CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Padmin story
泥、汚れた水の中からしっかりと根をおろしながら、美しく清らかな花が咲く蓮。蓮根は泥の中から出て来るのに、まったく汚れに染まっていません。葉も茎も泥はついていません。 蓮根、種子からも繁殖する力、生命力の強いエネルギーを持ち、葉が水を弾くことをロータス効果とも言いますが、つまり とらわれることが無いという事です。 泥水を迷いの世界、私達の日常社会の喩え、その中に心理を悟られ、正しい生き方を人々に伝えたお釈迦様を蓮の花に喩えています。 この意味は、今 自分の居る世界、立場から逃げ出して別の所に理想を求めるのではなく、今居る世界で精一杯輝く人間になる事を教えている様ですね。 『世界蓮』のお話ですが、インド最高神のひとりヴィシュヌは原初の水の中で大蛇を寝台として眠っていたそうです。四千ユガ宇宙世紀の眠りの後、彼は創造の志を起こしました。その意欲は蓮の型(世界蓮=カーロ.パドマ)をとって彼の臍から成長し、花が開花すると、そこにブラフマー(梵天=ぼんてん)が生じ花の台(うてな)に座して天地万物を造化しました。 蓮は生命発生の母胎と観られ、その観念はヒンドゥ教に反映されています。 古代インド ヒンドゥ教の神話では 『聖なる義務を成し遂げる者は罪に迷わない。あたかも蓮の葉に水が触れぬかごとく』 『泥沼から生え、気高く咲く花、まっすぐ大きく広がり水を弾くリンとした葉の姿』 世の欲にまみれず清らかに生きる事の象徴の様に、極楽浄土の象徴とされています。 インドラの楽園はサンスクリット語でnandana (ナンダナ)といって、歓喜極まる最高の喜びのステージをananda(アーナンダ)と表現します。 仏教『阿弥陀経』の中で浄土の様子でこう述べられています。 妙なる音楽、美しい鳥が飛び、天からは花びらが舞い、池には蓮が咲き誇っています。 その蓮の様子を『青色青光、黄色黄光、赤色赤光、白色白光』と記されています。 浄土の世界では青い蓮は青いままに輝き、黄色い蓮は黄色のままに輝き............. 違うままにそれぞれが美しく輝いています。 その輝きにおいて等しく尊いのです。人間はそれぞれ違います。外見も能力も...しかし同じ人間としての差は無く、等しく尊い存在です。 違ったままで相手を認めるとはどういう事でしょうか? 我々人間は完全無欠の人はいません。そもそも出来る事と出来ない事があるのが人間のありようで、出来る得意な能力や、個性を発揮する事こそ、命を活用するという事です。 『生きる』ことを通して、出来ない事を補い出来る事によって欠けている能力を満たしてくれるのが、縁の絆に支えられている人間のあるべき姿ではないかと思います。 『みんな違ってみんないい』 それぞれの個性が光り、お互いに輝いて生きて行ける事は素晴らしいですね★                                                    どちらかをクリック↓↓ 宜しくお願いします〜♥ にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村                                                 
ブログ王の投票リンクです〜。 クリック!宜しくお願いします!↓↓ 
ランキングはこちらをクリック!


総合サイトにもショップ登録しました〜!!
  Shop-Bell   ヨガ用品・ヨガウェア

エスニック系人気ランキング

エスニック系
かわいい下着人気ランキング

かわいい下着
美容・健康   Shop-Bell  
<< 旦那様が 日常の変な英語で楽しむ姿が、、、私の喜びである。 | main | 食のつぶやき >>
屋久島リトリートアーユルヴェーダ&ヨーガ2017年

ナマステー❤  朝日の美しさを御届けいたしまーす!

屋久島アーユルヴェーダ&ヨーガ 2017年のリトリートが終わっても、次は何時ですか??という問い合わせが来ております。

とても 有り難いですね!

また、機会を見つけて 開催したいと思っておりますが、私は年の約半分は、アメリカで生活しております。

今後の為に こんな感じだよって皆様にもお伝えしたいので ちらっと開催時の様子をご紹介です。

久々の投稿です。

聖なる場所を追い求めた私の結果がここに有ります。安全で心が豊かになる生活の場が此の島です。

聖地と言ってもおかしくない 屋久島の大地に触れて、もう20年近くになります。

此の地に 私が場所を構える事は20年間の夢でもありました。なんども足を運び、やっぱり私には此の島が日本でサトヴィックだなと再確認しました。浄化の島と言いたいですね。

癒しの場を自分を含めて、沢山の人に提供したいと言う想いが強くなり、実現する事が出来ました。

屋久島リトリートSURYAのオープニングにふさわしい

メンバーが揃い、硬派で素晴らしいヨーガの指導者 シーター由美子先生がインドから直接来てくれて、

私の素晴らしい助っ人、Cafeを営むTANE(高知)のちかちゃん(高知のリトリートでも手伝ってくれました)がハワイのオフグリットな生活から屋久島へダイレクトに来てくれて、

なんて 私は幸せなんでしょう! リトリートの準備、後片付けも 数日間手伝ってくれて、本当に感謝の気持ちでいっぱい。

ありがとう、ありがとう、ありがとーーーう!!あーあ言い足りないよ〜、、、

そして、集まった生徒さん達は 完璧なほどの調和感で、穏やかに浄化のプロセスを受け入れながら、3日間を過ごして頂きました。

初日 朝から雨で 今日は1日雨かなと思う様な土砂降り感でした。が、 なんと!ミラクルにも

生徒さんの飛行機が着いたとたん、急に晴れ間がでて、晴天の運びとなりました。四国、関西、屋久島移住者の方達の集まりでしたが、皆様 あっという間にお友達となり、 中には、既にメールで連絡し合っていた人が、ここで初めて出会う奇跡的な出来事!もう偶然とは言えず、必然的な出会い!と皆が納得!

繋がりのまた繋がりの中で 良い人間関係が生まれる此の瞬間は、本当に人生のご褒美と言えます。その場を拝見して、この機会を設けられて、幸せだなっと四六時中感じておりました。

前々から、お会いしたかったと 言ってくださる生徒さんも来てくださり、全員が共通の話題がとても多く、おしゃべりも尽きないほど、仲良しとなり、和やかな雰囲気で終始終わる事が出来ました。

クラスの様子も皆楽しそう! 

アーユルヴェーダ入門基礎コースの初級編 に加え、中級の一部も。食糧法のクラス、アーユルヴェーダ的スパイス料理法のクラス、

ヨーガのアーサナクラス、理論、サットサンガ キールタンの会(外部の方も特別参加)、白谷雲水峡で森のサイレントな散歩、アーユルヴェーダ的生活に沿った暮らしを体験するという事をその三日間で 体感しました。

両方の中でも、食事時間のタイミング、時間にあわせて、食事量も配慮して、飲食には沢山のスパイス、食糧法を取入れました。

学習後、それぞれの体質によって、どう取入れるか自分で考えて、自分で選ぶ方法の 実践の場です。

自然食に使われる食材を活かし、日本人にも合うメニュー構成も考慮していますし、インド料理も沢山ご紹介しましたが、他エスニックなアジアンスタイルな料理も融合された、創作的スパイスお料理です。(普段、自分がつくるお料理達です)

生徒様との分かち合いがとても充実した時間でした。

アーユルヴェーダの授業中 体質について、ワークをしながら、自己分析を深く行ないます。

世界中の生徒さんを御持ちになる、シータ由美子先生のご指導は

いつも安心して受けれる事が出来るなーと、指導者の私でもとても勉強になります。

その場の流れをすぐに気持ちの良い状態へ連れて行ってくれる程 やはり天性持って生まれた指導力。

気持ちの良いため息が出る程、さすが!と言える先生なのです。

この時の生徒さんの中でもヨーガの先生が三人もいらっしゃいました。

硬派と申しましたが、 由美子先生は わざわざ自分を売りに出そうなんて思わなくても、ヨーガの哲学を重要視していない雑誌とかに出なくても、周りの生徒さん達のお声で日本中に沢山の協力的な(シーターマーファン)生徒さんの心をつかむのです。

私のヨーガ仲間も シーターマーからのご縁がたーくさんです。(マーとは お母さんの様な意味です。)

いや 世界中か、、、私はアメリカに居るし、インドや中東やヨーロッパにも 沢山彼女の生徒さんはいらっしゃいます。

また屋久島にも 由美子先生を私が広めて参ります。また是非 いらして頂きたいと思います。

アーユルヴェーダは6つの味等、バランス良く食べる事や消化に良い食事、調理法を知り、地元の食材を意識した食事

油、調味料や、スパイス、穀物、雑穀等の食材は日本とインド、アメリカからの自然食品、手づくりの発酵食品、


1日目: おやつはサモサ
夕食は 手作りムーングダルスプラウト入ラッサムスープ
スパイスとヘンプナッツ入ワカモレ

皮付ひよこ豆カレー
キャベツトーレン
ターメリックギーライス
自家製のアチャール
大根サラダ
自家製人参ドレッシング 地元の柑橘寒天ゼリー
自家製ゴトゥコラブレンド薬草ティー 2日目: 朝 は自家栽培のミントチャイと
ウプマ、スパイスとナッツのハルワ
昼は クールマ ココナッツカレー
米粉のアッパム
スパイスと春の山菜パコラ
ビーツのサブジ
自家製人参アチャール
パイナップルチャツネ
アムラピクルス
サンバルスープ
ロマネスコの温野菜とタヒニのスパイスソース

夜は イエロームングダルキチュリ(キチュディ)
ピッパリのネギの佃煮
温野菜のココナッツ和え
切り干し大根アチャール
屋久島パパイヤのサラダ スパイスティー
3日目: 朝は 安納芋のポタージュスープ
自家製ブレッド
チャイ

昼は 野菜のビリアーニ
ミントチャツネ
パパダム
玉ねぎの梅酢サラダ
きゅうりのスパイス入りライタ
マンゴーアチャール
野菜のトマトスープ
りんごのコンポートアロエ葛ゼリー
ココナッツミルクのパヤッサム

となんとも作りすぎてしまいました。
お持ち帰りができるほどで
生徒さんのご家族も大喜びでした。。。


とても豊富な栄養価の高いものも沢山沢山ご披露しました。

それぞれの体質によって選ぶものを良く考えながら頂く事が大事です。

料理の手際の良さと言ったら、完璧の 助っ人ちかちゃん! 料理のセンスも抜群なカフェオーナーTANE やってますので、皆さん四万十に行く機会があれば、是非ランチを食べに行ってやってくださいね。

彼女は四万十リトリートでも料理の手伝いとして、参加してくれました。インド渡航経験もあり、

だから、私のレシピをよーく熟知し準備段階から最高の御仕事をしてくれました。料理の手順って美味しくなる為には。結構重要なんです。料理が上手は 沢山いらしゃるけど それだけじゃなくて、私の目に映し出される、彼女の良い所は、柔軟性のあるセンスをお持ちだし、何よりも謙虚さ、優美なお育ちからでしょうか、心がこもった物への扱い方、手捌きを感じ取れるのです。ただものじゃーありませんよ。(笑) 

彼女のお力がなかったら、あのタイトなスケジュールで ここまでの料理の準備と完成度はなかったと思います。ちかちゃんは私の右腕どころか両腕となってくれました。 大好きな気の合う私の仲間、いつも和ませてくれる温かい笑顔、、、あーまたすぐにでもちか殿に会いたくなります。 

↓森へ散策 屋久島は湧き水も 至る所に湧いていますよ。 

白谷雲水峡のハイキングの前に おいしいお水を頂きます。

やくうんすい と呼ぶのかな。昔は屋久ではなく益救と言う漢字だったのではないでしょうか?

やく神社も益救神社と書かれています。

ちなみに、ガジュツ(大昔、胃腸の薬の製造が昔は盛んでした)も 良く採れて、私のお庭にも有る様です。

薬の島、薬島とも言えますよね。薬効の高いのはガジュツだけではないです、月桃とかもどっさり!採れます。

秋ウコンとも言われるガジュツは 消化機能を助ける素晴らしいお薬。

大昔から、益々人を救う 島から、本州へ届けらた素晴らしい薬草なのです。

こんなに奇麗な水で育つ薬草なら、どれも かなり効きそうですね。

 

由美子先生、雲水峡の川に入りました。インド〜の旅疲れが吹っ飛ぶ〜〜❤

此の透明感、肉眼で観たらもっと信じられない!と思うのです。

天気も最高、ゆったりと過ごす 静寂な森

マムシ草という珍しい植物。 蛇に似てるからですね。

マムシと一瞬間違えそうだからなんでしょうか!?ストライプが美しい

こだまちゃんが現れそう❤ 豊かな緑の苔が 木や岩にびっしり!

鳥の声、動物の声、樹齢3000年以上の弥生杉も観に行きました。

そこで チャイと手づくりおやつを頂き、巨大杉の前で和みました。

2時間の散歩コース。

時間なんか感じない位、想いをそこへ寄せれば、タイムスリップも可能。

気がつけば あっという間に終わってしまい、、、えーもう皆さんお帰りですか?

という感じでしたよ。

皆さんとのご縁 忘れません!大切にしたい仲間です。

2017年屋久島アーユルヴェーダ&ヨーガ リトリートを終えて、

生徒様から 色々とフィードバックを頂きました。↓↓ 皆様本当に有り難うございます!!


★Ma===様

アーユルヴェーダは初めてでしたが、とても奥深い世界で、久しぶりに、学ぶ喜びを感じました。
難しいけど面白い‼
しかも、初めてのアーユルヴェーダでかよこ先生に教えていただけて本当に感激でした。これからもいただいたテキストで基礎学を繰り返し学習していきます。

料理
自分の体質や性格の本質を知ることができたので、これからの食生活に生かしていきたいです。色々なスパイスの使い方を教えていただけて、料理のレパートリーが広がりました。食べることは生きること‼ですね。

ヨーガ
大好きなシータ先生の優しいリズムのヨーガは心身共にとてもリラックスできました。
雄大な屋久島の自然に自分が完全に溶け込んで、地球との一体感を感じられる時間でした。

ツアー
初めての屋久島は本当に素敵で、大好きな場所になりました。
神秘的で太古のままの様な時間が流れていて、心の底からリラックスできました。
特に屋久杉の森の澄んだ空気は気持ちよく、自然と何度も深呼吸してました。
雨に濡れて光った苔がまた神秘的で、本当に綺麗でした。二泊三日の短い旅でしたが、素晴らしい
経験を沢山させていただきました。

★Ko=====様


ヨーガ
【自然との調和】を正に実感しました。
朝の静かな時間から瞑想が始まり、身体の本来のリズムに合わせたヨーガは、する度に身体が芯から蘇る感じでした。

アーユルヴェーダ
仕事柄、東洋医学を軸にした治療をしているのですが、アーユルヴェーダに似通っているところがあり、すごく勉強になりました。
歴史の長さで言うとこちらの方が長いので、東洋医学の原点をみた感じでした。

料理
食の安全性が叫ばれている昨今において、日本人は特に添加物など不純物を摂り過ぎていることを改めて感じました。
先のアーユルヴェーダの授業で診断された内容を参考に、自分で改善を図れる味付けなどを学びました。
実際に身体が良い方向に改善されるのを感じました。
正に医食同源❗

ツアー
屋久島は本当に日本にいるとは思えないくらい神秘的なところでした。
ツアーでは屋久杉を見に行きましたが、島内でも空気が違うと思っていたのに、森に入ると更にマイナスイオンがたっぷりの空気に包まれ、身体がリラックスしているのを感じました。
歩き疲れると思ったのですが、屋久杉パワーを頂いたのか、不思議と元気になりました。
恐るべし屋久杉パワー


★ニックネーム かおちゃん

屋久島というスペシャルな場所で
最高なひとときが過ごせたリトリートでした!
KAYO先生のアーユルヴェーダの講座は
まるで屋久島のダイナミックな恵みの雨のように
インド古来の叡智を惜しみなく降り注いでくれます。
KAYO先生のお料理の素晴らしいところは
インドという枠を越え
ここ日本や日本人に合うように
季節なども考慮してアレンジされているところ。
屋久島の野草を使ったり
葛や米飴など日本人に身近な食材を使うなど
KAYOさんのスペシャルなアーユルヴェーダのお料理は
素晴らしかったです!!

アシスタントのチカちゃんは
まるで魔法のスパイス!
野原をヒラヒラ舞うちょうちょのように
手際よく、軽やかに
いつも笑顔のチカちゃんにとっても癒されました。

シータマこと由美子先生のヨーガの時間では
由美子先生の存在と言葉が不思議と
お母さんのお腹の中
優しさ、温かさに包まれているような
そんな気持ちになり
なぜだか、涙が溢れてきました。

由美子先生がシータマ
みんなのお母さんと呼ばれている意味が
わかった気持ちになりました。

すべてを包み込み
とてもとても大きくてあたたかい
やさしくてやわらかい
愛のかたまりみたいな
由美子先生
大好きな先生です!!

恵みの雨を降らせる
KAYO先生
あたたかい太陽で包んでくれる
由美子先生
それはまるで屋久島の恵みそのもの。

その恵みを受けた私たちは
また大きく成長できたような気がしました。

最高のリトリートでした!
ぜひ、また参加したいです。

KAYO先生、由美子先生、チカちゃん
最高のひとときをありがとうございました!

他、皆様の感想を頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。

ベストを尽くし頑張ったご褒美を頂きました。m(− −)m

JUGEMテーマ:アーユルヴェーダ

| Ayurveda & Yoga Class | 06:08 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする