ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< 素材に優しい、patagonia/パタゴニアが入荷しました。 | main | anandaで4000円以上送料無料サービス開始 >>
ガンドゥーシャ ごま油でアーユルヴェーダ式のうがい
 秋も本番になってきましたね。
北海道はすっかり紅葉の季節に突入したのではないでしょうか?

私の住んでいる場所はとても秋色です。
こちら、収穫フェスティバルも秋らしい設定でした。↑
このストローのベンチは初めてみましたよ。そうそうよく家畜の近くで見かける圧縮した四角い藁ですよ!
カントリーサイドでしか出来ない技ですね。

しかし、こちらの白人は風が冷たくなっても ショートパンツを履いてる人を良く見かけます。
観かける度に、
風邪ひいちゃうよ!?って言ってあげたくなるんです。

さてさて そんな方達の為に簡単なアーユルヴェーダホームレメディーをご紹介。

乾燥した風が吹くの日は風邪を引き易いので、セルフレメディしましょ!

常備、冷蔵庫で保管出来るので、是非試してもらいたい簡単レメディーです。

うがい方法>>
温めたcuringしたごま油を数滴口に垂らして、5分〜10分間の口の中でクチュクチュしたり、どの奥でうがい(ガンドゥーシャ)をすると!
意外にも意外
うがいの後は潤った感じと、すっきり感♥
その後飲み込まないで、吐き出しましょう♪

通常インドでは黒ごまオイルですが、日本の黒ごまは匂いがキツイですから、
日本では
ごま油は白ゴマがいいでしょう。


効果は
デンタルケアとしても、良いと言われ、口臭、歯周病、虫歯にも効くそうです。
そして、ラサヤナ(若返り)効果、肌艶、声枯れや喉の違和感にも効果が期待されます。


精製はcuring とも言いますが、
至って簡単で家でもこれを精製出来ます。
作り方>>

小さなポットにゴマ油を入れて(お好みの量)中火にかけます。

しばらく経つと、白くうっすらと煙が見えてきます。その瞬間に火を止めます。

後は、冷めるのを待つのみ。

清潔なガラス瓶等に入れて、冷蔵庫で保管出来ます。

また、再度湯煎で温めて うがいしたり、セルフアビヤンガ(ボディーマッサージ)したりもできます。
特にカサカサに成り易い踵や肘など、お風呂上がりに 如何でしょうか。。。

注意!!!
火をかけている最中は 目を離すとグツグツ煮えて、凄い煙が出てしまうので、そうならない様に注意してください。


胡麻オイルについて>>

胡麻オイルがベースのメディカルオイルは、よくアーユルヴェーダの治療としても、使われます。
ビタミンE、ミネラルが 豊富、そして抗酸化作用を持つ温性のオイルです。
体を温める作用があるということで、特にヴァータ体質の方に薦められます。
冷えた体のカパ体質にも使われる事がありますが、ちなみに カパが乱れた肥満の人には絹布等での乾布摩擦(ガルシャナ)やウドゥワルタナのパウダーマッサージなども、血行をよくし、発汗作用を促します。

ピッタが乱れて体に灼熱感がある人には、セサミオイルは使用しません。なので、夏、暑い日は要注意です。
もし間違って、使用すると、もっとピッタの症状が悪化してしまいます。
冬場の寒い時期等、ピッタが乱れていない=バランス状態のピッタ体質の人は胡麻オイル使っても、問題は無いかと思いますが、その時の全てのコンディション、天候等は良くチェックしなければなりませんね。



では、お体に気をつけて〜♪

Hari om

| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 09:08 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする