ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< 朝の散歩で爽快度UP! | main | アミガサタケ属 モレルマッシュルーム >>
スパイスたっぷりアップルクランブル




∞ナマステ〜∞


最近、私も旦那様の 孫ちゃんが4歳となり、わんぱくで可愛いもんだから
お菓子を作る機会が増えました。

実は、高校時代 一年間クッキングクラブに所属していたので、なんとなくお菓子の作り方は体が憶えてる事に気がつきました。

無意識レベルの記憶って凄いね!
スキーでも 子供の頃にやってただけで、大人になってもちょっと練習すれば滑れる様になるのと同じで、
しばらく やっていなくても 体は憶えてるもんなのです。

クキングに関しては、まず第一に”料理は心”と言われる程、愛を注がないと美味しく出来ないものです。
お母さんの料理が一番
と良く言われるのは、愛情がそこに注がれてるから 味が伝わるもの。

第二に 作る側のセンス(味覚バランス、鮮度、切り方、火の使い方、盛り 、食材の合わせ方)が
いかに、繊細に作る側の丁寧な心遣いとなるかで 大きく差が開いてきますね。 

私は板前レベルではありませんが、 家庭料理としては 子供の頃から経験を積んできました。
母の料理の手伝いは ちょうど炊飯器が壊れて お鍋で炊く時期もあったので、お米の炊き方を見よう見まねでやってみたり、、、
今考えると、お米を鍋で炊く というのはその時代有り難いことだったのでしょう。
今はどこも炊飯器なので、子供が鍋でお米を炊く機会というのは なかなか在る時代ではないのかも、、、、

お子様がいらっしゃるなら、是非お料理を一緒にされると、子供の自立心と食のセンスは 光り輝く事だと思います。
好きなものだけを 食べさせるのではなく、嫌いというものも がんばって食べる努力をさせるのは とても大事な事だと思います。
私は 大根の煮物や苦い野菜が苦手な子供でしたが、母親が残さず食べないとテーブルから離れたら駄目だと厳しくしつけられたおかげだと 今は感謝な気持ちです。 今は全て好き嫌い無く食べる事が出来ます。

インドに行って、新たに本当の香りあるスパイスの魅力を知り、すっかりスパイスにはまった人生ですが
それにも輪をかけ、旦那様は スパイス 薬草のクレイジーなお方で 毎日料理にスパイスが無いと満足いきません。

私のスパイス料理は半永久的な家庭料理とこれからもなりそうです。

アメリカに住む様になって インド料理だけにとどまらず、
アメリカのカントリークッキングというのでしょうか、それぞれの家庭で良く作られるものにも、影響を受けています。
りんごのお菓子でも しっとりしたジャムやお菓子の上にクランブルというクリスピーなクッキーの様なさくさくっとしたのが乗っていて、それを一緒に食べると 両極端の味わいが口の中で広がる美味しさが 私のお気に入り。
アイスクリームと合わせて食べるのも 好きなんですよね〜〜❤

料理に慣れている人は だれでも分かる事だと思いますが、
レシピをみても、 材料の項目観てイメージが湧いたら いちいち分量まで測ってクッキングしませんよね。
適当に目分量で 自分の料理に仕上るので OK だと思います。

お菓子に関しては、私はレシピの比率を観て、後はなんとなく適当かも です。
一回目 失敗したら、 次は 粉をもう少し増やそうとか、何が足りなかったのか 一回目でなんとなく分かりますので、二回目からはだんだんと思ったものになっていきます。
(失敗を恐れていたら、自分のオリジナルにはならない)という事ですよね。
もちろん、レシピ通りにもやってみた事は何度もあります。でも 大抵、次に同じ様にはしようと それと同じ様にやろうと思っても 全く 体が憶えていないのです。感覚も脳みその機能を使ってないのが分かります。

料理教室でレシピをもらっても、皆さん家でそのレシピ通り作れますか?

もっと、個人のオリジナルを重視して クッキングに励んでほしいと思うところです。

なので、
この先提供するレシピは お料理好きの人の為に
いちいち、材料の分量は 説明しなくてもいいかな
と思う様になりました。

あとはクックパッドのサイトとか観て、 
私の使う材料参考にして、自分で研究してちょうだいと言う感じにしようかと思います。



レーズンを半カップ細かく刻んでおく
クルミかアーモンドを同じく細かく刻んでおく
皮付きりんご3個のいちょう切り

塩水にくぐらせ、レモンを絞りかけて混ぜる
さらに 葛を粉にして 二にぎり位を振りかけ クローブ二つまみ程度と シナモンパウダーをお好み適当に入れ
以上を全部を一緒に混ぜておく。

クランブルの材料
Aは 
無漂白の地粉1(カップ):刻んだクルミかアーモンド1:オートミール1 と
塩2つまみ シナモンパウダー ジンジャーパウダーお好みの量を 合わせる。

B
バニラエクストラクト少々
アガベ糖 お好み
ギー 1/4カップぐらい
合わせる。

AB一緒に合わせ
さっくりと混ぜる。

180度のオーブンを温めておき

耐熱皿に混ぜたりんごを敷き詰め
その上に クランブルをのせて、ゴムベラで平にして
アルミホイルをかぶせて、オーブンへ入れる。
約40分ぐらい焼いたら、ホイルを外して、もう一度15分位焼きます。



春は季節の影響で体に水分が溜りやすいのと、人によって、
排出しずらい時は生姜を生ではなく乾燥パウダーにした方が より体が温まって水分が出やすくなります。シナモンも祛痰作用や咳予防などカパな季節にはもってこいのスパイスです。
クローブはシナモンと相性が良くって、虫歯予防、口臭予防、胃腸の働きを助けてくれるし、胃腸が弱い人には最高のスパイス。
春にバッチリ合うスパイスです。
よくマサラチャイのも 
このスパイスは活用します。

りんごは 下痢気味の方にお薦めの果物です。良く下痢を起こす消化不良を起こしやすいお子様にも是非お試しくださいませ。
但し、ヴァータ体質には火を加えて渋味を抑えて甘くした方がより効果的です。
りんごを切って、シナモンをふりかけ、オーブンに入れるだけで、簡単な薬膳お菓子に早変わりです。お子様の大好きなお薬になるでしょうね❤風邪治りかけに食欲がで始めた頃、作ってあげると
お母さんやっぱり最高だ!と言ってくれるかもですよん。
💕🙏🤗🎶

om shanti


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ
| アーユルヴェーダ料理 | 14:37 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする