ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< カレンデュラ と ラベンダーの花でオイルを作ろう | main | ヘンプコットンのシンプルなヨガウエア Tシャツ >>
撹拌させてバターを作る体験
 JUGEMテーマ:アンチエイジング
ネパール ポカラでは
美味しい空気とサトヴィックな草を食べた牛さんを飼って、色んなオーガニック野菜を育ている方との出会いが今年の春あり、今回 再び会いに行く事がました。 
今度は ここパーマカルチャー的エコファームを目指している農家に 暫く滞在する事が出来ました。 その間、畑のお手伝いと新鮮な牛のミルクをヨーグルトに仕上げてからバターミルクとバターを作る伝統的な行程を見ながら、手伝わせて頂きました。
毎日 牛から搾った牛乳は朝 湧かして飲んだりします。
残った物で今度はヨーグルトを作り、 カードともいうこのヨーグルトは水と混ぜて木のツボに入れます。 とても硬い特別の木製で作られたツボなんですって。。。美しい壷でした。

水と混ぜたヨーグルトは 撹拌するスティックでグルグルとかき混ぜます。
紐を使って固定するのはグッドアイデアですよね。

5年前にケララのアーユルヴェーダ病院で勉強していた頃、ギーを作るまでの行程を この様にして勉強した事が有ります。 バターに なればあとはギーを作って終わり。
この紐を使って引っ張る作業、結構はまりました。壷の中でシャーシャーと音がするのがとっても気持ちよいのです。

途中で止めては 中の様子を調べます

やって行くうちに、脂肪が分離して行きます。
そして浮上してくるんですよ。15分位撹拌しました。
壷の内側の周りにもこびりついてるので、叩くとまたバターが浮上してきます。

それを手でかき集めて、違う容器に入れて、保存します。

伝統的な土の家は 日中の暑い日でも ドアをしめておけば 中がとっても涼しくて 食べ物も腐る事がありません。(限界はありますが)
常温で保存しても大丈夫。

数日後バターはギーになり 食卓でも大活躍でした。
 ギーは バターを精製した ピュアーで新鮮な家庭のお薬ですからね。
 ギーの様な要らない物を除去した 新鮮な食べ物は サトヴィック フード と呼ばれます。
 沢山の行程の中、最後の乳製品がギーだって事が、これでおわかりでしょう。
だから、お店で買うとギーはバターよりも高級品的扱いです。(高いから私はバターから作ります)

インドや北ネパールでは今も昔も 田舎のどの家庭でもこれをやってる村は まだまだあります。 
しかし、街では皆さんお店で買う習慣となりました。  

スローライフだなーと ホームメードやっていてつくづく感じます。道具も素晴らしいし、、、

そして何よりも皆、働き者です。 楽しく明るくのんびり働く というペースって、都会ではなかなか見れません。。。。貴重な体験をしました。 
また これを体験したいと願います。

感謝!!




評価:
価格: ¥ 350
ショップ: PADMIN    
コメント:個人輸入注文で新鮮なスパイスが手に入ります。インドから直送

評価:
価格: ¥ 3,240
ショップ: PADMIN    
コメント:手刺繍の美しい技が光る ファブインディアのピローケースです。 お薦めの一点、ギフトに最適。

| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 01:54 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする