ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< 初めての愛知県豊橋市での”はじめてのアーユルヴェーダ講座” | main | インスタントヌードルの消化の実態に驚き! >>
春のアーユルヴェーダライフ
 
雨期に入り、夏に切り替る 最後の春という感じでしょうか?

今年も例年より、変な季節、夏の様に熱い日もあったりして、火山噴火の多い年のせいか、やたらピッタが上がる年ではないかと思います。地球の変動、季節の変動が人間の内部環境にも大きく影響されます。

雨の時期は 消化が弱まり、やたら眠気があったりとカパ(水と地のエネルギー)の影響があります。体にも水が溜りやすい時期であります。
山を想像すれば分かる様に体にも同じく
冬の間に固まった物が水になって溶け出して、流れて来るわけで、呼吸器系にも大きく関わって、眠気、鼻炎、花粉症、浮腫み等色んな症状が出てきます。体も重くなって、怠さもでてきます。
カパが溜った心身には
油分、冷たいもの 重い質の食べ物は なるだけ控えて、軽い質の食べ物を多く取る様に心がけましょう。水のエネルギーを増やす「甘味・酸味・塩味」を控え、体を軽くしてくれる「苦味・辛味・渋み」を食べるよう心がけてみましょう。
昔ながらの日本の食文化は 自然を理解していたと思います。春になると人々は 山菜の苦味 渋味 辛味を沢山取入れていました。
旬の食べ物は 体のバランスを取る為の薬ですね。季節感のある食をいつも気にして食べる事はアーユルヴェーダ的な考えと同じです。
インドからアーユルヴェーダの智慧は 実は 昔から日本にも同じ考えがあったに違いないと思います。

菜の花、たらの芽、ウド、ゼンマイ、春菊、せり、ドクダミ 明日葉 等の苦味 や 竹の子、ほうれん草、小松菜、牛蒡、たら、の芽等の渋味、生姜、辛子、わさび、大根、等の辛味

を利用して
おひたしの和え物や汁物、焼き物等で 季節の食を楽しんでみては如何でしょう?

個人的には ドクダミの葉の天ぷらは私の好物ですが、油物は少量にしておきましょう!
ドクダミです。↑ 怪我で出血したら、この生汁をつけると止血剤になりますよ。
今美しいドクダミの花を観賞できますよね❤ ドクダミの葉を積んで乾燥させて、お茶にすれば 利尿作用抜群のデトックスティーができます。道端、空き地にどこでも生えてるから、お散歩のついでに良く見渡してみてくださいね。








| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 07:13 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする