ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< 種を蒔いて10日位の経過 | main | ananda からプレゼント情報 >>
合気道の師の言葉
ナマステ〜

今日も楽しい毎日をお過ごしています。

インドで以前学んで来たカラリパヤットゥから、最近は少し離れた生活であるが、
常に心は神聖なヴェーダを思い、学び続けている私にとって、ヨーガもアーユルヴェーダもカラリパヤットゥも全て共通している物が沢山ある中、今まで ある一つの言いたい事も言葉としてそれを表現するのが、未熟な私には難しかったのです。


しかし
ある友人、そして私の尊敬する方からの投稿から廻って来て、これは私の伝えたかった事が全て凝縮されている!と思ったのです。
それは合気道の開祖と言われる師の言葉だった。
合気道もムエタイも少林寺拳法等も元をたどれば、南インドの武道カラリパヤットゥが発祥と言われています。

合気道の師の熱い言葉、
この場を借りて、シェアさせて頂きたいと思います。
皆様に感謝です。




「合気道開祖 植芝盛平」


合気道とは、敵と戦い、敵を破る術ではない。

世界を和合させ、人類を一家たらしめる道である。


合気道の極意は、己を宇宙の動きと調和させ、己を宇宙そのものと一致させる事にある。


合気道の極意を会得したものは、宇宙がその腹中にあり『我は即ち宇宙』なのである。


私はこの事を武を通じて悟った。


敵が『宇宙そのものである私』と争おうとする事は、宇宙との調和を破ろうとしているのだ。


即ちわたしと争おうという気持ちを起こした瞬間に、敵はすでに破れているのだ。合気道は無抵抗主義である。


無抵抗なるが故に、はじめから勝っているのだ。


邪気ある人間、争う心のある人間ははじめから負けているのである。


では、如何にしたらその邪気を払い、心を清くして、宇宙森羅万象の活動と調和することができるか?


それにはまず、神の心を己の心とする事だ。


それは、上下四方、古往今来、宇宙のすみずみにまで及ぶ、偉大なる『愛』である。


『愛は争わない』『愛には敵がない』何ものかを敵とし、何ものかと争う心は既に神の心ではないのだ。


これと一致しない人間は、宇宙と調和できない。


だから、武技を争って勝ったり負けたりするのは真の武ではない。


真の武はいかなる場合にも絶対不敗である。


即ち絶対不敗とは、絶対に何ものとも争わぬ事である。


勝つとは己の心の中の『争う心』に打ち勝つ事である。


与えられた自己の使命を成し遂げる事である。

 



この説法が私をなぜすごく納得させるのか、反応させるのか、、、

それは昔、私が離婚前を乗り越えた時期の 私の心情そのものだったからである。 
したくない選択をしなくてはならない状況の中 私の真実が、その言葉とそっくり同じだったからである。





| カラリパヤットゥ | 07:39 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする