ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< 愛 | main | アーユルヴェーダの薬草 ニールブリンガラジに触れて >>
ケララでアーユルヴェーダトリートメント

 

ナマステ〜

 

昔は1ヶ月間のパンチャカルマがお手頃でできた時代がありました。

 

今じゃ インドもバブル期へ突入し土地から何から価値有るものは 急速に上昇中。

私の滞在するビーチ沿いも日本の地方物件と変わらない額になってしまいました。

 

パンチャカルマもそうです。

最近は 私が8年前 6年前に1ヶ月間のパンチャカルマをやっていた頃(ブログ参照できます)の金額から

二倍以上に跳ね上がり ちょい昔なのに 、 気楽にパンチャカルマをする事が厳しくなりました。

 

そして、最近インドでも下準備のお仕事に大変忙しく ゆっくりする時間がない!

毎年 ちょっとづつですが 気になる箇所のトリートメントをやっています。

 

トリヴァンドラムのアーユルヴェーダ大学 の教授 兼 眼科の名医 Drラジェッシュ から

"パンチャカルマは基本最低でも三週間受けないと パンチャカルマとは言えないよ。" と強く言われた事が思い出されます。

真面目に取り組んでるドクターなので

自分の田舎 カヌール(カンヌールとも言う)まで毎週土曜日の診療のため

8時間ぐらいかかる距離で汽車で戻り眼科専門医として 診療しているんですが、

 

予約がびっしり そして ずらっと民間の人たちが並ぶほど そして 難病の人は 遠いところから足を運ぶ 程 名医と言われています。

 

そんな権威のある先生と会う事ができ

乱視と老眼 と診断されたけど

私は治療しなくて良いと 言われました。薬を売りまくって金儲け主義の医者では無い事が直ぐ分かるんですね〜!

他のドクターが教えてくれたけども、お金が無い人には無料で提供してる

と言う先生なので、人々から尊敬されているそうですね。

 

これぞ 本当の医者だと 確信できる程の方。

ある医者と比べると志しが違うなっと感じられます。

 

世界中で色々な医者に診断されたが

誰もが経験してるかもしれないが

最悪だったなと思える医者もいます。

 

 

インドのアーユルヴェーダ専門医でも

そりゃ 人間ですもの 育った環境のもと色々な考え方 価値観はあると思う。

 

パンチャカルマと言って 一週間のパッケージをやるドクターに疑問を持つ ドクターラジェッシュの声を聞いて、そして

私自身 7日間のトリートメントをやってみて

その二つの効果の違いは 随分あるなーと

Drラジェッシュの意見に大変納得するのです。

 

で 私もどちらかと言うと、真面目なタイプ

二週間までの治療はパンチャカルマとは言えない 気分ですね。

あえて、今回のトリートメントをアーユルヴェーダトリートメントと 言わせて頂きます。

 

 

一昨年から の出会いである信頼を感じる ドクター プラパンチ とドクターアイシャ 二人ご夫婦で経営されている病院に

去年から通う様になったのですが、 ドクター達は本当に寛容で 謙虚な方達 で 診察も お薬も セラピストもとてもクオリティが高いと感じるので、7日間トリートメントを毎年やってます。(長年の経験上のお話)

 

去年は 耳の治療。

生や冷凍物の甲殻類 を食べると アレルギーで外耳が痒くなり そして喉にもアレルギー反応が出ます。

そしてヴァータピッタ体質の 私は 夏 秋になると 外耳が乾きすぎるのと 弱ってる場所なので 良く 耳をカキカキ したくなるほど 痒みがありました。

ですので

カルナプールナ(またはカルナプラナ)と言う 耳にオイルを浸透させる治療等を 色々受けました。

 

その後 日本 アメリカ に帰り

耳が痒くならなくなった日常に驚きを感じます。

やっぱり、あのトリートメントはちゃんと効き目があったと実感しました。

 

そして

今年も 新年早々 体のクリーニングです。

 

昨年の暮れに偏頭痛で2日寝込みました。

更年期に入っているであろう私の体は いつも 暑い場所にいるとホットフラッシュ や 生理の前後、単なる旅疲れからくる 疲労から 頭が痛くなる事は 数ヶ月に一回 起こります。(昔はかなり毎月のように、、でしたが )

 

昔に比べたら それでも良くなった方で

10年前までは 毎月2、3回程は偏頭痛がありました。

 

 

でも 偏頭痛って

突然やってきて

吐きそうになる いや吐く

起き上がれない

喋るのも辛い

 

ただ一人で横になる 吐く 汗をかく 白湯を飲む 食べれない 頭首肩背中のマッサージを出来るだけ してもらうことしか 出来ません。 いつも こう言うことにならない様にも

トリートメントをしようと決意。
左の副鼻腔に溜まった毒を感じるので

ドクターに相談しましたら、

私は繊細なので 8滴のナスヤから始めて 最後は 10滴で十分だと言われました。

 

カパタイプは もっと必要な場合があるそうで、

カパピッタタイプ カパヴァータタイプ それぞれ 数は違う様です。

アーユルヴェーダ治療の処方は体質に合わせた また 見極める事が最も重要です。

 

ちなみにカパヴァータの副鼻腔炎は 粘液が溜まって乾くの連続で まるで地層の様にこばりつくので 憎悪していきますし それを柔らかくして溶かし除去していくには 一週間の治療では絶対足りないですね。

 

私は副鼻腔炎は経験無しですが

寝込んだ時に 左に毒があると直感的に感じていました。

 

特にひどい状況ではないが

呼吸法でも左右の通りが違うかもと感じていたゆえに 病気予防として

鼻のメンテナンスは必要だと思いました。

 

今回は5日間のナスヤです。

ナスヤの薬用オイルを点鼻します。

そして ドゥーマパナ と言う 肩から上部の器官を浄化させる 薬用の煙を吸って吐く 処方も共にやります。

最終日にやっと 鼻の通りがスムーズになって 頭が軽い感じになりました。

 

 

それから

他の施術はカティピチュ と言って

腰にコットンを置き 温かいオイルを垂らし しばらく部分的に浸透させる様 オイルを保持させます。

カティヴァスティと違って 広範囲な部位に浸透させる事ができます。

これは一週間の施術です。

 

私の骨盤は厄介者で

実は 小さい頃に 腰の骨盤の左側の突き出た部分が欠けています。 学校のプールで 浮き袋に引っかかり溺れそうになった瞬間 腰を急激に反り返し、 腰を痛めました。 病院で検査をしなかった事で 折れた箇所は繋がらないまま 大人になるまで 気づかなかったのです。 外科医にレントゲン写真で知らせてもらい 始めて なぜ腰痛があったのかを知りました。

ヨーガの練習にもバックベンドは特に 限界を感じますので 無理な激しいポーズは控えてますね。

 

寝返りをうたない晩の次の朝は 腰が辛い重いって言うのが 続くこともあるので そんな状態を少しでも軽くしたいと言うのが トリートメントの目的です。

大人になったらその骨は繋がらないし治らないし 老齢に痛みが出るから と医者に言われたら

やはり 常に メンテナンスは必要です。

 

今回の腰の治療は

ムリヴェンナオイルとカルポーラディタイラです。

ムリヴェンナタイラは 前にも紹介しましたが 外科専門には最も活躍するオイルです。

我が家でも家庭の万能薬として持っているのですが、 いざっと言う時に本当に役に立つオイルなんです。

 

※padmin にしか売ってないムリヴェンナクリーム ドクターの自家製のとても良い商品が個人輸入で購入できます。

 

 

 

そしてアビヤンガも一通り カティピチュと同じオイルで 7日間やりました。

とても力強いストロークで オイルが浸透して、ジワジワと発汗してくるのを感じます。

オイルと汗が混じってきたと施術を受けながら 滑りが変わってきて それがわかるのです。

 

 

 

今回7日間 やってみて

腰が 毎日 少しずつ柔らかくなってくることが

感じられます。 これを1ヶ月間したら ものすごい効果であるに違いないと思います。

 

いつか やってみたい!!

 

将来の夢ですね。

 

 

事故のため むち打ち症も持ってるんですが

古い怪我が ずーっとうずくのを 英語でもトラウマと言うのです。

心の傷は日本語でもトラウマと良く言うのですが、

心も体も トラウマに向き合い 自己を愛する事を 続ける と言う事は

 

体の外も内も ケアは大事ですね。

 

 

どうやら耳鼻咽喉の辺りは

私のウィークポイントの様です。

 

耳鼻咽喉は繋がってるし

繋がってる全部の器官を総合的に ケアする と言う事ですね。

 

ケアすれば 肩こりまで回復してくるそうです。

 

副鼻腔炎の人達は肩こりが多いのは 其の鼻からの原因もあるらしい。

 

パンチャカルマの 1ヶ月間の治療よりは

はるかに違いがあると言っても

毎年 こうやって 少しづつトリートメントを受ける て言うのも悪くないな と思います。

 

でも実は、 私は 二回も1ヶ月間のパンチャカルマを受けてるので

この短期治療も 生かされてるんだとも確信しております。

 

 

何もやらないよりは 少しでもトリートメントを受ける事 は 次のステップにつながる訳ですから!^_^

 

 

あと五年以内に 是非とも1ヶ月間を目指したい!目標決めたら 大丈夫だね。

 

 

今日はトリートメント終了し

一週間ぶりに 海で泳ぎました。

海水は殺菌性もあるし 体の水分を吸い出してくれます。体水分の毒素も一緒に排出するので、 虫刺されの毒やまだ体に残った毒が 海水で 吹き出て綺麗になった気分。

 

更に今日は スッキリした感じがあります。

 

この気分を皆様に おすそ分け!

 

 

 

インドの病院で

アーユルヴェーダスタディプログラム(オンライン授業付き)ヨーガを学びと 

病院でトリートメント募集中

| アーユルヴェーダ パンチャカルマ | 18:08 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする