ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< お買い得情報、夏のセール up to 50%OFF | main | 春ウコン >>
cocoaの豆腐クリームは長年の定番
 ナマステ〜!

日本は猛暑というわけで、
夏のレシピの提案としては
甘味と苦味、渋味で体を冷やす様に心がけること。
夏バテぎみの貴方に、消化を良くする為に、クリーム状にしたり、料理を楽しみながら ちょっとした工夫をしてみましょう。

去年
インドでオーガニックのカカオ豆をたんまり頂き、持ち帰っては コーヒーに混ぜたり、お菓子に使ったり、色々やってますが、何と言っても 私の定番のココア豆腐クリームのパイが一番好きです。
実は若かりし頃、NYに住んでいた時以前から、マクロビオティックの食にはまっていました。
1992年頃からでしょうか、、、もうこの頃から、作っていましたが、 アメリカでもヨーロッパでもマクロの話しをしても、殆ど知ってる人はほとんど居ませんでした。
NYに住んでる友人に作ってあげた所、とても喜ばれて、遠い所からでも、忘れられないとリクエストの声が 飛んで来たぐらいです。



5年前にゴアの農園へツアーへ行った時も、至る所にCOCOAが生えていて、かなりのスーパーフード的な存在だって事が、その時に気付きました。
生だとかなりビターなので、少量を使えば問題無し。
一般にはカカオとも呼ばれますがココとも言います。

主成分は
鉄、マンガン、マグネシウム、クロム、亜鉛、抗酸化物質のポリフェノール、カテキン、アナンダミド、トリプトファン等

血糖値の調節や アルカリ性にする作用、心臓の強化、月経痛の緩和、健胃、貧血予防、免疫を高める。ストレス予防等、沢山の効果が期待される食べ物です。


久しぶりに私の中で、また豆腐クリームパイのメニューが昔に比べて進化しています。

バターは止めてギーに変えました。ギーは各組織さん達にももっと活力増進してくれます!


作るときは

フードプロセッサーは 必需品ですよ。ご用意ください。

水を切った半丁の木綿豆腐とパウダー状にした一握りのカカオ豆

2大さじのギーと お好みのアガベシロップ(メープルでもGOOD)

シナモン1スプーン、一つまみの岩塩、

バニラエッセンスもあれば、なおヨロシ

甘さは自分でその時の気分でなめながら調節します。(美味しすぎて食べ過ぎない様に!)

ココナッツクリームを少し加えるともっと良いです。

全部をフードプロフェッサーで、クリーム状にして 焼いて冷ましておいたパイ生地に入れます。

クリームの硬さはこんな感じです。

夏の果物

イチジクをスライスして、のせていきます。

いちj

冷蔵庫で、ひんやりさせたら、クリームが、少し硬くなるので、切りやすくなります。

カカオの苦味が、クールな味わいに!

夏のお菓子に最高です。

(食べ過ぎに注意!!)

ちなみに

イチジクは便秘に凄く良いとのことです。でも食べ過ぎると下痢になるので お気をつけて。

ビタミンB1、B2、カルシウム、鉄分、ビタミンC が豊富なので、女性にとても良いですね。

免疫力アップな果物共言われ、 夏バテには最高かと思います。

そして、このイチジクの汁って、痔、イボ、水虫の患部に塗ると効き目があるそうですよ。でも毎日塗り続けるのが大事なんだそうです。

豆腐は大豆からできているので基本的に消化に重い食品ですが、ペーストにすることで食べやすく、ギーやスパイスを入れる事で、消化を助けてくれます。

夏のアーユルベーダなクッキングをお楽しみくださいね!

OM Shanti Shanti Shantih



| アーユルヴェーダ料理 | 10:42 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする