ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< アミガサタケ属 モレルマッシュルーム | main | 山男の お仕事が 凄い! >>
コリアンダー(パクチー)のチャツネ
Namaste

25年以上前ですが
タイに長期滞在するのが大好きで、住もうかと真剣に考えた事もありました。
タイのゆるーい雰囲気とタイ料理に嵌り、コリアンダーの葉も好きになったのはその頃からです。

その後、縁あって20数年前に札幌に15年も住んだのですが、、、住み始めた頃は北海道の都市といえども 現在と全く比べ物にならない位 田舎な街でした。タイ料理レストランを探しても、1軒やっとあるかないかという感じで、いざ 行ってみると、北海道自体にパクチーが存在して無く 全く辛くなく、本当に寂しい思いをしたものです。
昔はパクチーって駄目な人が多くって市場に出回らないから、しばらく 本格的な東南アジア料理屋に行けませんでしたね。
札幌も 凄い都会になっちゃったし、本当 日本全国 民間の味の好みも 幅広くなった様な 気がします。

日本全国といっても、まだ都市中心にコリアンダーの葉が手に入る様になって、世界の輸入食品カルディーとかいう店も沢山増えて
皆さんも料理の幅が ふえてきたのではないでしょしょうか。。。

なんで パクチー っていうのか知りませんが
生のコリアンダーの葉は 冷性です。

でもコリアンダーの種のスパイスは温性ですよ。
お間違いなく。

暑い夏には生の葉はかかせませんね。
ほてった体を冷ましてくれます。
なので、ピッタ体質の人は 是非ともな生を召し上がれ〜

カレーの上に少し刻んだ生葉を載せて 爽やかな香りで消化力を促します。
そう、コリアンダーの葉は消化力を上げてくれます。
そして 体の重金属をげ解毒させる作用があるとか。。。



パコラ(インドの揚げ物)にこのコリアンダーチャツネ や 
トマトやコリアンダーの葉入りライタをそえると
よりいっそう美味なんです。
ちなみに  ライタとは ヨーグルトサラダです。
ヨーグルトはちちょっと重性で消化に重いので、カルダモンやクローブ コリアンダーの種 クミンなどのスパイスを少々加えてあげると重性度が軽くなりますよ。




 

チャツネの作り方

新鮮なコリアンダー 束
切ったリンゴ 
ライム 少々
切ったトマト 
青とうがらし
マンゴーパウダー 少々
岩塩 少々

全てをミキサーで ペーストにする。

Om shanti




JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

 
| アーユルヴェーダ料理 | 12:41 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする