CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Padmin story
泥、汚れた水の中からしっかりと根をおろしながら、美しく清らかな花が咲く蓮。蓮根は泥の中から出て来るのに、まったく汚れに染まっていません。葉も茎も泥はついていません。 蓮根、種子からも繁殖する力、生命力の強いエネルギーを持ち、葉が水を弾くことをロータス効果とも言いますが、つまり とらわれることが無いという事です。 泥水を迷いの世界、私達の日常社会の喩え、その中に心理を悟られ、正しい生き方を人々に伝えたお釈迦様を蓮の花に喩えています。 この意味は、今 自分の居る世界、立場から逃げ出して別の所に理想を求めるのではなく、今居る世界で精一杯輝く人間になる事を教えている様ですね。 『世界蓮』のお話ですが、インド最高神のひとりヴィシュヌは原初の水の中で大蛇を寝台として眠っていたそうです。四千ユガ宇宙世紀の眠りの後、彼は創造の志を起こしました。その意欲は蓮の型(世界蓮=カーロ.パドマ)をとって彼の臍から成長し、花が開花すると、そこにブラフマー(梵天=ぼんてん)が生じ花の台(うてな)に座して天地万物を造化しました。 蓮は生命発生の母胎と観られ、その観念はヒンドゥ教に反映されています。 古代インド ヒンドゥ教の神話では 『聖なる義務を成し遂げる者は罪に迷わない。あたかも蓮の葉に水が触れぬかごとく』 『泥沼から生え、気高く咲く花、まっすぐ大きく広がり水を弾くリンとした葉の姿』 世の欲にまみれず清らかに生きる事の象徴の様に、極楽浄土の象徴とされています。 インドラの楽園はサンスクリット語でnandana (ナンダナ)といって、歓喜極まる最高の喜びのステージをananda(アーナンダ)と表現します。 仏教『阿弥陀経』の中で浄土の様子でこう述べられています。 妙なる音楽、美しい鳥が飛び、天からは花びらが舞い、池には蓮が咲き誇っています。 その蓮の様子を『青色青光、黄色黄光、赤色赤光、白色白光』と記されています。 浄土の世界では青い蓮は青いままに輝き、黄色い蓮は黄色のままに輝き............. 違うままにそれぞれが美しく輝いています。 その輝きにおいて等しく尊いのです。人間はそれぞれ違います。外見も能力も...しかし同じ人間としての差は無く、等しく尊い存在です。 違ったままで相手を認めるとはどういう事でしょうか? 我々人間は完全無欠の人はいません。そもそも出来る事と出来ない事があるのが人間のありようで、出来る得意な能力や、個性を発揮する事こそ、命を活用するという事です。 『生きる』ことを通して、出来ない事を補い出来る事によって欠けている能力を満たしてくれるのが、縁の絆に支えられている人間のあるべき姿ではないかと思います。 『みんな違ってみんないい』 それぞれの個性が光り、お互いに輝いて生きて行ける事は素晴らしいですね★                                                    どちらかをクリック↓↓ 宜しくお願いします〜♥ にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村                                                 
ブログ王の投票リンクです〜。 クリック!宜しくお願いします!↓↓ 
ランキングはこちらをクリック!


総合サイトにもショップ登録しました〜!!
  Shop-Bell   ヨガ用品・ヨガウェア

エスニック系人気ランキング

エスニック系
かわいい下着人気ランキング

かわいい下着
美容・健康   Shop-Bell  
<< Yakushima Yoga class 屋久島ヨーガクラス スケジュール | main | ケララの年末年始を過ごしています。 >>
インドでの両替事情

今回のインド到着後 初めて味わった経験をお伝えします。 もうすぐインドに渡る皆様のために

その事情を伝えた方が何かのためになると思って投稿します。

 

インドでは中心都市以外は 殆どの店は現金での取引です。ですから政府はブラックマネーが充満しているこの国を制御する為も一つの対策になったのだろうと思います。そして、民間に 電子マネー、クレジットカードの利用を増やしたいというもくろみもあると思います。  現地でインド人も皆そう言ってるのです。

今月、 突然数時間後にインド政府が500ルピーと1000ルピー紙幣が市場で使えなくなると言う発表がありました。 旅行者のみならず、タンス預金している民間も度肝を抜かれた出来事でした。

 

ブラックマネーですから、銀行に紙幣を持って行けない人達も鬼の様に居るらしく、紙切れとなった紙幣を貧しい人達に配りまくったという説も沢山あるそうです。

 

12月30日までは 古い紙幣は 銀行に行けば、古い紙幣は交換してくれるそうです。

私は渡航前にそれを知って 安心して、それを期待していました。

 

 

今回 私は

初めて、china easternという飛行機を使ったのですが、上海で乗り継ぎ、デリーまで行くのに 2時間も到着が遅れ、

次の予定をしていたゴア行きの便に乗り遅れました。自動的に次の朝の列車にも乗れない羽目になった訳です。

本来ならば、適当にホテルに泊まり、WIFIをゲットし、旅程を立てる事が簡単に出来る事だったのですが、今回は選択の余地はありませんでした。

なぜなら、古い紙幣と使える紙幣250ルピーしかなく、タクシードライバーには、近くのホテルまでは600ルピーで 250ルピーは不可能だと断られました。

なんとか事情を話して、助けてくれないかと説明しても デリーは通じる場所ではありません。

ドライバーはクレジットカードサービスは扱っていません。

 

乗り遅れた、ゴア行きの便はオンラインチェックインしてあったのにも関わらず、無料で便変更もしてもらえません。そして一度空港を出てしまったら、空港内のwifiを拾おうとしても館内にも航空チケット無しでは入れてもらえず、しょうがなく、チケットカウンターという別館内に誘導されてしまった次第です。

ホリデーシーズンと重なって、正規の航空券は日本と変わらない値段です。インドの正規値段でも安いだろうと勝手に思っていた私は、ここでまたショックを受けてしまいました。思ってもいない出費に唖然。しかも最初に聞いた値段から1時間ぐらい検討して迷っていたら、また値段が上がって、、、

何度も大ショック!

しまいには親切なチケット売り場の人が、私の状態を案じてくれて、彼の持っていた携帯のインターネットで格安チケットを検索してくれたのですが(ここがインドの凄い所)結局 20時間かかる乗り継ぎの多い便のチケットで値段がそんなに変わらない事を比較し、 疲れきった私の決断は、少しでも早く着く、5時間後の便に乗る!

に決めました。

現金があれば、ホテルでもっと疲れを癒して ゆっくり考えて出直すという手はありましたが、急遽の出来事に対し コレでいいのだ 後で幸運はやって来る!と断言し、日本ーインド往復チケットより ベラボ=に高い国内線チケットを買って再出発した訳です。

好きでないゴミゴミしたデリーに1週間のこって 予約が難しい列車のチケットを探しまわる旅よりかは 高い時間を買った方がマシという想いでもありました。

 

 

乗り継ぎの地バンガローに着き、まず両替所でドルからルピーに換金しようと行くと、そこでは一日に100ドル分しか変えられない事になっておりました。 換金ショップも銀行から現金を沢山得る事が出来ないという理由です。

 

搭乗口に一つしか無いATMを探すと、インド人の凄い列!どうなってるんだと思いながら、自分の番が来て、お金をおろしてみると 2000ルピーしかおろせない事になってるのです。インド人に聞いたら、インド人でも毎日2000だけしか現金をおろせないという事でした。

 

旦那様の居る ケララにやっと着いて、 まずインド人の友人に銀行で古い紙幣を取り替えられるかを確認しました。

応えはノー!

えーーーー!なんで?

旅行者は新しい紙幣に変えてもらえないそうです。インド人なら現金にならないけど持ってる口座内で古いお金を入金する手続きが出来るんだそうです。

 

で、どうしたかというと

その友達に 古い紙幣は全部譲りまして、 お金に変わる物と交換という事になった訳です。

実際、現金を沢山おろせないインド人に、 毎日お金を少しずつおろして換金してとは 言えませんでした。

現地の人も苦労してるのに、、、それは厚かましいかな–と私なりの判断です。

 

田舎の両替所は4店舗位しか無いので、苦労しています。

一つ目は、現金が無いから変えられないといわれ、2つ目は殆ど無いけど5000ルピーならなんとか、でも一人だけだよと言われ、旦那に譲り、3つ目の店はチェックなら発行出来るけど、それは銀行口座がある人だけよ。と言われ、4つ目の店は 4000ルピーなら何とかといってくれて、やっとここでその日は換金出来ました。 次の日にまた行くと、ダメダメ!1週間に一度しか変えられないルールがあるんだよ。と断られた始末。。。

 

 

こんな状態だと、旅行者はまともに安心して旅行が出来ないというのが現状で、 周りを見渡しても、外国人観光客は殆どと言っていい程居ないのですよー。。。 皆 旅程を変えて隣の国へ移ったとしか思えん程です。 空港内でも殆どがインド人の観光客でした。 インドのバブルがやってくる勢い。 5年前のデリーに比べると 民衆は 見違える様にお洒落でブランド物を沢山持っている光景を目の辺りにしました。 いやー 本当にインドは急激に変わっています。 値段も 昔より 高級品は倍近く高騰している感じで、この先も上昇する勢いを感じます。

 

空港での出来事の中で 困ってる私に親切なインド人の手助けをわすれません。インドの携帯電話番号が無いとFree wifiが持てないシステムの空港でも、電話番号を貸してくれた人もいました。 ホテルや主人に連絡したいので、私の代わりに電話をしてくれた人もいました。 今回は タクシードライバー以外は皆親切で 皆で助け合う精神、これぞインドというところがたまりません。人々の温かい思いやりに感謝しながら、インドに乾杯です。

 

銀行騒動で揺れ動いてる状況の中、インド人は大変と言えども 笑って、NO PROBLEMと交わし、そのうち落ち着く事を祈りまくる パワフルな国です。

 

こんな面白い国は 何処にもありませんことよ!!

 

 

 

屋久島リトリートYoga&Ayurveda

4/8-10 2泊3日のツアー 参加者募集中↓

https://yakushimayoga-ayurveda-retreat.jimdo.com/

 

若干の空きがございます。お申し込みはお早めに!

 

JUGEMテーマ:アジア

| インド滞在記 | 16:50 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする