ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< 大いなるものからのメッセージ | main | インドビザ のオンライン申請E-visa >>
年越しのインド滞在 再び、、、




2017年 最後のサンセット
Ha--ケララのアラビア海より

写真の様に反射する光と太陽の二つが
観るものと観られる者を象徴するかの様ですね。
または
サンキャ哲学のプルーシャとプラクルティのエネルギーの様にです。


今年も後数時間で 終わりに近づいて来ました。

今回で初インドから9年目だけど インドに来たのは12回ぐらいは来てるよね。

人生の転機が来る前から
ヨーガもアーユルヴェーダも海外日本で学んでいたんだけど、 転機の時期に やはり本場インドで 両方を深く学びたいと思って そのきっかけで 初来印となったのだった。

想えばその時
私にとって 生まれ変わる様な出来事ばかりが起きて、
私に本当に必要な事が用意されたという感じで、急速に 物事が 精神性も含めて後から後から変化して動き出したのです。
それは9年前初めて来たインドの体験

初来印以来
数年に及び病院で暮らしアーユルヴェーダドクター達や薬剤師やセラピスト達 、料理人達や患者のそばで 常に 全ての分野においてプラクティスができた事、
またマルマに詳しい伝統武術の施術法を求め、2年後グルカル と共に暮らす様に 長期にわたり 武術 施術を学んだ事はかけがえのない 体験であったし

有能な占星術と出会い
占星術によるカウンセリングにより
本質についてを星から自己を見つめ直し、過去から繋がる現在のカルマ(行い)についてを深く知る様になり、新しく人生を切り開く中で 益々前を見て 突き進もうとする原動力が 湧いて来たり




初来印の時に知り合った時に ヨーガの授業では 元ケララチャンピオンだったと言われる 先生から教わる事が機になって
その後、アーシュラムでヨーガの修練に勤しんだ。
何回も足を運びスワミや先生と過ごす
それによって ヨーガ哲学の深さとアーユルヴェーダの哲学の共通する智慧が 体と精神と魂の間で一致し始めた。

今もなお 人生のステージにより 一致する部分が 深まって来るんだが

毎回 学び続ける度に
ヨーガにもアーユルヴェーダにもスピリチュアル性の重要性が備わって居る事に
頭ではなく 心と体で体感する事ができた喜びも 感じる日々である。


何かを祈願する事は 時間を超えて いつか 内なるものから現実化するものではないでしょうか。

それは自己の行いと反映するものでもあるので 良い事にだけに集中して祈願しよう。 (その反対も自分にはね返って来る事ですしね。)

ネガティブ思考や邪悪な霊性を追い払い 個々に幸せを導くプージャという儀式が 一つのヨーガプログラムで4回行われる。
これは経験者でないと語れないし感じることはできない。
何時も洗礼を受けるのだが
修行を積んだ僧侶は プージャをする前と始まる時の表情や 人までもが まるで違うと思う程 エネルギッシュなマントラというお経を唱える。
外界の大宇宙にも私たちの内界の小宇宙に全て存在する五大元素 -空-空間/風-気体(ガス)/火/水/土 という要素を必ずプージャに用意し 例えば ヤントラと言われる意味がある幾何学的模様の中に薪と神の牛糞 ギーをつかって、全てのエネルギーを変換させる火を起こし ギーランプを灯し、聖なる積んだばかりの花 ローズウォーター、ココナッツの実、サンダルウッド クンクマという赤い粉 ターメリック、聖なる物 純粋でオージャスとも呼べる その恩恵に値する自然要素を使い 僧侶の正しい音マントラのバイブレーションに寄って、見えない世界スピリチュアル性の力が生まれるのです。
(マントラは正確な音でないとエネルギー的効果は無いそうです)

この行いを 数え切れないぐらい 9年間もお世話になっており、全くもって私は彼の拡散するスピリチュアルなエネルギーを 常に持ち帰り 日本 アメリカでの暮らしで生かされているんだなーと実感するのです。



有能な占星術師 ジョーティッシュが勧めてきたのは去年の事 私のサターン時期が入る前である。 私達に吉兆をもたらす関係と推薦され
アーユルヴェーダ病院のドクター プラパンチと共に プロジェクト 、 まだ私の状態が 星の数学上 花を咲かせる状態でない時期だとわかっていて、 案の定 色んなプロジェクトが実になるのは数年後になりそうだが
ゆっくりと 企画を温めて居る最中です。

今まで 教えてきた生徒さん達には 特別な特典がある様に プログラムを用意しようと考慮しながら
それも まだ先ではあるが 是非楽しみにしてもらいたいと思います。

Padmin Ayurveda &Yoga は

屋久島リトリートSuryaの分野も広げ 色んな事へのチャレンジを 始めています。


サンセットの反対には月Thaが!



写真は二つ同時に撮るのは無理だったけど 年明け前に一緒に観て ギフトの様に思えたよ。

ヨーガ理論を学んでる方なら 言ってる意味分かるよね?
太陽と月の陰陽のバランスが理解できるなら
さらに言うと 相反の温性と冷性のエネルギー調和が取れた 最も完璧な状態って事 そして 相対的要素の全てバランスが取れて居ると言うこともできますぞよ。

Hatha
が 私の内側と外側にある様に感じて とても気持ちよかったんですよ。


インドでは後一時間ちょっとで年明けのカウントダウン^_^


私と繋がる人 またそのまたへと繋がる人々が本質に生き 健康で幸せへ導かれます様 祈ります。


皆様良い年を!

愛と感謝を込めて love




春のリトリート開催はこちら https://yoga-ayurveda-retreat.jimdo.com/
| インド滞在記 | 22:22 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする