ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< 庭園前でプライベートヨーガレッスン | main | アメリカの”よもぎ”らしき物発見!! >>
アムラ水で目の洗浄

南インドに居る際は、いつも自炊をするので、よく野菜マーケットに行きます。
その時に たまにアムラを500g程買うのですが、いつも余るので、目の洗浄用にアムラを一晩つけるのです。
アムラは目をクールダウンさせ、夏にはもってこいの果物です。

暑い環境に長く居る様になると、体の火の要素が高くなるのですよ。
目の部位は自然の要素の火に支配される部分なので必ず、(特にピッタが乱れると)目の疲労感、灼熱感がやってくるのです。

毎回インドに居ると後半は私も特に目に疲れが溜り易く、視力も老眼度が強くなりがちなんです。
以前はアムラのジュースについてお伝えしました。が今回はアムラ水 

一晩つけておいたこの水は朝になっても透明のままです。

お恥ずかしい私のアップ顔ですが、 視線をそらして頂いて結構です。笑

よくコンタクト用に目を洗う器が日本にはあると思うのですが、
まあ それでも良いのですが、私は何もないので、洗ったコップにこのアムラ水を入れて目を何度も洗いました。

本当に、最高にクールダウンして、しばらくの間 眼の中がすごく気持ち良い状態が続くんです。

残念ながら日本でアムラを観た事がありませんが、ドライアムラパウダーでやってみるのも良いと思います。

普通
生のハーブより、ドライの方が効果が強いので、ほんのちょっとの量から試されるのが良いですね。
慣れて来たら、ひとつまみずつ日毎に増やして行くと良いと思います。


夏のお薦めアーユルヴェーダ式ホームレメディーでした〜〜。。。


have a nice day!!








| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 11:51 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする