CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Padmin story
泥、汚れた水の中からしっかりと根をおろしながら、美しく清らかな花が咲く蓮。蓮根は泥の中から出て来るのに、まったく汚れに染まっていません。葉も茎も泥はついていません。 蓮根、種子からも繁殖する力、生命力の強いエネルギーを持ち、葉が水を弾くことをロータス効果とも言いますが、つまり とらわれることが無いという事です。 泥水を迷いの世界、私達の日常社会の喩え、その中に心理を悟られ、正しい生き方を人々に伝えたお釈迦様を蓮の花に喩えています。 この意味は、今 自分の居る世界、立場から逃げ出して別の所に理想を求めるのではなく、今居る世界で精一杯輝く人間になる事を教えている様ですね。 『世界蓮』のお話ですが、インド最高神のひとりヴィシュヌは原初の水の中で大蛇を寝台として眠っていたそうです。四千ユガ宇宙世紀の眠りの後、彼は創造の志を起こしました。その意欲は蓮の型(世界蓮=カーロ.パドマ)をとって彼の臍から成長し、花が開花すると、そこにブラフマー(梵天=ぼんてん)が生じ花の台(うてな)に座して天地万物を造化しました。 蓮は生命発生の母胎と観られ、その観念はヒンドゥ教に反映されています。 古代インド ヒンドゥ教の神話では 『聖なる義務を成し遂げる者は罪に迷わない。あたかも蓮の葉に水が触れぬかごとく』 『泥沼から生え、気高く咲く花、まっすぐ大きく広がり水を弾くリンとした葉の姿』 世の欲にまみれず清らかに生きる事の象徴の様に、極楽浄土の象徴とされています。 インドラの楽園はサンスクリット語でnandana (ナンダナ)といって、歓喜極まる最高の喜びのステージをananda(アーナンダ)と表現します。 仏教『阿弥陀経』の中で浄土の様子でこう述べられています。 妙なる音楽、美しい鳥が飛び、天からは花びらが舞い、池には蓮が咲き誇っています。 その蓮の様子を『青色青光、黄色黄光、赤色赤光、白色白光』と記されています。 浄土の世界では青い蓮は青いままに輝き、黄色い蓮は黄色のままに輝き............. 違うままにそれぞれが美しく輝いています。 その輝きにおいて等しく尊いのです。人間はそれぞれ違います。外見も能力も...しかし同じ人間としての差は無く、等しく尊い存在です。 違ったままで相手を認めるとはどういう事でしょうか? 我々人間は完全無欠の人はいません。そもそも出来る事と出来ない事があるのが人間のありようで、出来る得意な能力や、個性を発揮する事こそ、命を活用するという事です。 『生きる』ことを通して、出来ない事を補い出来る事によって欠けている能力を満たしてくれるのが、縁の絆に支えられている人間のあるべき姿ではないかと思います。 『みんな違ってみんないい』 それぞれの個性が光り、お互いに輝いて生きて行ける事は素晴らしいですね★                                                    どちらかをクリック↓↓ 宜しくお願いします〜♥ にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村                                                 
ブログ王の投票リンクです〜。 クリック!宜しくお願いします!↓↓ 
ランキングはこちらをクリック!


総合サイトにもショップ登録しました〜!!
  Shop-Bell   ヨガ用品・ヨガウェア

エスニック系人気ランキング

エスニック系
かわいい下着人気ランキング

かわいい下着
美容・健康   Shop-Bell  
<< 屋久島ヨーガ&アーユルヴェーダリトリート2泊3日開催!2017年4月 | main | こだまのつぶやき 屋久島を想う日々  >>
更年期障害の悩みを抱えてる方へ

ナマステ〜

 

何を隠そう、自然の人生サイクルであろうが、自分も更年期障害の年代に突入して、こういう事なのかと、実感出来る様になった。

 

同年代の友人の経験話し(生理が全く来なかったり、1ヶ月間終わらなかったり)も聞いてはいたモノの、この数年自分でこの悩みに直面する事を話すのも ちょっと勇気があるかも。

 

2年前からホットフラッシュってコレ?

と思う 高熱+頭痛攻撃にも襲われた。

2週間も続いて、食欲も殆ど無くいっきに痩せたり でも 突然元気になったりして

”なんだったんだ!?” 

とずーと思っていたら、最近また 同じ質の高熱と頭痛が起きたのである。

 

体の深から出て来る熱は 風邪とは違うし、あの時の感じ って 体が憶えている。

頭痛の痛みも 偏頭痛の痛みとは違うのも はっきりと分かる。

 

その前後に2ヶ月間において 1ヶ月間生理のスキップがあったり、2ヶ月ぶりに始まったと思いきや、1週間毎に生理がだらだらと始まるし、その血の色も薄くて濁って、いつもと違ったり。。。。

たまに、血の匂いもキツくなったりして外出したくない気分まですらある。

 

1月にケララのアーユルヴェーダDr.Asha (女性)と雑談中に

色々と相談にのってもらえたんだが、

”しょうがないわよ、あなたは更年期だから、ただでさえ心と体はアップダウンが激しくなるし、今の季節気温の差が激しくなるから(ケララの1月は気温が激しい時期)、体の変化もそりゃアップダウンよ。自然と共有してるからね、私達は!”

 

で 気になる事があったので、聞いてみたのだ

”ドーシャ別に 更年期の閉経の終わり方は 様々だろうから、 特徴的に言うとどんな風なんですか??”

 

Drは

"そうね、ヴァータは不定期に生理が来たり来なかったり短かったり、長かったり、量が少なかったり、多かったりのパターン

ピッタは 突然の閉経 に入り、

カパは ダラダラと長く、量も多くが続くパターンで閉経する事が多いわね=””

 

 

私も凄く納得が行くんです。

’だって、私は元々自分でヴァータピッタのプラクルティと思ってるんですが、ドクターはどう思われます??”

”当たってると思います”という返事でした。

 

よく思い返してみると、

 

初めてホットフラッシュに見舞われたときは 秋のピッタが乱れる時期でした。

そして、今年のホットフラッシュは 暑いインドから帰国して、日本の寒い乾燥した場所に戻って来て、すぐに起こった事で、、

旅の疲れも影響しますが、ピッタを乱した体で乾燥した寒い場所に戻れば、そりゃヴァータが上がり、痛みを伴う頭痛と熱といつもと違う生理の血の色と大衆的な血の匂いに悩まされた訳です。

 

生活環境を整えて、体が慣れた今は 普通に戻っているので、今は落ち着いたかな?と思っているのですが、今度は春真っ盛りになる時期に突入だし、体は常に季節に影響されるから、ちゃんと季節の風土と食べ物を良く感じ取りながら、生活しなくっちゃと

再度の自分に言い聞かせている所です。

 

今回のホットフラッシュには、ラスナディパウダーとレモン汁を混ぜてペーストにし、額に塗ったり シャタバリカプセルを飲んだり

とホームレメディはしつつ、回復を待った訳です。以前の様に2週間もかからず、今度は予想していたので2日でなんとか乗り切りました。

↓↓↓

ケララでの薬局工場に行って来た時にドクターに教えてもらった、ラスナディの葉です。

 

↓↓↓

ドクターAshaと久しぶりの再会、友人のドクターとジョーテッシャーに囲まれて今年は意味あるインド滞在になりました。

 

 

春は蕗、よもぎ、竹の子 山菜づくしなので 苦味や渋味が効いた 春の恵みの野草を沢山摂るのが一番です。

現代の日本は西洋的な食事で育ち苦味が不得意な方が沢山いると聞きます。

生徒さんの中でも やはりカパが溜りやすい方は 苦味を多く取入れてなかったりしていました。

春はカパの季節です。

そう、

人間(動物も)も秋から冬にかけて栄養を沢山取入れて 貯えた物が、春に排出させるにふさわしい時期なのです。冬は行動もゆっくりで体も固まった状態でしたので、体を動かしながら、排出時期のチャンスをいかして、体に溜った凝り固まった毒素を体の水分と一緒に 野草を利用して デトックスしてあげましょう!!

 

苦味は良く体を乾燥させる働きが有ります。カパ優勢の方は得にお薦めです。でも摂りすぎると体が冷えるので、生姜等の温める作用の物も一緒に摂る事をすすめます。

渋味も 体を軽くし、乾かし、冷やしますので、ピッタカパの両方優勢の方にもお薦めします。

でもね

ヴァータばかり優勢な人は山菜が好きだからと言って摂りすぎには注意、前菜位の少量にしておく事をお薦めします。

 

好きな物、味等は 自分の性質に似てるから、自然に欲するのです。

そこの部分

抑制コントロールが大事だって事に気がつけば良いのですよ。

 

 

6月以降は雨期になりますが、春の始めは 苦味渋味を取入れてデトックス準備ですね。きっと五月位〜どばどばぁと体の穴という穴から排出効果が始まるでしょうね。敏感な人は来月辺りからかもしれません。

 

ということはですよ。

私はまだ閉経してなかったとすれば、今年の生理の血の量もドバドバぁ なんでしょうか

と予想して、、、

はい、しっかりと山菜にお世話になろうかと思います。

+油っぽいもの、水っぽいもの、冷たいもの、体を冷やす食品、消化に重いものをなるべく控えて行きたいと思います。

 

日本の米はバスマティ米に比べると重性の食品なので(ほら、ネバネバとスターチが多いでしょ?)

炒ってから炊く事にしています。そうすると 本当に胃にもたれず、消化しやすいなーと感じますよ。

プラース、私は炊く時にはスパイスも加えています。もっと消化を助けるからですよ〜❤

 

スパイス料理でホームレメディの智慧を活用しましょう。

 

 屋久島リトリート yoga and Ayurveda

4/8から開催です。宿泊込み

夢の屋久島で心と体のデトックスですよ!!

まだ2名程 空きがございますので、お早めにご予約くださいませ。

詳細↓

https://yakushimayoga-ayurveda-retreat.jimdo.com/

 

 

屋久島で御待ちしております!!

OM Shanti

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:アンチエイジング

| Ayurveda  アユールヴェーダ | 14:39 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする