CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Padmin story
泥、汚れた水の中からしっかりと根をおろしながら、美しく清らかな花が咲く蓮。蓮根は泥の中から出て来るのに、まったく汚れに染まっていません。葉も茎も泥はついていません。 蓮根、種子からも繁殖する力、生命力の強いエネルギーを持ち、葉が水を弾くことをロータス効果とも言いますが、つまり とらわれることが無いという事です。 泥水を迷いの世界、私達の日常社会の喩え、その中に心理を悟られ、正しい生き方を人々に伝えたお釈迦様を蓮の花に喩えています。 この意味は、今 自分の居る世界、立場から逃げ出して別の所に理想を求めるのではなく、今居る世界で精一杯輝く人間になる事を教えている様ですね。 『世界蓮』のお話ですが、インド最高神のひとりヴィシュヌは原初の水の中で大蛇を寝台として眠っていたそうです。四千ユガ宇宙世紀の眠りの後、彼は創造の志を起こしました。その意欲は蓮の型(世界蓮=カーロ.パドマ)をとって彼の臍から成長し、花が開花すると、そこにブラフマー(梵天=ぼんてん)が生じ花の台(うてな)に座して天地万物を造化しました。 蓮は生命発生の母胎と観られ、その観念はヒンドゥ教に反映されています。 古代インド ヒンドゥ教の神話では 『聖なる義務を成し遂げる者は罪に迷わない。あたかも蓮の葉に水が触れぬかごとく』 『泥沼から生え、気高く咲く花、まっすぐ大きく広がり水を弾くリンとした葉の姿』 世の欲にまみれず清らかに生きる事の象徴の様に、極楽浄土の象徴とされています。 インドラの楽園はサンスクリット語でnandana (ナンダナ)といって、歓喜極まる最高の喜びのステージをananda(アーナンダ)と表現します。 仏教『阿弥陀経』の中で浄土の様子でこう述べられています。 妙なる音楽、美しい鳥が飛び、天からは花びらが舞い、池には蓮が咲き誇っています。 その蓮の様子を『青色青光、黄色黄光、赤色赤光、白色白光』と記されています。 浄土の世界では青い蓮は青いままに輝き、黄色い蓮は黄色のままに輝き............. 違うままにそれぞれが美しく輝いています。 その輝きにおいて等しく尊いのです。人間はそれぞれ違います。外見も能力も...しかし同じ人間としての差は無く、等しく尊い存在です。 違ったままで相手を認めるとはどういう事でしょうか? 我々人間は完全無欠の人はいません。そもそも出来る事と出来ない事があるのが人間のありようで、出来る得意な能力や、個性を発揮する事こそ、命を活用するという事です。 『生きる』ことを通して、出来ない事を補い出来る事によって欠けている能力を満たしてくれるのが、縁の絆に支えられている人間のあるべき姿ではないかと思います。 『みんな違ってみんないい』 それぞれの個性が光り、お互いに輝いて生きて行ける事は素晴らしいですね★                                                    どちらかをクリック↓↓ 宜しくお願いします〜♥ にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村                                                 
ブログ王の投票リンクです〜。 クリック!宜しくお願いします!↓↓ 
ランキングはこちらをクリック!


総合サイトにもショップ登録しました〜!!
  Shop-Bell   ヨガ用品・ヨガウェア

エスニック系人気ランキング

エスニック系
かわいい下着人気ランキング

かわいい下着
美容・健康   Shop-Bell  
<< ヒマラヤ の岩塩 ピンクソルト | main | すっぴん美肌を目指そう! >>
2015年アーユルヴェーダ講座のご報告 (愛知編)

JUGEMテーマ:アンチエイジング

❤Namaste❤

ご報告が 大変 遅くなりましたが、2015年の帰国中は凄まじいスケジュールの中、ブログ報告出来なかった事、主催者のともこ先生にも生徒さん達にも お詫びいたしますm(_ _)m

愛知県豊橋市の 素朴で素敵な街にお邪魔しました。 こちらでの2回目のアーユルヴェーダワークショップは とてもとても充実していました。

ヨガのスタジオ santosha studioのともこ先生が、講座に向けてしっかり準備をしてくれたおかげで、無事素晴らしいクラスが修了出来た事、とても感謝でいっぱい!!です。

朝から夕方まで、丸一日の集中基礎講座とアーユルヴェーダ家庭療法と食事法についてを テキストを使いながら楽しく過ごさせて頂きました。 皆さん 最後まで すごく真面目に一生懸命に取り組まれてるお姿に、私も感銘を受けました。

2009年以降、インドで病院施設でのドクターや料理家達と過ごしたり、ホームスティでのインド生活を体験した学びを

こうやって日本でもインドの文化を伝えながら、学びを共有出来るのは

凄く有り難い事だなぁと感じます。 

また新しい出会いも私にとって宝であり、 皆さんの悩みをカウンセリングしながら、アーユルヴェーダ的考え方が人々に浸透していく様子を ワークショップを通して実感しています。

純粋に 学びたいと 思われる中、 過去に教え込まれた色んな考え方が 各個人にはありますので、まず 価値判断の思考(良いとか悪いとか)を 取り除く事をしないと 新しい智慧は 心と体に浸透していけません。

学んで、まず実践する事で、各々に結果的にどんな効果があったかを知る、感じる必要があります。 

感じる事に鮮明に生きてると、時間がかかるかもしれませんが、気付きが おとづれますね。 価値判断の思考を取り除く心構え というのは まさに 日常にも 純粋に知る事ができるツールを得る事が出来ますね。

心をニュートラルにするゼロにすることから、ポジティブに新たな学びを習得出来ると思います。 

 

基本中の基本といっても 結構、最初から奥が深いと 皆さん口を揃えておっしゃってましたが、

本当、テキストのみの知識を読んで、頭脳を使うだけでは、本当の基本を知る事は ありません。

家に戻って、繰り返し基本を熟孝し、実践し、結果 自分が変わっていく様を感じる事こそが、基本の学びです。

個々の体質を知る上で、 自己探求の旅に 生徒さんは楽しまれて居る様子。

組みになってセッションし合えるのも、自己発見に繋がるのです。

 

 

材料が揃えば、家庭で簡単に出来る、スキンケア等、家庭でも簡単に出来る、

インドの病院で薬剤師と修業した、万能薬トリカトゥを紹介しました。

 

基本的に ご家庭でスパイスを揃えていく事から 始めてみてください。

どんな自然食材もそれは 薬に代わると 意識もどんどん素晴らしい感覚にに変化していきます。

ともこ先生の計らいで、ランチはスパイスを取入れたマクロビ弁当を提供してもらいました。美味しかったです!

食べた後は眠くならない様に、なるだけ体を動かして 楽しむ実践の場を披露。

 

おやつは、アーユルヴェーダ的スイートの実践会

ギーを作る事からスタートし、

 

秋のまだ暑い時期の乾燥の季節に合わせて、レシピも考慮しながらのご紹介。

出来た頃は、沢山のスパイスとギーを取入れた、おやつとなりました。ほっこりと癒される時間。

今、こうやって書いているうちに、その時の様子が甦ってきました。

 

一日があっという間でしたが、 皆様の生きる喜びに繋がるアーユルヴェーダ講座を開けて

本当に 良かったと感じます。 

皆様の幸福をお祈ります。

 

次回 再会と新しい出会いがありますように!

 

tomoko先生(私のシヴァナンダヨガTTCの同期でもある素敵な友人です)の

ブログにも紹介されております。感謝!

↑良かったら訪問してみてください。

 

本当に、有り難うございました。

 

LOVE

評価:
価格: ¥ 750
ショップ: PADMIN
コメント:インド直送の個人輸入注文

| Ayurveda & Yoga Class | 06:26 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする