ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< スパイシーなキュウリの副菜 | main | 元ホームレスの現役社長さんを紹介します >>
健康な髪にスギナリンス作りました。
 

アメリカのスギナは大きいのでビックリです。
スギナはやせた土地にも自生出来る、パワフルな野草です。

乾かして お茶にも出来ます。整腸剤がわりのお茶。胃腸が弱った時、消化を助ける作用があるというので、風邪を引いた時等の病み上がりにはとても良いお茶ではないでしょうか。味はそんなに苦味はありません。
つくしんぼから大きくなったら緑のスギナになるんです。西洋ではホーステールと言います。

馬のしっぽ!? 見えないけど、、、かき集めて馬のしっぽを作って子供が遊んでいたのでしょうか?なんでまた馬のしっぽ何でしょうね〜?? なーんて想像力豊かで、余談多すぎます



今回は私も初のスギナリンスを作ってみました。
ローズマリーも少し入れて香りを付けました。ラベンダーでも良かっかも、、、

春に採集し 作ったリンスを今頃冷蔵庫から取り出して使ってます。

クエン酸を使用してるから、酸っぱい匂いはしょうがありません。

でも石鹸系のシャンプーをするなら髪はアルカリ性になり きしんでくるので、このクエン酸リンスが中和して酸性にしてくれるのです。
使えば使う程 つやっつや〜、サラッサラーな髪になると言われています。

環境に優しくて髪にも身体にも優しい、クエン酸リンス

いいでしょーー!!


作り方:

原液100ccに対して
1
、スギナの入る、ある程度口の広いビン(150cc位)
2
、スギナ(干したものなら、びんの1/3。生のものならゆったりビンに一杯入る程度)
3
、クエン酸30g(大匙山盛り1杯強)
4
、水

【作り方】
 スギナをビンに入れ、上からクエン酸を入れる。水をビンに一杯入れて、2週間程度、一日1回くらいふたをしたまま、

たまに振っては 放置する。


使い方:原液を10倍ぐらいにして、リンスとして使います。

 頭に振りかけて、頭皮をよくマッサージする。


スギナの天然シリコンの働きがあるそうで 皮脂コントロールと殺菌作用で、脱毛予防、髪艶がでる等 の効果があります。


お試しあれ!


| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 08:28 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする