ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< インスタントヌードルの消化の実態に驚き! | main | シヴァナンダヨガ WS 3時間クラス 高山 での開催 >>
ビーツのサブジ

 久しぶりのお料理投稿 などなど 流れに流れて独り言になってますが、読んで頂けるなら感謝です。

我が家は、ほぼ毎日スパイスで薬膳料理を作って食べています。
スパイスは 体を温めたり、冷やしたりする効果を ちゃんと活用すれば うまく体の調子を上手く調節出来ます。
今年でアメリカ居住3年目にして、異常気象の春夏を迎えています。
例年6月にじゃんじゃん降る雨期が全くと言っていい程雨が降らない月でした。私が知ってる限り1日だけ短期間に降っていただけ。
温暖化が急速に進んでいると どこでもそんな話しになります。
なので、6月から、まるで真夏の様な暑さが続き、 しかも乾燥もなかなかな物であるざんす。アメリカは全体的に湿気が少ないので、ハワイに生きたくなる程、私はドライが苦手。
完璧にピッタもヴァータも乱れっぱなし、なるだけ、水分を取る様にしています。
アロエジュースも役立ってます。
ビーツは私の好物。
だってミネラル、鉄分が とても豊富で、ヴァータにもピッタにも最高な野菜。
特に、この手の土の香りがする野菜(牛蒡等)は無意識なレベルで本能的に食べたい!となる。
この日は満月の前日で、食べた次の日は “ほらね!やっぱりだわ” と 体が知っているわけ。
次の日は生理がやってきました。
ビーツは 生理時期にとてもGOOOODなお野菜なのです。更年期じきにもバッチリです。
日本の赤カブに近いかもしれませんが、もっと水分もたっぷりで鉄分濃厚な味がします。
婦人病全般に良い薬効のある野菜なので、お悩みな時は、ビーツを探して食べてみてね。
暑い日には、冷性のココナッツオイル、フェンネル、クミン、コリアンダーを特にたっっぷり入れて焦がさない様に炒めます。
フェンネルは暑くて食欲不振になった時に最適で、消化の火を調整してくれて、熱い体を冷ましてくれる効果があります。これは、3つの体質をバランスさせるスパイスですので、この時期にはフル活用ですね。
フェンネル 冷性な上に、血書、血液に作用するので、生理時期にも最高なスパイスですよね。コリアンダーはどの三つの体質に合うとも言われています。あるアーユルヴェーダ本では冷性と書かれてあったり、他の本では温性と書かれてあったり、、、生のパクチーは冷やす事はわかってるのですが、 種の部分は 私は舌での感覚だと若干温性に近いと感じています。でもそんなに温性が強くないので、どのドーシャにも良いと言われている事が、よく分かります。自分の感覚を信じるというのも 大事な事だと思います。
基本、南インドでは ギーかココナッツオイルで、マスタードシード、カレーリーフ、唐辛子を良く使います。ちょうど、それに、甘味を入れたかったので、ガーリック、レーズンも入れました。
そして、フェンネル、クミン、ヒング、岩塩 を混ぜて、軽く炒めてから最後にフェンネル10粒ぐらい入れて香りを感じます。
フェンネルは焦がすと苦くなるので、気をつけます。
玉葱を炒めます。香ばしくなって来たら、硬い野菜から突入です。
先ずビーツ、 人参、1分後にキャベツ、ケール
我が家のオーガニックガーデンから、採れたケールもちょこっと入ります。
ターメリックを小さじ1/4程加えたら
水をちょっと入れて 蓋をして弱火で5分位蒸します。
最後にココナッツのフレークを入れて 全体をしっとりさせて出来上がりー。
頂く前にヘンプシードをかけました。
とっても、夏らしいサブジですよー。
プラス
ホームメードのジェノベーゼ風バジルとオリーブオイルのペーストで合えたパスタと、人参のスパイスアチャールも添えて。
全て無添加です!
ところで、先ほど言っていた本能について、、、、
本能で体が求めている食べ物って、ドーシャの減少を自然に体がバランスをとろうとしているとも言えるでしょうね。
自分の直感を鋭く磨くということも、私は大事にしています。
食に関しては 常に嗅覚、味覚を鋭敏にという事でもあります。
繊細な感覚を磨くという事は、体も心も自然の一部になれる環境に自分をおく事です。 
大自然に出かけて、お散歩や農作業や、河で釣りしたり、バードウォチングしたり、自然体験を優先出来る様に努力も大事ですよね。(スマートフォンはお休みタイム)
聴覚、触覚、視覚もどんどんと鋭くなります。
私が言いたいのは、(アーユルヴェーダがもてはやされつつありますが)オイル施術や食なんかを、基本を学ばずにそれだけを一部やろうとしても、結局上澄みの部分だけを掬う様な物で、本当の深い所を観ずに、感じずに終わっちゃうだけなんですよ。
結果、解らずじまいで中途半端で続かないで終わっちゃうという事になりがち。
アーユルヴェーダは見えない部分、隠れた奥深い智慧がたくさんあるので、自己探求すればするほど、それが楽しいのです。
東京や大阪のど真ん中等の都会で生まれて、都会で育ってしまうと 自然環境が身近にないワケですから、、、、 ふと体が何か足りないと本能的に信号を出していると思います。
自然の一部である人間という生き物が大自然の中で暮らし、大自然の恩恵をいただいてる事に感謝と平和の祈りを持って、大自然の5大要素を体感から理解して行くと より、本当のアーユルヴェーダライフが近くなって来ると思います。
自然の一部=個人の中にも宇宙が存在しているという認識があってからこそ、基本をしっかり学べるのだと思います。
常に、個人の見える範囲レベルでも 見えないレベルでも、浄化 清める という事も 大重要!
せっせと、衣食住もナチュラルにしていきましょう!!
と話しは流れて行ってますが、、、
ちなみに、私は毎日、スッピン顔、です。こんな自分に慣れました。
自分の😌をさらけ出す勇気も必要だってことかしらねー。。。
いつも、暑い所に居るから、白髪も増えましたが、もうヘナ染もやらなくなりました。
去年だったけ、、、
”おばちゃん、苦労してるんやなー”
と言われましたが、それがなんだって〜?。。。。
全てには相対性というのが存在する訳ですよ。
上があるから下がある。裏と表、楽と辛、善と悪、etcでも 相対的に分けてるだけで、実は全ては一つになって存在するのです。
どんどん話しが流れて行ってますが、こういう理論が分かれば分かる程、古代の智慧というのは
楽しいですよね。
Om shanti shanti shantih.....
| アーユルヴェーダ料理 | 15:31 | comments(1) | - | pookmark |
             
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2015/07/14 10:51 AM |
コメントする