ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< anandaのスウィート布ナプ限定品 | main | はこべの野草を発見! >>
クリシュナ ヴィシュヌ神の化身
 

クリシュナ神はサンスクリット語で ゴーヴィンダ、ゴパーラ等 色んな名前(意味)があります。
カタカナのまま読んでしまうと本当の発音じゃなくなってしまうので、文章で説明しきれないのですが、一般的にカタカナでは クリシュナと言われています。


ヴィシュヌ神の化身といわれ 実際、ブッダの様に大昔に存在していたという話であります。

クリシュナは本当に性別を感じさせない程、素晴らしく美しいですよね。

眺めているだけで、幸せな気分になります。


ちなみに、ヴィシュヌ神は維持(創造/維持/破壊は自然になくてはならないリサイクルシステム)の神様として、象徴されたものです。

簡単に言うと、本来は型がない(物質ではない)とされる神が 自然/宇宙の神の象徴として 人々が祈りに集点を当て、崇拝する事が出来る様に、神様の型にしたのが、ヒンドゥーイズムです。
ヒンドゥ−文化は日本で教え込まれた宗教という概念ではなく
インド人にとっては
古代インドの文化として捉えられたものとされています。

日本の神道の様に 神社の神殿に行けば、たいていの日本人も 初詣には 手と手を合わせて 自然に清清らかな心で お祈りをしている姿を良く見かけます。
まさしくインドの人々の行ないに、似ている風景です。

ヒンドゥーの寺は 日本の神社の様に、あって当たり前的な場所なんですね。

自然からの恩恵を受け、大自然に感謝し、祈りを捧げるというのは、本来、本当の人間のあるべき姿で、現在も まだ インドで そのような人達を沢山 目にする事が出来ます。

また、大昔の日本もそうだったはずなんですよね。

ヒンドゥー文化の智恵には 数えきれない文献の中でも有名なのが、ヴェーダンタの教え、ヨーガのヴァガヴァットギータ 物語になった聖典、パタンジャリのヨーガスートラ等があります。

人間にとって必要な、自然との調和を目指し、自己の本質、真実を見つめ直す機会を与えてくれる、素晴らしい文献は
本当に奥が深い!深すぎます。


という聖典の物語では
クリシュナはアルジュナとの友情と愛の中で、愛 =信仰とはなにか? 奉仕とは何か? ヨーガとは何か? 真実とは何か? ダルマ(生まれ持って果た差なければならない義務、行い)を遂行する事の大事さ 等 を説いています。 
これを読んでいると、人間の内に秘められている 心の中の善と悪(の戦い)、真実、無知(エゴ)自己の本質を 映し出してくれます。


私の歩んだ波瀾万丈な人生の中で この物語と何かとても共通する点があり、
何時、読み返しても、新たな閃きや、その時にまた前と違う観点で納得できる事 等 
内容から インドでスワミジの話を思い出したり、 ヴァガヴァットギータは 私の中でヨーガライフの究極のバイブルでもあります。

クリシュナは究極のヨーガの先生でもあるのです。

この 世の中では 姿勢/ポーズをとって 練習をするのがヨーガと思われているかもしれませんが、、、 
ヨーガとは、そうではなく 実際は 日々の行いを正し、ボジティブな行いと思考で精神向上を常に目指し、ダルマを追求し、悟りを開く為に 自然と調和した日々のヨーガライフを忠実に遂行する事がヨーガと言われています。
全ては心と体のバランスからですよね。

過去現在の人生経験を振り返り、ヨーガの知識を常に学ぶ事で、未来が明るくなります。
もって生まれた カルマ(輪廻転生) それは 過去のカルマからの影響で(再度の経験)繰り返したり、、、これからする行ないによって新しいカルマを作ったりと 今現在のあなたの心の質と行動で、一瞬のうちに 変化が起きます。自分の意識が現在の世界を創り出すとうことに繋がります。未来を良くするのは今現在の自分次第と言うことになります。其を思うと いかに現時点という、今を大事に行きて行かなきゃ!とハッとさせられます。 だから、エゴの元となる 恐れ 憎しみ 悲しみ 嫉妬 という要素を取り除くために、瞑想や、見返りの求めない奉仕をしたり、清らかな よい行いをしたり、日々の努力が必ず必要になります。

一瞬一瞬、体の中の細胞だって 死んで生まれ変わってと繰り返している訳ですので、
常に同じ自分は存在しないのだと気がつきます。常に気付かないかもしれないけど、自分は変化しているのです。

一瞬を大事に、満たして生きる。
この空間、風、火と光、水、大地 なくてはならない私の練習(行い)の場です。

常に私は 一生勉強の人生です。


Hari Om
























評価:

価格: ¥ 2,650

ショップ: PADMIN

コメント:ガネーシャプリント の可愛いTシャツ






























評価:

価格: ¥ 12,980

ショップ: PADMIN

コメント:一目でわかる、上品な色合いの高級サリーです。









| yoga ヨーガ | 09:09 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする