ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< ネパールに来たからには、モモを食べまくります。 | main | 南インドのチャイ >>
アーユルヴェーダ式、怪我をした時の応急手当
 こんにちは、 
ふと、常備薬って本当に助かるなーと旅行中には常に感じます。

私はいつも旅のお供にアーユルヴェーダオイルを必ず持ち歩いています。
それは、色んな効果を持ち合わせている、ムリヴェンナオイル。
これは、火傷、打ち身、切り傷、痔、骨折、踵のヒビ 等に効果があります。傷の治りを良くするという事で肌の再生力抜群で、普段 肌がガサガサの人にも日常のマッサージオイルに使えるんですよ。


今回の旅では夫婦揃って、怪我をしまくりました。

旦那様は、想像したくない程のすごい怪我。(ちょっと詳しい事は言えませんが、原因は電動のこぎりが暴れてしまいました。)
杖を使わないと歩けない程だったのです。

完治に3ヶ月、、、、しかもインドでです。

幸いにも友達に助けてもらったり、愛の看病が続いたおかげ?で早く治ってくれました。
そして、縫った所の肌の再生が進行した頃、
後半の怪我の手当は、ムリヴェンナと服用のお薬です。

困った時の神頼み的に、いつも通っているドクターウニの診療所で処方して頂いています。
彼は
ドクターだから当たり前と言われるかもですが、それを他のDr.以上に 薬学に関してはすごい知識をお持ちである、と私は思っています。
今回も
彼の処方で 最終的に旦那様も乗り切りました。
服用の薬、なんだろうと私も興味津々。
これです!マハーティクタカム

旦那様に聞いたら、 総合的に治りが早いのは この薬も効果はあったはずだ、とおっしゃっていました。

ふーーん、そうかそうかと経験の無い私は 想像出来ませんでしたが、
漢方もアーユルヴェーダもそうですが、2−3日では期待出来ず、最低1週間〜2週間は長期間飲み続けないと効果は期待されないのです。
ちなみに旦那様は
間に、1週間の休みを入れて、1ヶ月以上は飲み続けたのではないでしょうか、、、
(間に服用しないことで、効果力を上げます)

良く頑張りました。パチパチ

彼が治って歩ける様になった頃、今度は私が気が緩んだのか、トイレの濡れたタイルで滑って転び、ドアの所のタイルの角で足の甲の皮をペロンと擦って、剥ける程の怪我をしてしまいました。
ヒリヒリと痛い、出血も出た!ということで、応急手当です。

アーユルヴェーダオイルとこのマルマグリカというパウダーを持って来て来てもらいました。
オイルを塗った後、このパウダーを振りかけます。炎症を抑えてくれるそうです。
そして包帯。
その後、マハーティクタカムを毎日服用。

数日間はサンダルも履けませんでしたが、
なんとか、1週間後にはネパールへ旅行が出来る程になりました。

旦那様の怪我で”ふーん”、、、と言っていた私も
その効果を体験出来ると、自然のお薬は、素晴らしい!!!と
またまた
自然の恵みに感謝です。



♬お知らせ♪
ムリヴェンナオイルは 今度の飛騨高山のワークショップパート4にも登場します。
できれば、皆さんにもこの素晴らしきオイルを体験してもらいたいです。ご用意出来るのは各数本ですが、他にもマハーナラヤナ、ダンワンタラム カルポーラディ等も ヒマラヤ商品 色々と新しいものも含めて、生徒さん達にお分け出来ると思います。

お楽しみに〜〜♪











評価:
価格: ---
ショップ: ---
コメント:自然の色ですが、美しいピンクになるのですよ。

評価:
価格: ---
ショップ: ---
コメント:ピルケースでもピアス入れでも、バックの中の小物にしても可愛いです。

評価:
価格: ---
ショップ: ---
コメント:とても軽量で、健康トラベルグッズに最適です。

| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 11:06 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする