ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< 私達は土の人 | main | ヌメロロジーの診断を受けてみました >>
老化防止に バジル




グリーンハウスのバジルが、?こーんなに 採れました!^_^

夏も そろそろ終盤 秋の香りが深くなってくるのを感じます。
リスも大忙しに 走り回って いつもよりスピードが早いような気がします。

今日の夕方、 沢山摘んでる時から 香りで癒され、 かなりリラックスモード。
バジルが嫌いな人はいないのでは?と思うのです。
インドの トゥルシーも ホーリーバジルと言いいますが これは イタリアでスィートバジル と言われ、パスタやピザにも よく使われる 大人気のバジル。

今年で3回目の 収穫。
いつも ジェノベーゼソース を作るのです。

アメリカではペストーと言いまして
ジェノベーゼソースと言っても殆ど通じません。

私が一番大好きなこのソースは 基本は 松の実とオリーブオイルを使います。


松の実って高価なんですよねー。
クルミを代用しても 美味いです。

秋は ナッツの季節
でも カパ体質 が強い人は 少なめにしておきましょう。



バジルはカルシウムも豊富に含まれてるそうで
骨の強化にも良いのだそうですよ。

秋には 終わってしまうので、根っこも 捨てないで 乾燥させて お茶にすることにします。
温性の質を持つ
バジルの効能 それぞれ

バジルの葉:老化を防ぐ、免疫力の向上、感染症の予防、がん予防、精神安定、鎮痛作用、抗菌作用、骨粗鬆症の予防、風邪予防、
バジルの種:整腸作用、便秘改善、肥満防止。
バジルの根:頭痛や解熱などに用います。br />
今月はもう一回ぐらい収穫出来るかなぁ

今から これをソースにします。

明日は ジェノベーゼパスタ に!

Namaste

| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 17:58 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする