮さを感じる瞬間だ。

長年、西洋 アジアン旅行を渡り歩いて 色んな料理に触れて 自分流の創作料理になっていく様が楽しい。

この先も季節、新しい土地や料理に触れて私の進化と退化は 交互に続くのである。

まるで過去も未来も一緒に「今」と言う時を ごちゃ混ぜサトヴィックとして体全体で快適に感じるように!

私の言いたいこと分かる人は 是非 会いに来てね。

舌の繊細な味覚は 自慢ではないが あると思っていて
この感覚は 50代が 一番ピークではないかと思うのです。
日本人に生まれて良かったなと
思うし このお仕事が できて 皆のハッピーな笑顔が観れるのが嬉しくって
お料理を披露できて 本当に嬉しいのよね

三年ぶりにお会いできたリカさんやモヒニさんとも
人生についてを深く話して行く事で もっと絆が深くなって行く感じで
これからも お互い姉妹の様に楽しく繋がっていける ファミリーです。



さて 本番の四日間のアーユルヴェーダ ヨーガ "屋久島リトリートSurya"の様子をまたゆっくりと書かせて頂きます。



リトリートにはインド ネパール アメリカ 日本 の厳選した 特別な食材と新鮮な 地元の 無農薬野菜も を使ってます。

ヨーガ とアーユルヴェーダ衣食住についてをじっくりと深く 体験する リトリート は


私のこれまでのリトリートで
生徒様の感想は 皆 口を揃えて
時間が経ってからも 実生活にもどった時に気づきが多い とおっしゃります。

その声をまた聞きたいと思うから
長年 地味に コツコツと開催しているのです。

| アーユルヴェーダ料理 | 14:13 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする