ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< anandaから3月のお買い得情報! | main | 無添加石鹸 丸ごと食べられた!! >>
月経前症候群

月経前症候群って名前をあまり聞かないですが、 80%以上の女性がこの症状で悩まされています。

私も、”アッ まただ!”と思う事は毎月の様に良くあります。
月経の無い男性は、経験が無いので そう言う身近な人を観て、情緒不安定とか思ってるかもしれませんね。
男性もこの機会に、女性が辛い時期に対して 理解してもらいたいものです。

この月経症候群っでPMSとも言われ 正しくはPremenstrual Syndorome の略です。

生理前1週間〜2週間程前から心と体の不調な症状です。生理が始まってからそれが、自然に消えて行き、症状は軽くなって行きます。

どんな症状かというと、

精神的には

イライラする
不安が高まる
興奮する
憂鬱になる
無気力
一人で居たくなる
ネガティブになりがち

等です。
私も、これは長年の観察から全て当てはまる内容ですわ。


体に出る症状は

頭痛
浮腫み
ニキビ
眠気
不眠
吐き気
便秘
食欲増進
乳頭の張り、痛み
食欲増進

 
その原因が予測されるのは
黄体ホルモンの原因もあるとか、、、、
生理前に排卵期がある時に分泌される黄体ホルモンによって、脳内物質や水分代謝に影響が起こるので、心と体がより不安定な状態になるそうです。

ビタミン、ミネラルの栄養素の欠乏状態になりやすい。

排卵後は 卵胞ホルモンの分泌低下により、喜びを感じる脳内物質(セロトニン)が減ってしまい、ネガティブ思考になりやすいのだそうです。

★そう言う時は、女性ホルモンを調整するに必須の ブジャンガアーサナ(コブラ)を練習しょう!!


そして、
良くない環境にも影響されるので、自分の身の回りの環境も熟孝した方が良さそうです。

仕事上のストレスにも影響が出ます。

特に働く女性は注意したいものです。

残業だったり、無理が重なってしまうと、よりいっそう、症状が悪化してしまいます。

なるだけ、心のケアと楽な環境づくりに 努めたいものですね。

夫婦間のトラブル問題もかなり影響を及ぼします。

リラックス出来る筈の家庭内がそうでなかったら、 大変! 
一呼吸入れて、女性の生理的悩みをしっかりと伝えて、ご主人に理解してもらえう様に努力しましょうね。(お姑さんとの問題なら、女性同士だから理解し合えるはず)
プライベートでも 自分の中から楽しいと感じる事をしてみたり、平和な時間を なるだけ自分でつくる様に心がける事は必要ですね。

アーユルヴェーダでは
ヴァータ体質、ピッタ体質の方が特に思い当たる確率が多いかもしれません。


食生活にも気をつけたいものです。

体質に合った食生活に努める上で、ビタミンやミネラルの豊富な食べ物も必要ですね。疲れやすくならない様に、免疫力アップも必要です。
しっかり栄養を摂る為には、消化力を良くする事も大事、という事で、、、、
様々なアイデアを書き残してみます。


★トリフャラ(乾燥させた3つの果実)パウダーのハーブは 3つの体質全てに効くと言われる、消化力を整える アーユルヴェーダでも万能的に使われるハーブです。そして、便秘にも下痢にも対応出来るのです。ビタミンが大変豊富なハーブです。

★神経を癒し、ストレスを減らすトゥルシーティー マサラチャイは 消化力もアップします。ノンカフェインなので、夜も飲めます。

★免疫力アップのチャワンプラッシュは 体質改善や消化力アップ、元気の素、エネルギーアップする、要素が含まれてます。アムラも含まれているので、ビタミンCも豊富。ホルモンバランスを良くし脳内の神経系に潤いを与えるという、アシュワがんだ が少し入ってるので も良いですね。
(味も甘くて美味しい)

アロエベラジュース (ブログ参照)は 女性ホルモンの調整に役立つハーブの一つです。

★ミルクシスルで肝臓をお掃除して 全ての内蔵機能を活性化させましょう。女性ホルモンに良い影響を及ぼします。

★ラジャシック(活性的)な食べ物、環境において 控えましょう。(酒、タバコ、過剰な辛味、塩味、夜遊び) 

★心配事、悩み事を解消するように心がける。(ヴァータ体質は気をつけましょう)

★アーユルヴェーダハーブの一つ、シャタバリ(サプリメント有ります)は女性の全般の婦人科系の症状に良いハーブと言われています。生理不順や女性ホルモンのバランス等のお悩みの方にお薦めです。


女性の生理的悩みって尽きないものですよね。
 月経が不安定、なかなか来ないという人も 少なくはない という時代のようです。

若い頃に避妊ピルを使用していた人が、それを止めてしまっても 30代になっても生理が来ないという方がいらっしゃいました。 排卵が毎月来ないという状態になってしまったんですね。
数年前インドで アーユルヴェーダのパンチャカルマ治療を受けてから、次の年には生理が順調になり 子供を授かる事が出来たという good news ! そんなhappy mamaさんも私の周りにいらっしゃいます。

セルフケアがいかに大事かって、本当に感じます。
心が忙しくなればなるほど、自分の事をほったらかしにしがちです。

よーく自己観察が出来て、ホームレメディーで自己を癒す事に心がける努力は必要だってことですね。

心のケアももちろんそうです。
I love youを期待するより、”I love me!"って言って上げてください。
ポジティブ思考にどんどんなって行きますよ。



Om namo narayanaya








評価:
価格: ¥ 1,738
ショップ: PADMIN    
コメント:アロマのエッセンシャルオイルを垂らして、リラックス出来る環境をつくりましょう!

| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 07:32 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする