ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< ベグナス湖のパーマカルチャーライフ | main | ポカラのベグナス湖(パート1) >>
アロエベラ


40代後半になると、更年期障害など、の症状じゃないかって最近疑う事が多くなりました。

生理の前に突然の高熱、生理の前後に血液循環が悪くなり、頭痛の発症と消化不良などが 特に私の悩みです。

これはもしや、更年期???  そこでナチュラルストアでアロエジュースを買ってきました。

もしやっと思った時に このジュースを(約200cc弱位)飲んだら、 なんと頭痛も軽くなり体も楽になったのです。

効果があった様にも感じますので、手軽に買えるアロエジュースは すっかり私のお気に入りになりました。❤❤❤



アロエベラは家庭の万能薬とも言われ、 火傷、傷等の皮膚の炎症を抑え、皮膚の再生力があることで 皮膚の美しさを蘇らせる美容面と 便を柔らかくしてくれるという利点がある事は有名です。


私達の免疫も高めて、毒素を排出する力もあるので、季節の移り変わりに流行る沢山の伝染病から防御する事が出来ると言われています。


アロエベラは 様々な研究の結果

以下の効果も期待されると言われるようです。


○便を柔らかくする。

○胃腸の働きを良くする。

○体内のガスを抑制する。

○血液の浄化、デトックス。

○老化を防ぎ、各細胞の若返り。

○体のエネルギー源を増やし活力を増やす。

○高血圧予防。

○血糖値をコントロール。

○糖尿病の改善。

○脳溢血の予防。

○胃潰瘍を改善。

○衰弱した体を元気にする。

○関節炎の改善。

○喘息の緩和

○痰を排泄する。

○皮膚炎、湿疹の緩和

○被爆や火傷による炎症の緩和。

○日焼けの予防。

○日焼け後のスキンケア。

○吐き気からの回復。

○尿疾患、尿道炎を改善。

○生理不順の改善

○女性ホルモンを増やす。

○更年期障害の改善。

○婦人家系のお悩みを改善。


万能なハーブの効果は 基本的にハーブからの後遺症はありませんが、どのハーブに対しても 大量の服用、長期間の服用は避けるべきで、少量を1週間程 続けて、内服、または外用する位なら良いとされています。(アレルギー等、体質に合わなければやめる)


アロエジェルまたはクリームを塗る事でも 灼熱感のある皮膚や発疹、ギズ等を癒すのに時間がかかるかもしれません。 しかし、深刻な皮膚疾患でお悩みの際は 専門の医者に相談する事をお薦めします。

また、腎臓病、心臓病、甲状腺等の疾患は医師との相談が必要です。

過剰にアロエベラを異常に取りすぎると、肝蔵に炎症を引き起こすと言われるので、注意しましょう。


アロエベラは ジュース、生、ジェル、セリー、乾燥パウダー等

 様々に入手できます。


特に外用的に用いられる事が多いが、

 活用の仕方は様々です。

◉生のアロエを食べる

◉生のアロエジュースをフルーツジュースに混ぜて飲用する。

◉ミネラルウォーターに乾燥のアロエを一晩浸けて、朝に飲用する。

◉1スプーンの蜂蜜とアロエを入れたミネラルウォーター又は白湯を飲用する。

◉外用として、生のアロエを塗ったり、フェイスパックに混ぜたりできます。

等々 色々と御試しください。


※アーユルヴェーダでは 別名”クマリ”と言われ、インドの家庭でも万能薬で親しまれています。





| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 11:22 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする