ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< SALE + 送料無料情報 | main | 一年半ぶりの日本帰国 >>
春の移り変わりからの 心と体の影響
 JUGEMテーマ:健康

日差しが暖かくなったり、その時間が長くなってきました。
ある日突然、急激な気温の変化に体がついて行ってないと感じる事はありませんか?


特に今年はとても寒かったから、例年より体が脂肪を必要とします。
冬に必要な脂肪、それは体を温める為に自然に必要な物が、春になると体から排泄しようとします。
自然の成り立ちを良く考えると、人間の体も同じ様に移り変わります。山につもった雪氷は、暖かくなり出すと溶け出して、川岸に潤いを与え、水量が増加し、川の流れが激しくなります。
体の働きも自然と共に移り変わります。
乾燥肌から潤いや肌艶が増し、
寒い時期に固まった毒素は、水がたまり易い春になると、体自体が水分の排出を促し、要らない物を排出して行きます。
必要のなくなった脂肪も肌から通って、汗となり排出させます。

血液中にも溜っていた脂肪は濃厚であるため、血管内に詰まりを作り易くなります。
それは心臓の血管に圧がかかり、負担をかけてしまい、心拍に問題が出る等 色々な心臓の症状にも気をつけなくてはいけません。
そこで、血液の循環を良くする為には、辛味のある生の大根やラディッシュや苦味のある山菜、野草、スパイス、野菜等を多く摂ると良いそうです。 苦味は体を水分を減らし、乾燥させる効果もあるので、カパが乱れている時は 新鮮な苦味物を食べましょう。
ということは
カパドーシャが過剰に溜り易い春には カパが増えない食事、カパ的な食事を控えめにする事が 一番体に負担がかからないと言われています。
特に春は カパが強い体質の人は気をつけましょう。

血液にも苦味と辛味は代謝をよくし、脂肪が濃い血液からサラサラな脂肪分の少ない血液になると言われています。
春は日本料理にも山菜料理が良く出ますが、昔から、苦味を摂ると体の溜った毒素と過剰な水分を除去できると、昔の人々は伝統的な智慧を良く知っていたんですね。
 戦後から西洋的栄養学を教育が主体としているから、バラエティーのある味によって 体に影響するという知識は、まだ知らない人もいらっしゃると思います。
ちなみに、アーユルヴェーダ医学や中医学の考え方には それぞれの味の使い方によって、体を冷やしたり温めたり、乾燥させたりする事が出来ます。

スパイスの薬効から観て行くと
コリアンダーやクミン等は利尿を良くするので、過剰な水分を排泄し易くします。

どうしても春は体の水分が溜り易くなる時期ですから、気分が重たい、体も重たい、動きが鈍い等感じる事があると思います。 そんな時は ヨガ等で出来るだけ体を動かしたり、油っぽい食事や質の重い食事を避け、甘味酸味塩味を摂りすぎない等を、注意しながら食事療法にに挑戦してみてください。 

水分が多いと体も冷たくなりがちです。そう言う時に風邪ウイルスが呼吸器官や鼻腔に直撃しやすくなりますので、気温の変化に体温調整ができるよう、常にスカーフ等常備出来る様にする事も大事です。特にこの時期は呼吸器系、耳鼻咽喉に水分が溜ります。
朝晩はとても冷えますからね。
鼻炎や花粉証で お悩みの方も 炎症にならないよう、ネティーポットで鼻腔を洗浄するのも良い方法です。口蓋の奥に溜った毒素や粘液を除去出来ますので、 軽い塩水を使って(水道水は駄目)ネティーポットで洗浄しましょう。
鼻の奥が痛くなるのではと怖がる方がいますが、全く痛くありません。
慣れると気持ちよいのです。水道水でやると塩素が入ってるから、もちろん痛くなります。
私はミネラル水でしかやりません。

それから、私が年中やっているのが、タンクリーナーです。
舌苔と言われる、粘液と毒素が口の中にもあります。それを奇麗に取り除ける事ができるのです。

胸部に水分が溜り易いという事は感情を司るハートチャクラ(アナーハタチャクラ)に影響を与えます。 水分で冷たくさせてしまうと、悲しみや鬱状態を増やしますので、辛味、苦味、渋味を摂って、体を温めて水分を取り除き、日の当たる明るい場所で生活する様に心がけましょうね。


何でもですが、症状が出る前に早め早めに予防対策をしておいた方が良さそうです!♪

AYURVEDA WORK SHOP 4/19と20の2日間開催
4つのコースをレベルに合わせて、受講出来ます。
19日入門初級コース パート1午前10時/2午後1時
20日食事療法コース パート1午後10時/2午後1時 
詳細&相談、問い合わせはコチラ⇒ YogaAshtau へジャンプ!










| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 22:13 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする