ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< 久しぶりのアメリカ滞在。 | main | チャンティングマントラ >>
15年ぶりのバンコク
  
インド観光ヴィザを取るために15年ぶりにやってきた、タイの主都市バンコク。
観光ビジネスも盛んになり、物価も倍近く上がり、世界中の外国人が沢山住む様になって、ものすごい情報力で色んな物が山の様にある。奇麗で大きなビルも沢山建ち並び、昔の面影がだんだん減ってきているのを感じ、ちょっと寂しくなった。
日本人駐在の方々も増え、日本人専用の店も沢山。日本よりは物価が安く何でも揃ってるなら、当然住みやすい。友達もこちらにすんで8年以上。簡単に長期で住めるのもタイ王国ならではだ。
 
昔は良くタイを拠点にして周りの国をバックパッカーで廻り旅しました。
いつもバンコク滞在のときはカオサンRd.という安めのゲストハウスが立ち並ぶ通りにステイしていたので、今回もこの道のゲストハウスを予約して来てみた。
夜中の12時過ぎについたのに、凄く喧しい場所になってるという印象。真夜中まで営業しているバーはクラブの様に音楽が鳴っているし、物売りが夜中でも商売しているのには、ビックリした。  昔は10時過ぎると静かだったのに....
この通りはショートステイのバックパッカーには便利。トラベルエージェンシー、カフェレストラン、ネットカフェ、ゲストハウス、土産物屋、ジュエリー、フャッション、タイマッサージ etc....
バンコクの他の場所に行かなくても全てここで用は済ませる事が出来るのだ。
観光客も増えたので、この周辺がどんどん拡張して、沢山の通りにゲストハウスが立ち並ぶ様になった。道の名前は覚えてないけど、一番穏やかな通りがここ、昔のカオサンの雰囲気だ。
週末、友達がカオサンの周りを案内してくれました。


ここでパンツを買おうと思い、店の人と交渉開始。。。しかし相手はかなりしぶとく、いい加減 疲れちゃって断念。交渉上手な私でも、昔より値段が下がらなくなった。タイ人は最近の世界史上がどのぐらい安くなってる事を知らないから、すごいふっかけた値段からスタート。アメリカのオールドネービーとかセールで4〜5ドル(約340円〜450円)のパンツが買える時代なのに...と思うとタイで540円ぐらいのパンツは買いたくなくなる。 だから殆どお土産、服類の買い物はしない様にした。たまにタイ人の無愛想な接客態度も嫌気がさす。 それに比べて南インドの方がもっと明るくて感じの良い接客態度という印象だ。
 

屋台で揚げ春巻きを注文。上手くて しかもローカルプライスなので安かった!ここは昔のバンコクを感じる所。かなり嬉しい。   



お坊さんがトラックの上で何やってるんだろうと観察。聖水をビシャ!と頭にかけられ、お祈り〜...お坊さん楽しそう。


これ何でしょう。。


観光ビジネスになってるんです。fish massage ??お魚が肌の角質、老廃物を食べてくれるんですって。お肌が柔らかく、すべすべになるそうですよ。
この少年に聞いてみたら、気持ち良いよと言ってましたが、どうも私には抵抗がある。この水が衛生かどうかが解らないしね。皆足入れてるし、水虫とかなったら嫌だなーとか思いました。

 
近くのお寺(名前は不明、というか名前は興味ない)
神様のシンボル、タイの象さん


ブッダのホール、ここは結構広かった。ゴージャスな裕福な寺という印象。さすが観光地です。なぜ西洋のシャンデリアが?

こんな感じの観光でしたが、タイの食べ物はやっぱり大好き。友達と楽しく食事して久しぶりの日本語会話を楽しみました。

これから、インド観光ヴィザを取得してすぐ渡印です。(大使館のシステムが変わって思ったよりヴィザ取得に時間がかかった。。。)
タイの食材(トムヤンクン、カレーペースト、タイのチリソース等)をスーパーで買って、インド ケララへ出発。

行ってきますーー。



バーナー

| Thailand | 13:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
             
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://padmin-ananda.jugem.jp/trackback/57
トラックバック