CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Padmin story
泥、汚れた水の中からしっかりと根をおろしながら、美しく清らかな花が咲く蓮。蓮根は泥の中から出て来るのに、まったく汚れに染まっていません。葉も茎も泥はついていません。 蓮根、種子からも繁殖する力、生命力の強いエネルギーを持ち、葉が水を弾くことをロータス効果とも言いますが、つまり とらわれることが無いという事です。 泥水を迷いの世界、私達の日常社会の喩え、その中に心理を悟られ、正しい生き方を人々に伝えたお釈迦様を蓮の花に喩えています。 この意味は、今 自分の居る世界、立場から逃げ出して別の所に理想を求めるのではなく、今居る世界で精一杯輝く人間になる事を教えている様ですね。 『世界蓮』のお話ですが、インド最高神のひとりヴィシュヌは原初の水の中で大蛇を寝台として眠っていたそうです。四千ユガ宇宙世紀の眠りの後、彼は創造の志を起こしました。その意欲は蓮の型(世界蓮=カーロ.パドマ)をとって彼の臍から成長し、花が開花すると、そこにブラフマー(梵天=ぼんてん)が生じ花の台(うてな)に座して天地万物を造化しました。 蓮は生命発生の母胎と観られ、その観念はヒンドゥ教に反映されています。 古代インド ヒンドゥ教の神話では 『聖なる義務を成し遂げる者は罪に迷わない。あたかも蓮の葉に水が触れぬかごとく』 『泥沼から生え、気高く咲く花、まっすぐ大きく広がり水を弾くリンとした葉の姿』 世の欲にまみれず清らかに生きる事の象徴の様に、極楽浄土の象徴とされています。 インドラの楽園はサンスクリット語でnandana (ナンダナ)といって、歓喜極まる最高の喜びのステージをananda(アーナンダ)と表現します。 仏教『阿弥陀経』の中で浄土の様子でこう述べられています。 妙なる音楽、美しい鳥が飛び、天からは花びらが舞い、池には蓮が咲き誇っています。 その蓮の様子を『青色青光、黄色黄光、赤色赤光、白色白光』と記されています。 浄土の世界では青い蓮は青いままに輝き、黄色い蓮は黄色のままに輝き............. 違うままにそれぞれが美しく輝いています。 その輝きにおいて等しく尊いのです。人間はそれぞれ違います。外見も能力も...しかし同じ人間としての差は無く、等しく尊い存在です。 違ったままで相手を認めるとはどういう事でしょうか? 我々人間は完全無欠の人はいません。そもそも出来る事と出来ない事があるのが人間のありようで、出来る得意な能力や、個性を発揮する事こそ、命を活用するという事です。 『生きる』ことを通して、出来ない事を補い出来る事によって欠けている能力を満たしてくれるのが、縁の絆に支えられている人間のあるべき姿ではないかと思います。 『みんな違ってみんないい』 それぞれの個性が光り、お互いに輝いて生きて行ける事は素晴らしいですね★                                                    どちらかをクリック↓↓ 宜しくお願いします〜♥ にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村                                                 
ブログ王の投票リンクです〜。 クリック!宜しくお願いします!↓↓ 
ランキングはこちらをクリック!


総合サイトにもショップ登録しました〜!!
  Shop-Bell   ヨガ用品・ヨガウェア

エスニック系人気ランキング

エスニック系
かわいい下着人気ランキング

かわいい下着
美容・健康   Shop-Bell  
<< PADMIN からお知らせ! Ananda国内販売プレゼント情報 | main | 旦那様が 日常の変な英語で楽しむ姿が、、、私の喜びである。 >>
アーサナの練習の前に呼吸法をマスターしよう!

私のクラスをするにあたって、初心者も上級者も 呼吸法(腹式呼吸に加え完全呼吸法)を指導していきます。それ無しには何もベネフィットは還って来ませんからね。それが出来ないでポーズだけ意識しても、結果 何も効果がないという事です。

 

プラーナヤーマ(呼吸法)のテクニックをシンプルに学び生活の中に取り入られる様、日頃の実践が大事。

 

 

呼吸が変わると人格も変わると言われる位 意識しながら深い呼吸をすれば、前向きで安定した穏やかな精神を手に入れる事が可能です。

まず最初に、学ぶ必要がある事は深い呼吸の仕方です。

肺の機能も鍛えられる事で、肺の許容量が増え、沢山の酸素を体に供給する事が出来ます。体に酸素が足りないと、エネルギーは貯えられません。

多くの方は適正な呼吸の仕方を忘れてしまっています。呼吸の仕方を学ぶ事はストレスを解放し、心と体を自然な状態に戻す様に促します。

 

呼吸の状態と心は繋がっており、緊張していれば呼吸は浅く、怒っていれば呼吸は荒くなります。現代人の多くは不自然な浅い呼吸を続けています。

浅い呼吸の状態は、リラックスしようとしても苦悩や不安に襲われ、真からのリラクゼーションを感じる事ができません。

 

数多くあるヨーガの呼吸法の中から初心者が簡単に続けられ、体調管理として活用できる呼吸法を学んでいきます。

 

呼吸法を日常取り入れる事で ストレスを減らし、感情、イライラ、不安感、パニック症状等を抑制する事が可能になります。

ヨーガのアーサナの練習でも深い呼吸に意識を向けるのが難しいと思っている方も、呼吸法を学ぶ事で アーサナのストレッチも快適に気持ち良く行なう事がスムーズになります。 感情の抑制を助けます。良く眠れる様になります。

 

また、ヨーガの実践者ではなくても興味のある方に第一歩として最適な実践法です。

 

そして、瞑想前に呼吸法を繰り返すと、もっと深い所へ行くことができます。

 

インドで サルバンガァーサナ中〜 ちょっと一昔前の若々しい私

此の姿勢は喉に刺激を与えるので 

体の中の

流動する酸素と二酸化炭素の流れが喉の奥で感じるポーズです。↑

 

 

私の日常からの経験>>>つぶやき

 

最近 初心者のアメリカ人の生徒さんに、言われました。

”今まで 地元のいろんなヨガクラスの指導者に 呼吸の仕方について、訪ねると

”鼻から吸って口で出す” と教えられ、それを続けていましたが 

インドの伝統的なハタヨーガでの腹式呼吸法は違いました。”鼻から吸って鼻から履く”

目を閉じ口を閉じる。第三の目のチャクラに集中する。

試しに二つを比べてやってみると、 全く違う事に驚かされました。

鼻から出す法が、とっても深く もっとリラックスへと導かれる感じが分かります。

その後 マインドも爽やかに 穏やかになるのが 感じられます。

 

と驚かれました。

西洋の輸入ヨガ?は どこへどうなってそうなって行くんでしょうと

つくづく思うのであります。

 

去年

NYのシヴァナンダヨーガのクラスに行ってみました。

インドで修業されてない人達ばかりで構成されています。

カパラバティ、アヌロマヴィローマはやっていたにしても、アーサナ中に呼吸法を意識させる指導は行なっていませんでしたね。

ちょっと残念だ〜 と思うこと多々有りました。

白人の手に良って やり方が変化している様に見えました。

祈りのマントラも可哀想に、、、発音ハチャメチャでした。

でも 一生懸命やっているのには変わりはありません。指導者のエゴの強さも感じつつ、、、

私もここ アメリカでのヨーガ環境の実態を観させて頂き、お勉強だなと感じました。

 

NYのアイアンガーも受けに行って来ました。殆どの外国人指導者はまともに正座が出来ない様です。座布団三枚以上重ねてパドマーサナを頑張っています。 アイアンガーの先生に クッションを持ってくる様にと指示されました。 でも私がクッション無しで座れますからと 言うと、ちょっとおかしな表情をされました。そんなにクッション必要では無い人が都会には現れなかったのでしょうか? インド人もいっぱい住んでる街なのに! でもインド人は本物知ってるから、NYでも絶対インド人のヨギーを探すだろうな、、、と思うのであります。

例えばですが アーサナの練習に必要なのは 体と精神だけです。

インドに住む本物ヨギーは クッション、座布団、ヨガマットさえ必要なしです ゴザ一枚でも平気ですね。

タパス(耐えるという業)を磨くと受け入れ許容範囲が拡大に広くなると思われます。

 

 

OM Shanti

 

 

 

 

健康下着、癒しのふんどしはヨガウェア セレクトショップ,yoga, ヨガファッション,麻, ヘンプ

 

 

| yoga ヨーガ | 06:53 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする