ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
| main | インドで薬用酒 アリシュタ >>
玄米やローフ−ドの食べ方、消化力を考える

 久々に玄米を食べて ずーっと感じていた事もあったので話しをしたいなーと思いました。

昔、長年食べ続けた事のある私の感想です。
30年前から 玄米って健康に良い!と思い込んで 長年、玄米食療法 マクロビオティック料理を家庭で作って来ましたが、 その時は 
環境的にもヴィクルティ(環境季節によるアンバランスな体質の事)が 私、若かったので ピッタ炸裂でした。
消化力抜群の私には 玄米で消化に困った事なんてありませんでした。 しかもマクロビ最高!と思っていたから、3つの体質事は学んでなかった頃だし、はまりまくって、疑いも無く玄米菜食にのめり込んでいました。
子育てにも、玄米をお粥にしてペースト状にして離乳食を与えていた位でしたからね。
栄養満点の玄米は栄養学的にはとても良い食べ物だと思います。
私の中では、でも これが消化にとても良かったらなーと いつも思うのです。。。。
アーユルヴェーダー的には玄米は 体質的にカパが憎悪している時には控える様に薦められています。(私が思うに色んなドクターの本によって考え方がちょっと違う)ヴァータが悪化している時もくせ者だと思います。なぜなら消化力が弱い事もあるから。
質が重く、温性の穀物という事で、体質に合うか合わないかをまず考慮しなければなりません。でないと もし消化が適正に出来ずにいると、胃腸の中で未消化物になり、毒素に変換してしまうからです。
私はピッタ優勢の人は大丈夫だと思うのです。なぜなら思い性質の物も軽々と消化しちゃうからね。
赤ちゃんにペースト状をあげていた時は、
お粥にしてペーストに潰し、濾して食べるのは 消化に良さそうな食べ物、と思っていました。あれは はっきり言ってとても作るのがとっても時間がかかり面倒なのです。
母親だから、頑張ってやっていたものの、、、 自分にそんなに時間をかけるかとなると うーん やるかしらね、、、考えます。
でも、自分で言うのもなんですが、愛情があれば、頑張れるもんだなーと 過去を振り返って昔を懐かしく思ったりします。
しかし、思い込みって言うものは凄いものですね。
赤ちゃんは人生期の自然のドーシャってカパ優勢が一番強い時期。 消化が一番ゆっくりで、消化力がとても弱いのに、たとえ玄米ペーストにしたとしても、消化にはとても良くなかったのかもしれません。
植物の本来の質を解っていなかったわけですから、、、、反省
でも逆に考えるとですねー
病人は 大抵ヴァータ体質のヴィクルティとなっってしまいますので、消化がとても不安定。
病で消化が衰えていると言った大人には 玄米ペーストぐらいは 良いのではなかろうか?<但し、スパイスを加えて(もっと消化力を上げる為に)工夫が要ります>
と私は思うのです。 
圧力鍋で玄米を炊いたものから、数日後(酵素を増やす) 時間をかけてお粥にして それからこし器を使ってペースト (プラス ジンジャー、胡椒等スパイスも)にする、
この行程が嫌でない人は 是非 やってみる価値はあるかもしれません。
そして、老人の乾いたヴァータ体質が進んだ人なら、大丈夫かもしれません。
ヴァータ体質は玄米食は大丈夫だと Dr Rajeev Sharmaの本に書いてありますが、お粥位の柔らかくした物でしょうね。
ヴァータは 不安定の消化力なので 消化の良いときと悪いときの差が激しいですね。
良くないときは食べない、食欲有る時のみ ”少量”の玄米粥または玄米ペーストなら 大丈夫と思っています。要するに食べ方次第と思います。自分の消化力をちゃんと観察できる様心がける事が大事ですね。
でも最近年を重ねると玄米凄く食べたーいと思わなくなったですね。
不思議です。 玄米は数ヶ月に1回程度に回数が減っています。
老人っぽくはなりたくないが、(私のエゴ?)自然と時間と共にヴァータが進むのは あるがままの自分を受け入れる事ですから、、、 その内 必要だなーと本能的に思うのかもしれません。
アーユルヴェーダは体質に合わないから、食べるなという事はありませんが、過剰に取ると体質によっては 後でたっぷりの請求書がやって来るよという注意を促しているのです。
それを理解して、控えめにするも、多く取るのも、全て自分次第。
食事方法のバランスを上手く調整するのも自分次第。
本当に沢山の食事療法が あって、嬉しいけど、 
全て自分の口に入れたものは、心と体の全て調和/不調和と関わって来る訳だから、
消化課程で 体の組織にバランスが伴わなかったら、結局 健康に良いと言われるものでもきちんと消化出来ず、栄養に変換しないなら それは 意味がありません。
という事は、まず自然界の成り立ちや、食の在り方や、自分の本質をちゃんと探求と理解に努めることが、健康への道に繋がるのではないかと 考える様になりました。
大事なのは、なんでもそうですが、食療法についても 
思い込みを外して、なんでもかんでも否定ばかりせず、
受け入れる大きな器を持つ事も必要になってきます。
良い所をしっかり、観ると言う点を 持つ事には何も問題はないのですから!
私はローフードも大好きで(特にスイーツ!!) 色んなナッツ系で作りたいものばかりです。
しかし、食べ過ぎると消化の問題にも大きく関わりがあるのではないかと思います。
1週間食べ続けると、どうなるでしょう?
全て、ほぼ生に近い材料ですから、消化は衰えます。消化の火(アグニ)が燃えません。
春はカパの季節なので、これまたカパ体質はカパを増やしますので、冷えたもの ナッツ類は この季節は少なめにしましょう。
なので、ローフードの特徴はカパを増やすという事になりますので、冷たくしっとりナッツ系のローフードスイーツなんかは特に気をつけなければなりません。
ピッタの一番代謝の良い人でも、きっと毎日そればっかり食べ続けたら調子悪くなるのではないでしょうか。春は気にした方が良いでしょうね。
消化の火が適正に起こらなく、未消化物となり、消化器官の至る所に それが腐って ねっとりとこばりつく のを 想像してみてください。
一番暑い夏の時期、ピッタ体質の人が ローフードを一日食べるぐらいなら、ごんごんと燃える様な火をお持ちですから、まーーいーーかぁーと思うのですが、、、、、なぜなら消化が強すぎると、鍋底が焦げ付く様に、人間も灼熱感や胸焼け等不調が出て来ます。食べ物でクールダウンは必要な人は摂って良いのです。 過度は良くない事を憶えておきましょう。
基本ローフードは西洋から発祥したもの。
白人の社会の食べ物です。 白人はピッタ体質の人の割合が多く、食生活、環境の影響でピッタが乱れている人が沢山居ます。
だから、サラダ等の生物が大好きな人達です。 
西洋で寿司が流行るのも、良く理解出来ます。 
彼らは簡単に、あっという間に消化の火で食べ物を燃やし尽くします。(大げさか!)
なので、日本人の持つ体質より、数倍 ラジャス(活発性 激性)で火の強いピッタ体質の人達なのです。
ラジャス性が高くなるとエゴイスティックな性格に陥りやすい。プレジデントTさんみたいなのが アメリカの象徴でしょうか?
そして Tさんを見て取る様に 第二にカパ体質も多いのです。 ピッタとカパは甘味が大好き。 一般的なアメリカ国民性は 甘味酸味塩味を主にとります。これはカパを上げる味で、どれだけ ピッタとカパがこの国に多いか 外食すると特にわかります。 
苦味渋味辛味を苦手にする人がとても多いので、外食産業ではこれらがとっても少ない。 
きっと日本も西洋化の流れで 同じ様に、少なくなってきましたね。 
六つの味を考えないで食べると 心身のバランスに影響があります。 
日本人は、環境的に北海道以外は家の中も寒いし、 
鳥取以外、砂漠地は殆どないので、水も豊富な国、季節的には、湿気が多く、春になると食欲も自然に減少してしまいます。  
海に囲まれていて、冬の風は体感温度を下げるし、年間に台風も沢山やってくるので、ヴァータ体質も上がります。
アメリカ等に比べると塩分を多く含む空気を吸っていますので、季節によりけりですが 体に其の影響も有ります。
私が地方巡業で色々な場所に行きますが、 ヴァータピッタ、またはピッタヴァータの2タイプドーシャが多い様に思うのです。
私もそこに当てはまっています。
西洋のピッタさんらがつくりあげた体を冷やす為のローフードですから、すべての日本人に ローフードダイエットが合うかというと、、、冬時期と春時期は特に 疑問に思います。
体質的にピッタが強い人間が特にコレに興味を持つのですよ。夏時期になると、私も好きな理由はそれです。
これは、アーユルヴェーダ歴の長い 健康お宅のピッタ炸裂な旦那様も同じ意見でも、長期間も生食を食べ続けるのは嫌がります。、、、、ピッタあるけどカパも二番目にありますし 食にうるさい彼は サラダでさえ、夏以外は数日に1回程度を好みます。
(なぜなら彼はピッタカパ優勢の体質だからです。)カパが強い時は 調理されていない豆腐でさえ、重たく感じる様です。
豆腐クリームのパイを作ると 意外と沢山食べてくれません。 豆腐は重性だからです。
例えば、ピッタが乱れた場合の私の主人(いちおう白人)の場合ですが、 
朝ご飯食べずに 外で走ったりエクササイズやって、帰って来たら、急性的な胸焼けと消化の火が燃えすぎて、胃の灼熱間の為にしばらく動けなくたってしまいました。体温も私よりも2度ぐらい違います。
私にはそんな症状に経験が無い事で、驚いたのですが、、、、
相当なピッタが乱れていると観ました。
そんな時には、甘い物を差し上げて、それは水の性質でもあるので(心と体を潤おします) 
その後すーーーーっと 気分が落ち着いたと言っていました。
そう言う時に甘いココナッツオイルが入ったローフードは役に立つのかもしれませんねー。
何でも食の質から観て行って、自分の体質に合ってるかどうかの見極めはとても大事だと、長年の経験上 思います。
最近、基本的に日本と比べると このドライな環境で暮らす様になり、次第にヴァータが上がる、最高に暑くなるとピッタまで、、、
という自分のヴィクルティを考慮すると、自然に甘い物を体が欲求します。
だから、特に夏はローフフードの甘いものが欲しいと思うんだろうなー
人間も自然界の一部として捉えると、、、
自然って 偉大!!! 
自然はそうやって本能的に教えてくれるのです。
ローフードではないですが、
↑オーガニックカカオビーンズを粉にして、バナナチョコブレッドにしました。
そして、ホームメードのイチゴのソース!! うまかったなー
最近甘いものも良く作る様になりました。 
穏やかな毎日であります様に、と
これも 夫婦円満の
お ま じ な い
Om shanti
PS: オーガニックのトレーダージョー商品でお気に入りのシロップ発見
評価:
価格: ---
ショップ: ---

評価:
価格: ---
ショップ: ---

| フード | 09:00 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする