ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< PADMIN Ayureda & Yogaショップの入荷情報です。 | main | アメリカへ移民入国完了 >>
アグニ(消化の火)

こんにちは Kayoko Thomasです。

 

アーユルヴェーダでは最も大事なポイントで考慮しなければならない消化について、”アグニ”という言葉はよーく出てきますね。

体の消化機能を”火”(アグニ)とする考えです。
何よりも消化の火を強くもなく弱くもない、ちょうど良い火加減にする様心がける事がとても大事なのです。
お米を炊く時上手いご飯を食べるには、火加減が大事な様に、食べる時も火の調節は大事と言う訳です。
一日の内、消化力の活発な時間はお昼前後なので、私は昼食を一日のうち最も沢山食事を摂る様に心がけています。
アグニが活発でない夕食タイムには、少なめの量にしています。
消化力の働きに合わせて、食事をする事も大事なんですよ。
食事の始めから終わりまで、6つの味を持つ食の特性も考えながら、上手く火が起こる様に食べ始めから終わりまで、食べ方の順番、食のコンビネーションも考慮する事が大切なんです。
この消化の火が弱ければ、食べ物が消化しきれずに体に毒素(アーマ)がネバネバ状態に腐敗し蓄積されます。
反対に強すぎると、消化したものが焦げ付き それがアーマになってしまいます。
毒素が溜るとどうなるでしょうか?
内蔵器官に溜まり、3つのそれぞれのドーシャ(ヴァータ/ピッタ/カパ)の内 その人の最もバランスがくずれ易い優勢のドーシャはバランスを崩し、病気の原因を引き起こします。
必ずしも 病気になるということはなく、ドーシャの(体質)が乱れる事から、老化が進んだり、肌疾患など、色んな症状が出てきます。症状をほったらかしにすると 病気になります。
消化力がとてもバランス状態であれば、食べ物が正常に消化され、栄養は行き渡り きちんと体から排出されます。
バナナうんちとよく言われますが、悪臭がせず、硬くもなく緩くもない、黒くもなく、薄くもない色、、、、つるんと快適に排出されるもの、 それ以外ならドーシャ(体のエネルギー体質)が乱れてると言う事なので、自分自身で毎日、ウンチを確認して 自分の毒素(アーマ)チェックが出来ると言うワケです。例えば、便秘気味 出ずらく硬い 黒っぽい そんなウンチはヴァータが上がってる証拠。 下痢っぽいうんちはピッタが上がっている傾向です。ねっとり重たく、柔らかく脂っぽい感じはカパ。
ですので、心と体の健康を保つには
デトックスと最近では言われていますが
これはアーマ(毒素)を減らす努力、消化の力のバランスを整える努力は日常に 胃腸の調子に気を配る必要があるのです。
ヨーガ等 適度な運動を心がけることも弱った消化力を上げてくれます。寝る前に食べないことなど、、、もし消化せずに寝てしまったら、未消化のまま朝を迎え、毒素として各器官につまりを作ってしまいます。朝起きたらお腹がやたら重いという事になった経験のある人、これから、寝る前は食べないように心がけましょう。
食事中に冷たい水を一緒に撮ることは 消化力を落とす結果になりますので、レストランで出る氷入りの水は気をつけましょう!
インドのレストランでは 暖かい白湯か常温の水が用意されます。氷入りは ほとんどないかな。
日本のレストランは 氷いりのお水 が習慣になっていますが、 何故なのでしょうね?
簡単なアーユルヴェーダダイエットとして
朝起きたら、消化管のお掃除ということで、白湯を飲むことが薦められています。
冷たいお水ではなく、白湯(ぬるめ)。。。岩塩ひとつまみ、贅沢にライムを一絞りするのも、とてもいいですね♪
そして、食事にスパイス、ハーブを取り入れて、6つの味の特性を考慮することは毒素を溜めないコツです!
アーユルヴェーダの講座でも 食事について全般を教えています。
自己調整は自己認識が出来ないといけないと言う事で、
最近はアーユルヴェーダの智慧の素晴らしさが世界中に知れ渡りつつあります。
たくさんの知識 ありすぎて どこから実践していいのやら、って思われると 思いますが、
実践して、自分の五感を鋭敏にして 感じる能力でいつも自分の調子を確認する習慣がなければ、
アーユルヴェーダを学んだ実感が湧きません。
だから じっくりとコツコツと 長く深く 続けるしかないのです。
love&peace
PADMIN  ayurveda&yoga
評価:
価格: ---
ショップ: ---
コメント:消化力を整え、便秘解消にもお薦めのアーユルヴェーダハーブです。

| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 10:21 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする