CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Padmin story
泥、汚れた水の中からしっかりと根をおろしながら、美しく清らかな花が咲く蓮。蓮根は泥の中から出て来るのに、まったく汚れに染まっていません。葉も茎も泥はついていません。 蓮根、種子からも繁殖する力、生命力の強いエネルギーを持ち、葉が水を弾くことをロータス効果とも言いますが、つまり とらわれることが無いという事です。 泥水を迷いの世界、私達の日常社会の喩え、その中に心理を悟られ、正しい生き方を人々に伝えたお釈迦様を蓮の花に喩えています。 この意味は、今 自分の居る世界、立場から逃げ出して別の所に理想を求めるのではなく、今居る世界で精一杯輝く人間になる事を教えている様ですね。 『世界蓮』のお話ですが、インド最高神のひとりヴィシュヌは原初の水の中で大蛇を寝台として眠っていたそうです。四千ユガ宇宙世紀の眠りの後、彼は創造の志を起こしました。その意欲は蓮の型(世界蓮=カーロ.パドマ)をとって彼の臍から成長し、花が開花すると、そこにブラフマー(梵天=ぼんてん)が生じ花の台(うてな)に座して天地万物を造化しました。 蓮は生命発生の母胎と観られ、その観念はヒンドゥ教に反映されています。 古代インド ヒンドゥ教の神話では 『聖なる義務を成し遂げる者は罪に迷わない。あたかも蓮の葉に水が触れぬかごとく』 『泥沼から生え、気高く咲く花、まっすぐ大きく広がり水を弾くリンとした葉の姿』 世の欲にまみれず清らかに生きる事の象徴の様に、極楽浄土の象徴とされています。 インドラの楽園はサンスクリット語でnandana (ナンダナ)といって、歓喜極まる最高の喜びのステージをananda(アーナンダ)と表現します。 仏教『阿弥陀経』の中で浄土の様子でこう述べられています。 妙なる音楽、美しい鳥が飛び、天からは花びらが舞い、池には蓮が咲き誇っています。 その蓮の様子を『青色青光、黄色黄光、赤色赤光、白色白光』と記されています。 浄土の世界では青い蓮は青いままに輝き、黄色い蓮は黄色のままに輝き............. 違うままにそれぞれが美しく輝いています。 その輝きにおいて等しく尊いのです。人間はそれぞれ違います。外見も能力も...しかし同じ人間としての差は無く、等しく尊い存在です。 違ったままで相手を認めるとはどういう事でしょうか? 我々人間は完全無欠の人はいません。そもそも出来る事と出来ない事があるのが人間のありようで、出来る得意な能力や、個性を発揮する事こそ、命を活用するという事です。 『生きる』ことを通して、出来ない事を補い出来る事によって欠けている能力を満たしてくれるのが、縁の絆に支えられている人間のあるべき姿ではないかと思います。 『みんな違ってみんないい』 それぞれの個性が光り、お互いに輝いて生きて行ける事は素晴らしいですね★                                                    どちらかをクリック↓↓ 宜しくお願いします〜♥ にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村                                                 
ブログ王の投票リンクです〜。 クリック!宜しくお願いします!↓↓ 
ランキングはこちらをクリック!


総合サイトにもショップ登録しました〜!!
  Shop-Bell   ヨガ用品・ヨガウェア

エスニック系人気ランキング

エスニック系
かわいい下着人気ランキング

かわいい下着
美容・健康   Shop-Bell  
<< 玄米やローフ−ドの食べ方を考える | main | 飛騨高山のアーユルヴェーダ基礎と食事法WS、女性ホルモンバランスの為の特別WS 5月30、31日のお知らせです >>
アーユルヴェーダ基礎/食事法&スパイスの使い方を学ぶ料理実践 ワークショップ in 大阪
ナマステ〜〜

 今年の帰国がやっと叶う事が出来ます。約1年ぶり位でしょうか、、、

さて、短い滞在期間内に 色々と企画を計画しています。
まずは5月24日(日)の講座のご紹介です。

今までは、関東、中部が 多かったのですが、今回は、初めて大阪で、ワークショップです。
実は私は大阪で生まれ、京都で幼少の時育った経験があります。1960年代〜70年代ですので、もうすっかり、京都弁 忘れてます。。。でも発音はすごく懐かしく、関西に戻りくなる気分になります。

懐かしの関西で、新しい出会い、また再会を 心待ちにしております!!

以下、チラシを作りました内容です。お手元に無い方のために、是非ご参照、ご検討を宜しくお願いしますね。また お友達、ご家族にシェアも是非お願いします。 なにせ、あと1ヶ月先の行事ですからねー。
今回は私の親友でもある、才能豊かな料理研究家にお願いして、コラボレーション講座です。
関西中を駆け回る多忙のお方を 捕まえてのコースなので、この組み合わせで出来る機会が限られていますが、 この珍しい情報キャッチ出来た方、すごくラッキーだと思います。(自分で言うのもなんですが) 
この機会に 是非 基礎知識と料理と食事 の3つの学びを御体験ください!! 
(この企画 関西発は初めてなので、御手頃価格とさせて頂きました!)


              AYURVEDA  WORK SHOP

基礎講座&アーユルヴェーダ的食事方法を学ぶ/クッキング実習と食事会

アーユルヴェーダ 講師: KAYOKO THOMAS

 プロフィ–ル…ayuruvedaプラクティショナー歴8年、カナダのスクール インドでayurveda病院で修業後 過去、日本、アメリカでのインストラクター、セラピー、カウンセリング活動をスタート、現在アメリカ在住 毎年帰国時にはヨガ/アーユルヴェ-ダ講師として活動を行なっています。ブログに記載されたアーユルヴェーダ記事↓をご参照ください。

詳しいプロフィールはコチラ↓

スパイス料理講師:Yoko Sunaga(Nima Masara)

 プロフィール…1991年よりインドを中心にアジア諸国を旅する生活。途中、中国に2年間、ネパールに8年間居住する中、スパイスを使った多様な料理実践の経験を持ち、日本、中国、インド、ネパール料理 他、広範囲な料理のノウハウを熟知している料理研究者。現在、NIMA masara スパイス料理教室、ケータリング、オリジナルスパイスセット&HEMPフーズ販売等、関西地区で幅広く活躍中。    

 ブログ:https://www.facebook.com/nimamasala

::Downloads:11169145_911839828847281_634772758_n.jpg内容:ドーシャについて、自分のプラクルティー(バランスされた体質)とヴィクルティー(現在のアンバランスになった状態)を検証しながら、自分の合った食事法を探して行こう!!

基礎編を学ぶ事は最も大事で、ドーシャや自然界の五大元素についての理解力が深まることで、食事法の学びに進む事ができます。アーユルヴェーダの病気予防についての認識を高めると共に、心身のバランスを保つ為の、アーユルヴェーダ的食事法を実践することができます。その為には、体に毒素を溜めないための知識、6つの味、消化について、薬膳スパイス等 を学び、 個々の体質に合った食にフォ–カスを置かなくてはなりません。そして、スパイス料理研究家 陽子先生の素晴らしい料理実習を皆さんと一緒にレシピを観ながら学びます。スパイス料理のコツを学べるチャンス!最後に皆さんが美味しく 一緒に食べれる時間も設けています。今回、特別に企画したWSは、スパイス料理専門家とアーユルヴェーダ講師のコラボレーションです。ご家族の健康や若返りを目指したい方、どうぞこの機会をお見逃し無く!!        OM SHANTI

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::

開催日時:2015年5月24日(日)10:00−14:30 

場所:543-0021 大阪市天王寺区東高津町3−26 メゾン リー#600

   最寄りの駅は大阪上本町駅  上本町から徒歩7分/谷九から徒歩9分

講習代金:5800円

    (講習費代、テキスト代、材料、飲食代を含む)

募集限定人数:15人

問い合わせ先:Nima masara   090-9696-0450

EMAIL nimamasala@gmail.com

お申し込み方法:メールでお申し込みください。送金先をお知らせ後、振込送金で予約完了です

※キャンセルは当日から数えて●3日前まで100%かかります●4日前まで 全額返金 

但し、振込手数料はご負担願います資材の手配やテキスト制作に時間を要するため、ご了承くださいませ。



| Ayurveda & Yoga Class | 04:19 | comments(2) | - | pookmark |
コメント
有り難うございます。 検討中です。またブログでお知らせしますので、楽しみにしていてくださいね&#10084;
| kayo | 2015/06/06 12:01 AM |
大阪在住の太田と申します。
現在、野菜、果物の販売に携わっていますが、そんな中アーユルベーダの食事法に興味を持ち、勉強したいと思い、色々調べている中こちらにたどり着きました。今後、大阪にてワークショップや講座など機会があれば参加させて頂きたいと思っています。ご予定はありますか?
| 太田 美佳 | 2015/06/05 4:18 PM |
コメントする