ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< インドでの両替事情 | main | 瞼の炎症 ものもらい のアーユルヴェーダホームレメディ >>
ケララの年末年始を過ごしています。

 

メリークリスマス! 

 

というご挨拶 インドでも どの宗教にこだわらずお祝い気分です。

 

私の親(天皇陛下と同じ歳)の時代は クリスマス行事を知らずに育ったので、当然私の子供時代は そんなに派手やかな家族のお祝い行事はなかった記憶がある。

 

一生に一回だけ五歳の時 凧揚げの凧が枕元のにあって、 サンタさんが届けてくれました。

 

次の年期待してたけど、 姉が サンタさんなんて嘘だよって、、、どこの家にもありがちな告白に 私の夢は壊れました。

 

ケララの田舎ではクリスマスツリーは有りません。 盛大なオーナメントが無いけど サンタさんが 道端に現れます。

髭マスクを着けた面白い格好で 、ルンギを着たドラム奏者と一緒に 踊りながらパレード するのです。 多分クリスチャンでしょうね〜。 シンプルな お祝いに ホッとします。

 

イルミネーションは無く とってもエコ的な素朴な行事は 日本も見習えば良いのに! と思います。

 

何でもかんでも 商業ベースに進んじゃうと 物質界も非物質界も ゴミだらけで汚染されちゃうわよね。

 

ヨーガの道 も 本来は 商業ベースの観点ではなかったはずが、 本当のヨーガの本質を知らない人たちが スタジオを設け 特定の名前と形を作り、 ファッションブームの波に 乗せて それをツールに金儲けに走っている世の中になってしまった。西洋人たちががそれを利用して 雑誌を作り 商業する様になり、それを日本や アジア諸国も 逆輸入的に イメージを打ち出している。ご存知の様に、西洋風ヨガ?が お洒落と思っている方々 の中には 日本もとっては 本来の 原点であるヨーガについての哲学や理論追求を しない人が 多い傾向がある。要するに 内面の美しさ と 表面的には言っていても 実際には それよりも  形と名前 ブランド志向というものでしょうか、、、いわゆる、外見ばかりを意識した方向に比重が強くなった yoga が  私の言う  商業ベース的yoga である。

 

実際、インドでも外国人専用のヨガブームにもなっているが、若い人達は自然に考えても欲が強いため 外人を呼び込んだ 仕事として金儲け主義に走る人も増えた。

しかし

私が呼ぶ インドにいる マスター達は  ヨーガを教える事は 特定の仕事とは思っていない。

自分に課せられた義務=ダルマ そして カルマの解消の目的として 教えているので、もっと自由なのである。

昔から インドでは いつもドネーションによって ヨーガサークルが 成立している。

生徒が マスターを支えている形になる。

マスターは 料金を決めることは無く どんな形でも受け入れる容量の深さが 問われる部分だと 私は認識してきた。

そういう人達に出会えた時は 自分の心の在り方に気づかされるのだ。

インドで暮らすと 以前の私から 生まれ変わって 新しい人生が 始まった様な気がする。

ヨーガの本来の姿を感じ 目が覚めた部分が沢山ある。これからも目覚める事を続けれるといいなぁと思う。

 

ですから、本場の 本当のヨーガマスターと言うのは ヨガスタジオ なんていらないのです。 どこでも 自由に どんな人のためにも扉を開け ヨーガの哲学を含めた アーサナを 幸せと健康についての知識を 師から師へと伝える事を 務めている。

それは あるがままに 必要とされ あるがままに 自分に必要だから 行い(カルマ)として 続いてるのである。であるからして続くものであると私は信じます。

 

幾つか つぶれたヨガスタジオを都心で見かけます。

それは おそらく 健康ブームをうたった商業ベースでの観点でしか 無い経営者で 本来のヨーガに対する理解が無いメンバーだと 結局は ヨーガを続けようと思う人は そこには集まらない結果を生むのではなかろうかと推測します。

 

私にとってのヨーガは 人生そのもの の理解が ヨーガであるし、 組織的な物に縛られたく無いので、 これからも自由な感覚で やっていきたいと願っています。

 

アーユルヴェーダの観点でも そう

 

空 風 火 水 地 

 

のバランス の中で 全ての生命体 非生命体は 形成されている。

それらのエネルギーを 自己で敏感に感じる事を日々務めている。

 

ある日本の学校での記事で 空を 空気 と表現されているが

一言言いたいとすれば

私の学んだ部分では 空 は 空間=スペース であるが、Air では無い。

 

これらの五大元素の中で一番最も 最初に必要な自然要素は何か ご存知であろうか?

空である

と学びました。

 

それが無ければ、他の4つは存在できないはずである。

 

だから ヴァータ(空 風)のサブドーシャである様々な種類のプラーナ、ウダーナ、ヴィヤーナ、サマーナ、アパーナは

空の中の流動する風との組み合わせによって

最も心と体を繋ぐ 生命体に必要な 気 とも呼ばれるエネルギーの活性化を担う役割があるのである。

 

何だか勉強モードになってしまいましたが、

 

アーユルヴェーダもヨーガも

深く追求すればするほど、 その時の自分の意識レベルによって どんどん 違う角度から 気づきがやってくるから

ヴェーダという知識は尽きる事が無いものなんだと

私は言いたかったのかなー?。。。。。

 

ちょっと書いて スッキリしたかも!

 

皆様 今年は大変お世話になりました。

 

生きる者の全ての人々が 幸せを感じ平和の波紋を広げ  全ての世界が一つとなり 分かち合い 内側から洗われ清められます様に。

 

来年も良いお年をお迎えください。

 

Kayoko

 

 

 

屋久島リトリートYoga&Ayurveda

4/8-10 2泊3日のツアー 募集中↓

https://yakushimayoga-ayurveda-retreat.jimdo.com/

 

若干の空きがございます。お申し込みはお早めに!

 

 

JUGEMテーマ:健康

| インド滞在記 | 15:18 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする