ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< ネパール復興支援 (PADMINから愛の寄付) | main | アーユルヴェーダ基礎入門講座 料理実践食事付き! >>
ひよこ豆のフムス
ナマステ〜

日本でもひよこ豆は 結構知られているお豆。西アジア方面、トルコ、エジプト等古代から利用されていたそうです。

ひよこ豆はインドではチャナとか、粉はBesanと言われ、パコラ(インドの揚げ物)にも使われます。
家庭では お母さんのフェイスパックとしても利用される優れもの。ターメリックとニーム粉等とオイル、蜂蜜で混ぜてペーストを作れば簡単な美白美顔のパックができます。
アメリカでは「garbanzo」とか「chickpea」と呼ばれています。

ひよこ豆はどんな方にお薦めかというと
★腸内を整えたい人
★浮腫が気になる人
★骨、筋肉を強化したい人
★成長期の子供に滋養を与える
★便秘のお悩み解消したい人
★糖尿病の予防
★動脈硬化の予防

ひよこ豆の含まれる植物繊維は腸のぜん動運動を活発にさせるそうで、便秘解消を助ける役目があるとか。
余分なコレストロールを吸着して排泄してくれることで、動脈硬化、糖尿病等の病気を予防します。
ミネラルを多く含むひよこ豆は体内の水分の流れを調節するカリウムがふくまれるので、浮腫のある人にもお薦めですね。
そして、カルシウム マグネシウムが多く含まれているので、筋肉や骨を丈夫にします。

成長期のお子様にもとても滋養が高く、含まれる亜鉛には細胞の生まれ変わりを助ける働きがあるそうですから、成長期、皮膚の炎症、怪我、傷の回復を助けるのだそうです。

食物繊維、ミネラル、ビタミンB郡が 豊富で、食物繊維の働きは消化 吸収されずに腸まで移動し、便の硬さを増やして内側から刺激し、ぜん動運動を活発にさせます。
食物繊維は腸内で水分を吸収しながら同時に体内の有害物質も吸着して排泄してくれるので、デトックス効果も十分ありそうですね。
ミネラルは体の組織を作る栄養素で、新しい細胞を作る酵素や代謝時に働き、酵素が適正に働くようにそれを調整する働きがあります。また骨、歯、血液を作る原料にもなります。


そうか
確かに、私もひよこ豆のカレーを食べ過ぎるとお腹が少し張るので、内側から刺激されているんだなーと思いました。
でも実際、消化には重い豆なので、沢山食べ過ぎない様に気を付けてます。お腹の張りは少しにしておきたいものです。 ちなみにヴァータピッタ体質の私の感じ方ですが、体験上の記憶では、少量摂取には、うまく体内で上手に働いてくれて、大量摂取は消化しきれなく、逆に便秘になりやすいのではと思います。 何事も食の摂り方にも関係して来るかと感じています。


また研究結果によると、更年期障害、骨粗しょう症にも緩和するという結果がでたそうで、
まだまだ いろんな効能がありそうなひよこ豆ですね。




ちょっと、食べるのに美味しい食べ方は 私はイスラエル料理といわれる”フムス”
チャパティやロティー、パンにフムスを付けてサンドやロールで野菜と食べるのが好きです。
上の写真参照↑

<<作り方>>

一晩ひよこ豆を水につけて、ふやかして
柔らかくなるまで、長時間ことこと煮ます。
ザルに上げ水分を切って
それをフードプロセッサーにレモン汁、ガーリック、岩塩、たっぷりのオリーブオイル、胡麻クリームペースト、カイエンヌペッパー、ハーブのディル等(夏は冷性質のコリアンダーを入れても良いですね)を一緒に入れてクリーム状になるまで混ぜます。

凄い簡単なので、お試しあれ!

Om shanti

| アーユルヴェーダ料理 | 22:02 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする