CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Padmin story
泥、汚れた水の中からしっかりと根をおろしながら、美しく清らかな花が咲く蓮。蓮根は泥の中から出て来るのに、まったく汚れに染まっていません。葉も茎も泥はついていません。 蓮根、種子からも繁殖する力、生命力の強いエネルギーを持ち、葉が水を弾くことをロータス効果とも言いますが、つまり とらわれることが無いという事です。 泥水を迷いの世界、私達の日常社会の喩え、その中に心理を悟られ、正しい生き方を人々に伝えたお釈迦様を蓮の花に喩えています。 この意味は、今 自分の居る世界、立場から逃げ出して別の所に理想を求めるのではなく、今居る世界で精一杯輝く人間になる事を教えている様ですね。 『世界蓮』のお話ですが、インド最高神のひとりヴィシュヌは原初の水の中で大蛇を寝台として眠っていたそうです。四千ユガ宇宙世紀の眠りの後、彼は創造の志を起こしました。その意欲は蓮の型(世界蓮=カーロ.パドマ)をとって彼の臍から成長し、花が開花すると、そこにブラフマー(梵天=ぼんてん)が生じ花の台(うてな)に座して天地万物を造化しました。 蓮は生命発生の母胎と観られ、その観念はヒンドゥ教に反映されています。 古代インド ヒンドゥ教の神話では 『聖なる義務を成し遂げる者は罪に迷わない。あたかも蓮の葉に水が触れぬかごとく』 『泥沼から生え、気高く咲く花、まっすぐ大きく広がり水を弾くリンとした葉の姿』 世の欲にまみれず清らかに生きる事の象徴の様に、極楽浄土の象徴とされています。 インドラの楽園はサンスクリット語でnandana (ナンダナ)といって、歓喜極まる最高の喜びのステージをananda(アーナンダ)と表現します。 仏教『阿弥陀経』の中で浄土の様子でこう述べられています。 妙なる音楽、美しい鳥が飛び、天からは花びらが舞い、池には蓮が咲き誇っています。 その蓮の様子を『青色青光、黄色黄光、赤色赤光、白色白光』と記されています。 浄土の世界では青い蓮は青いままに輝き、黄色い蓮は黄色のままに輝き............. 違うままにそれぞれが美しく輝いています。 その輝きにおいて等しく尊いのです。人間はそれぞれ違います。外見も能力も...しかし同じ人間としての差は無く、等しく尊い存在です。 違ったままで相手を認めるとはどういう事でしょうか? 我々人間は完全無欠の人はいません。そもそも出来る事と出来ない事があるのが人間のありようで、出来る得意な能力や、個性を発揮する事こそ、命を活用するという事です。 『生きる』ことを通して、出来ない事を補い出来る事によって欠けている能力を満たしてくれるのが、縁の絆に支えられている人間のあるべき姿ではないかと思います。 『みんな違ってみんないい』 それぞれの個性が光り、お互いに輝いて生きて行ける事は素晴らしいですね★                                                    どちらかをクリック↓↓ 宜しくお願いします〜♥ にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村                                                 
ブログ王の投票リンクです〜。 クリック!宜しくお願いします!↓↓ 
ランキングはこちらをクリック!


総合サイトにもショップ登録しました〜!!
  Shop-Bell   ヨガ用品・ヨガウェア

エスニック系人気ランキング

エスニック系
かわいい下着人気ランキング

かわいい下着
美容・健康   Shop-Bell  
<< ケララの年末年始を過ごしています。 | main | 屋久島ヨーガクラス2月−3月スケジュール Yakushima Yoga Class Feb.-Mar. >>
瞼の炎症 ものもらい のアーユルヴェーダホームレメディ

❤ナマステ〜❤

 

旅が始まる前後に たまに ものもらい が出てくる事がある。

いつも 同じシチュエーションの時が多い。。。何故なのか

自分自身を観察する事がまず大事。

 

旅支度が始まる時から、あれやこれやと日常生活が忙しくなる。

支度に考えすぎて、熟睡していないのも 体調が弱まる原因があると思う。

そうすると、菌に対する免疫力が下がる、目が疲れている、 というのが最も大きな原因の一つ。

 

アーユルヴェーダを学ぶと、色んな工夫で 酷くなる前に早く処置をして 自分自身で早く治す事が出来る様になった。

例えば風邪もそうだ。

 

家庭で出来る処置は 薬草と飲食の食材をいかに利用するかだ。

 

今回の旅は、モンタナ州の温泉〜アメリカの自宅〜NY〜日本〜インド。。。続く。。。 という結構な移動

出発前から ものもらいが 発症 

抗生物質の塗り薬は日本から持っていたのだが、 菌によっては効かないものもある。

 

トリフャラの粉を持っていたので、小さじ一杯を数時間ミネラルウォーターに浸し 粉は底に沈んでるので上澄みを

おちょこ位のカップに入れる。 何度もそれで目にカップを付けて、其の汁で洗うのです。目を何度も瞬きしてはじーっと浸す様にあらう。 繰り返し新しい汁をカップに注ぎ 目を洗う。

ついでに、殺菌効果のとても強い ニームのカプセルも飲む。また 殺菌効果のあるトゥルシーティーもしくはカプセルもあると良いでしょう。

 

次の日には少しづつ晴れが軽くなって行くのを感じる。

だいたい3〜4日目で私のものもらいは かなり完治に近くなる。

 

トリフャラは ものもらいだけでなく、老眼、目の疲れ、清浄、視力アップを助ける 素晴らしいハーブだ。

そして、ビタミンCが レモンよりも数倍豊富で、風邪の引き始めに摂るようにしている。

三つの体質を全てバランスさせるので、どの体質の人にも適応出来るのが素晴らしい点だ。

ですので ドクターお墨付きの万能薬と言われている。

便が出にくい、硬い、柔らかい、便秘、下痢 全てのお腹の問題にも役立ってくれる。

消化を整える事のも (アーユルヴェーダはとても重要視する)体調を良くするので 私は旅行中、必ずトリフャラを持ち歩いている。

体調が優れないとき、便を快調に排泄させる、促す事で、症状を軽減される事は誰でも経験済みだと思うが、

私の経験では、トリフャラは その方向へと導いてくれる。

何度かトリフャラについて投稿しているのですが、 本当にミラクルなので何度も説明したくなるハーブ。

三つの果実という意味で、 アマラキ、ビビタキ、ハリタキ の三つの果実が混ざっています。

ビタミンCが抜群のアマラキ(アムラ)だけでも 風邪の時は助かるハーブ。インドではアマラキの生の果実を水につけて 目をあらったり、ジュースにして飲んだりします。 新鮮名アマラキは渋味があるが、超冷性なので、熱中症にも良い。

アマラキのピクルスも 結構美味い!

 

ということで、 沢山の活用法があるのだ。

 

おや、目の炎症かな? 風邪かな?と思ったら すぐにトリフャラが 側にあると 鬼に金棒 !!

 

家庭の常備薬に 是非お勧めしたいハーブです。

 

 

もうすぐ、新しい年を迎えますね。

この場を御借りして、、、今年も 皆様には大変お世話になりました。

来年は また 私にとって、次なるステップとチャレンジの年でもあります。それが出来るのも 私の周りの方々の愛と思いやりの行為のおかげだと想います。

今まで 色々とご協力頂いた 方々への感謝いたします。。。

そして

この先も 皆様が健康で幸せの中に存在する事が出来ます様 心から御祈りします。

 

ヴァーナプラスタ(簡単にいうと隠居という意味)への段階に来ている私ではございますが、

さらに 認識できるよう、愛と与える行為を惜しまぬ様 心がけて精進したいと想います。

 

良いお年を!!

 

 

屋久島リトリートYoga&Ayurveda

4/8-10 2泊3日のツアー 参加者募集中↓

https://yakushimayoga-ayurveda-retreat.jimdo.com/

 

若干の空きがございます。お申し込みはお早めに!

 

 

 

 

 

 

 

健康下着、癒しのふんどしはヨガウェア セレクトショップ,yoga, ヨガファッション,麻, ヘンプ

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:健康

評価:
価格: ¥ 390
ショップ: PADMIN
コメント:自然の香り、手づくりの無添加石鹸 とても上質で きめ細かい泡になります。 インドから個人輸入注文の商品

| Ayurveda  アユールヴェーダ | 16:35 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする