ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< 秋の収穫の幸せをお届けします | main | 屋久島ヨガ クラス 案内 >>
アーユルヴェーダリトリートのご案内 屋久島編とインド編

ナマステ〜

長い間 Padminを愛読してくださってる、親愛なる皆様へ、、、

アーユルヴェーダとヨーガのブログとショップが始まって、

もうすぐ8年目にもなるのか〜〜?

日本のアーユルヴェーダ歴がとても長い方は 

多分 私のブログを知らない人は居ないと思います。

なぜかと言うと、あの頃 

こういう記事を書いてる人って10人も居なかったと思います。。。

アーユルヴェーダの学校も 関東に4、5軒位しかなかったですよね。

 嬉しかった事にSEO対策なんにもせずに、

トップページに入っていたブログです。

自慢じゃないけどトップページにあったっていうだけで

最初は浮かれてたのかもね。

(今なら 御金かけないと無理なんでしょうね!)

それが年々 こんなに沢山の人が興味を持ち出して、、、

それには 大きな社会的経済的背後があります。

社内がロボット化されて就職してもトップクラスでないと

特にお給料も上がらないし、

セカンドジョブやサードジョブが無いと

食べて行けない時代に突入してるのと

癌患者 難病が多くなり

健康ブーム食ブームが注目されて来ています。

日本人は新しい事が大好きな文化人

昔の日本人は誰もが 高い意識レベルを

普通に持っていたと言われます。

しかし、

自然環境から離れた生活、

西洋文化の生活や食生活の影響で

武士や農民の持つ直感や五感の鋭さが鈍くなり

自己を見失い、周りの流れに左右されがちで

自分がどうして良いかも解らない程、

何でも自分で決められない状況を作ってしまいがち。。。

知らず知らずに

誰かにコントロールされて生きて行くのも悪くないという世界も

あったり、、、

人の意見にのみ込まれ

相手に合わせてこれが自分なのかと勘違いしてる人も多いのですよ。

日本人 もっと自己主張しても良いんだよ。

出る杭は打たれる

じゃ この先世の中 特に日本は大変になっちゃうよ。

インドはいっぱい杭(釘か?)でてても 打たれないよ。

そのまま、オーケー でガハハと笑ってる人多いしね。

でも 日本人さん 本当の内側の深い所では皆 

本質的な自己と感じる事を

どこかで求めてるんじゃないかな

って思います。

もちろん 西洋人に比べたら 

感じる能力は日本人は まだまだレベル高いと思っています。

日本人には

空気を読む

という能力があるけど、

西洋人にはあまり無縁かな。

でもなんでなのか

ハリウッドスターとか?モデルとか?白人の西洋化ヨガに

憧れてる日本人が いっぱいの若い世代の方々

物質化マーケティングにおどらされて

ヨーガの真髄を追求せず、

ファッションの一環として ル.....とか?

お化粧もばっちりして

胸の谷間もバッチリ
なんなら お腹も 太腿も 見せちゃう!笑

露出度80%でしょうか、、、外側を重要視で

骨格が違うのに金髪にして 白人になりたいと思ってる人 みたいに 顔 整形もあり?
骨削っても絶対 真似できないけど 願望という ものが前に出ちゃう 感じとか
見てるだけで 何故か私が恥ずかしくなっちゃうよ 、、、

西海岸の日系混じってるKi×× さん みたいなの

(アメリカではこういうのハリウッドヨガと皮肉的表現がある)
なんででしょうね〜笑
アメリカで見慣れてるからでしょうか !

素でやってるインド人ヨギーはフンドシで 

インド人ヨギー二はサリーとレギンスで

ていう世界が インドの田舎では普通だったり、、、

神聖な体操という心構えだと

インドでは女性は肌をなるべく露出しないというのが基本です。

アシュラムで水着系ル××××着れる勇気は私にはありません。

本場は神聖=伝統を重んじる

となるのです。

でも

こういった

西洋的ビジネスファションなヨガも素敵ですね(笑)

しかし

憧れる誰かの真似ばかりで 追っかけてると

(例えば、同じ服や物を揃えたり、似た様な事をして)

自己本質の追求

個性を磨こうというのは 

大変、遠い道のりとなってるのではないでしょうか?

決して無理 ではない事ですが

気付きの可能性は誰にでもあるものね。

なんだか辛口な意見でしたね!

ちょっと前のアーユルヴェーダは

 昔ヨーガスタジオの経営人もアーユルヴェーダ知らなかった分野、

今じゃ 各都市ではヨーガ経営者 指導者には当たり前の様になってきましたね。

ヨーガ同様 普遍的な奥深さの智慧には こうだからこうなる とか

こうでなければならない みたいな価値判断的な要素が無い事が良く直面するので、

いかに 自分との向き合いとなる、、、

常に 受け入れる 器を大きくしないとね。

 このドクターの研究がこうだから 絶対こうだという意識を持ってはいけない世界でもある。

 そうなんだねー そう言う研究結果も素晴らしいなー 位にとどめておいた方がいいのかなっと思ったりする。

 どんな種類の学校でも こう習ったから 絶対こうだ というのも気をつけなければならない、

 習った事を実践してみて 初めて習った事が自分の中でしっくりするかしないかは、

まさに 自分の直感や、5感で感じる能力があるかないかに尽きるのである。

私よりある意味アーユルヴェーダ歴の長い主人に 言われ続けてる事は、

私が 彼にたまに 質問する事があったんだけど、

こっちのドクターの本に書いてある、スパイスと食べ物のエネルギー効力と 

あのドクターの説明となんか違うんだけど、、、 と思う事がたまにあり

(彼は アメリカやインドに住むアーユルヴェーダドクターの様々な本、ヨーガの本を読みあさってるので )

『基本アーユルヴェーダのチャラカから伝わる食事法でも 本にはドクターの考え方がそこに加えられるし(インドのよくあるプリントミスの誤報もあったり)本によっては 比べると情報が違う場合があるから 

 自己の直感で、このドクターと思える情報を忠実に実際にそれを実践してみて、

それが本当かどうかを知るのは、100%自分の感でしか得られない事だ。

 だから 結果を探求する、感じる事にまず努力せよ!そして感じた自分を信じる事だ』

もっともなご意見なんです。これが 実践してみて 

私の答えは 彼の言う通り!

(大量10人前以上!ケララにはビリヤーニ米というのがあってね、、、

リトリートに大豆ミートのVEGビリヤーニ を作りました)

私の長年感じた事をお伝えする リトリート  

なかなか 日本で出来ないのですが、 

おかげさまで、いつもご好評を頂いております。

各地で行なってるので

いつも同じ場所ではありませんが、、、、

準備が整えば、どこへでも、、、

でも北朝鮮とかは行きません!笑

おかげさまで、クラスにも指導者達や他で習った人達がやって来ます。 

実際に感想の中で 学校で習った事より もっと詳しくて驚いた

というおっしゃる方ばかりです。 私も素敵な生徒さんから 沢山のリアクションと学びを 頂き感謝でいっぱいです。

今年と来年の秋冬の予定は以下です。

是非私と沢山の体験をしましょう!!

ヨーガもアールヴェーダも 

学べば学ぶ程 噛めば噛む程(ちがう?)

自分味がでるんですよ!

幸せとは何か健康とは何か

自己の奥深い潜在意識を掘り出し

気付きと心の整理整頓を生み出すツール

だと思います。

自己本質、個性を磨く

まさに 観たくない自分も含めて、きちんとそこを直視し

しっかり認める事で 大好きになる

本当の私を

真実を

発掘して行きましょう。


★屋久島ヨガ&アーユルヴェーダ リトリート のご案内は★

こちら↓11月末スタート   (募集〆切間近)

https://www.yakushimaretreat.com/retreat-schedule/

★2018年1月16日〜 

インドへ本場のアーユルヴェーダリトリート★ 

in KERALA

募集〆切12/31まで

7泊8日間または14泊15日間

https://ayurvedatreatmentindia.jimdo.com/

JUGEMテーマ:アーユルヴェーダ

| Ayurveda & Yoga Class | 14:36 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする